二十四節気写真

2017年5月20日 (土)

二十四節気「小満」2017

 5月21日は、二十四節気の一つ「小満」です。初夏のまぶしい光があふれ、生き物たちの命が輝く季節となりました。ついこの前まで寒い風が吹いていたような気がするのに、もう季節はどんどん進んでいるのですね。

 体調が悪くて散歩に出られない私は、初夏の木津川土手に思いを馳せています。
 土手の榎の巨木も、きっと今頃は、緑の葉をいっぱいに広げ、涼しい影をつくっているだろうなと…。この巨木のことを思うと、いろいろな想いが湧き上がってきます。
 最初にこの巨木に出会ったのはいつのことだったか? 木と空と雲が対話していることを知ったのはいつのことだったか? 何故私は、老いることを嘆き、病を恐れ、あくせくと日々を生きているのか? いろいろ思いは尽きないです。

  詩人の長田弘さんは、巨木のでてくる詩をいくつか書いておられます。
 ~♪ ひときわ枝々をゆたかにひろげて、やわらかな影を落としてきた一本の大きな欅の木。……うつくしい樹冠をもつ、孤高の木。……
 たった一本、これほどにも高い欅の木がそこに在るという、ただそれだけの爽快な事実。ただ在るというだけのことが、その木のように潔く存在することであると知ることは、日々のなぐさめだ。……  ♪~   (独り立つ木)

 ~♪ ……生きるとは時間をかけて生きることだ。人はどうして、森の外で、いつも時間がないというふうにばかり生きようとするのか。古い森の奥の大きな樟の木の老人は何も言わず、ただ黙って、そこにじっと立っていた。♪~   (森の奥の楠の木)

 では、初夏の木津川土手の大榎に会いに行きましょう。そして、無言で語り合いましょう。巨木と空と雲と……。   ただし、パソコン上でですが……。
   2016年の「小満」後半へのリンクは → こちら 
      2015年の「小満」続きへのリンクは → こちら 
Shouman2017002Shouman2017001Shouman2017003   

 

 

 

   

  今の時期の土手は、植物たちがあふれています。ネズミムギの穂が初夏の風に揺れ、あふれる光を乱反射してキラキラと輝いています。実りを終えたカラスムギの白い穂が揺れています。間もなく麦秋と呼ばれる時期です。
 アカツメグサ、ミヤコグサ、ニワゼキショウ、ヒメコバンソウ。土手の斜面は、野の草が花盛りです。
 土手下の茶畑では、茶摘みが真っ盛りです。茶摘みの人が土手をゆきます。
 ああ、ほんとに良い季節になりました。
 そんな木津川土手に出かけましょう。 ただし、パソコン上ですが……。
      2016年の「小満」へのリンクは → こちら
      2013年の「小満」へのリンクは → こちら 
Shouman2017002_01Shouman2017001_01Shouman2017003_01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月 5日 (金)

二十四節気「立夏」2017

 5月5日は、二十四節気の一つ「立夏」です。いよいよ夏の始まりの日です。
新緑。さわやかな五月の風。空を泳ぐ鯉のぼり。白い雲。いい季節になりましたね。

 5月2日は、体調が少し良かったこともあり、良い天気に誘われて宇治田原方面を車で走ってみました。5月2日は八十八夜でしたね。
 この時期には、茶畑に行きたかったのですがちょっと体力的に無理そうです。ここは、我慢して過去の茶畑の写真をリンクしておきます。
Rikka2017003Rikka2017001Rikka2017002  

 

 

 

   ★2012年の「宇治田原・和束茶畑」へのリンクは → こちら

 宇治田原方面では、田植えも盛んでした。水の張られた田んぼ。木々の新緑。柿の若葉が眩しいです。今回2枚だけ撮りました。(最初の2枚)
Ujit01Ujit04Rikka2017004  

 

 

 

   ★2013年の「新緑の宇治田原散歩」へのリンクは → こちら

  田原川のボタン桜は終わりかけでした。残念。カラシナは満開でした。
 最初の2枚が、今年の写真です。
Ujit02Ujit03Rikka2017005  

 

 

 

   ★2012年の「田原川の八重桜」へのリンクは → こちら

 この時期、藤の花が咲いていますが、写真にできるような藤には出会えませんでしたので、過去のリンクで見て下さい。
 ★2013年の「藤の花」へのリンクは → こちら
Rikka2017006Rikka2017008Rikka2017007  

 

 

 

   今回は、木津川土手へは行けていません。
 五月の風の中で、木津川土手の草花と遊びたい方は、次のリンクへどうぞ。
 ★2016年「立夏」へのリンクは → こちら
 ★2016年「立夏」追加へのリンクは → こちら 
Rikka2017009Rikka2017010Rikka2017011  

 

 

 

 

  ★2015年「立夏」へのリンクは → こちら 
  ★2014年「立夏」へのリンクは → こちら 
Rikka2017012Rikka2017013Rikka2017014

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年4月21日 (金)

二十四節気「穀雨」2017

 4月20日は、二十四節気の一つ「穀雨」でした。
 穀雨の頃は、変りやすい春の天気も次第に安定し、日差しも強くなってきます。柔らかな春の雨が降り、田んぼや畑の農作業も忙しくなってきます。
  ソメイヨシノなどの桜は終了し、遅咲きの八重桜の咲く頃です。
 土手では、黄色いカラシナの花が土手の斜面で風に揺れる頃です。

  「穀雨」の前日、無理をして宇治川の天ヶ瀬ダム湖周辺を車で走ってみました。足が痛くて少々痺れていますが、いつもよりは少しマシです。貧血症状のため、車を置いて、歩いて被写体を探すのは無理です。車の近傍のみ。当然ですが、妻の監視付きです。

 ダム湖をとりまく山の斜面は、春が少し遅れてやってきます。まだ山桜が残っていました。多くの木々が、芽を吹き始めています。間もなく新緑の時期ですね。
 芽吹く木々。青い湖面。。杉木立の中に山桜。
2017uji012017uji01_012017uji01_02  

 

 

 

   芽吹く木々の間に山桜。新緑に向かう山々。もう、新緑があふれる立夏の季節が始まっています。季節はどんどん進んでいきます。人を置き去りにして…。
2017uji01_042017uji01_052017uji01_03  

 

 

 

   停車したのは二ヶ所のみ。早々と引き揚げです。もう少し体調が良くなれば、撮影を楽しめると思いますが、今のところこれぐらいですね。早く横になりたい気分です。

 一応以下に、過去の「穀雨」へのリンクも貼っておきます。
  ★2016年の「穀雨」へのリンク → こちら
 土手には黄色いカラシナが満開です。
 キンポウゲやスイバ、ノアザミたちも
 立夏を目ざして広がってきました。
Kokuu002Kokuu003Kokuu001  

 

 

 

  ★2016年の「穀雨」追加へのリンク → こちら
 Kokuu004
  野の花特集。マツバウンラン。
  山吹の花。ミヤコグサ。
  ヘラオオバコ。待宵草など。

 

 

  ★2015年の「穀雨」へのリンク → こちら
 Kokuu005
  八重桜も満開に。
  桜が終われば土手はカラシナの世界。
    寺田芋の植え付け準備。

 

 

  ★2015年の「穀雨」追加へのリンク → こちら
 Kokuu006
  木津川土手のカラシナ。
  古川のカラシナ。
  鴻ノ巣山の八重桜。落花。

 

 

  ★2014年の「穀雨」へのリンク → こちら
 Kokuu007
  井出の玉川の山吹。
  カラシナ。
  鴻ノ巣山の八重桜。 

 

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年4月14日 (金)

桜散歩 ~パソコン上で~

 桜が満開の時期だというのに、曇りの日が続き、おまけに先日は、かなりの雨も降りました。昨日と今日は、朝からよい天気でしたが、体調がイマイチで撮影には出られそうにありません。私にとって、今年の桜は終わったようなものです。
 そこで、パソコン上で過去に撮影した桜で花見をすることにしました。

    ~♪ さまざまの 事おもひ出す 桜かな ♪~

  これは、松尾芭蕉の句ですね。人は、その人それぞれに想い出の桜があります。みなさんは、どんな桜が頭をよぎりますか。
 石川啄木は、桜をどのように歌ったのでしょうか? ちょっと興味が湧いて、岩波文庫「啄木歌集」に載せられている歌、数百首全部を検索してみました。ほとんど見つからないですね。やっと見つけた一首です。啄木は桜嫌いだった?
    ~♪ 花咲かば 楽しからむと思ひしに 楽しくもなし 花は咲けども ♪~
 貧困と苦しい闘病生活の中にあった死の前年の作ですね。 花より病苦?

  では、パソコン上の花見に出かけます。最初は、やはり木津川土手ですかね。
  ①「遙かな鉄路」。富野鉄橋を電車が行きます。手をつなぐ母と子が見ています。
  ②「高いたか~い桜」。桜見物の家族。子どもはどこでも主役。
  ③「夕桜」。夕日に輝いて、落花に手をさしのべる女性。
       ~♪うちとけて 我にちる也 夕ざくら ♪~     (高井几董)
Dote01Dote02Dote3  

 

 

 

   宇治田原町高尾です。高尾は霧の名所です。田原川から霧が湧いてきます。
  ①「山里に咲く」。霧の湧く小さな山里。小鳥の囀り。静寂。
  ②「霧の中に咲く」。空を指す杉木立。谷筋をから湧き上がる霧。
  ③「ライトライン」。向かいの山の斜面に咲く山桜。逆光で輝いています。
     ~♪桜花 いのち一ぱいに咲くからに 生命をかけて わが眺めたり♪~(かの子)
   岡本かの子さん、命をかけて眺める桜ってどんなんですか? もしか恋の歌?
Kouno101Kouno3_01Koun3_01  

 

 

 

   京都府南部最大(?)の桜名所、背割り堤。宇治川、木津川、桂川の三川合流地点。
  ①「春の休日」。のんびりと堤を散歩する家族。  
  ②「金色の道」。道も桜も黄金色に。背割り堤の夕刻。
  ③「春の黄昏」。暮れてゆく背割り堤。遠く木津川の流れ。
Sewarisakura_0041_01Sewarisakura_0071_01Sewarisakura_0112_01  

 

 

 

   次は、宇治川上流の天ヶ瀬ダム湖です。
  ①「春の放水」。天ヶ瀬ダムの春の放水です。雪解け水の水量調節。
  ②「光る風」。春風が、湖面に春の光を撒き散らし、吹き渡っていきます。
  ③「沸き立つ霧」。湖面から霧が沸き立ち、山の斜面を駆け上がります。
      ~♪桜花ちりぢりにしも わかれ行く 遠きひとりと 君もなりなむ♪~(迢空)
        今春知り合いが亡くなりました。
Ujigawa301Ujigawa201Ujigawa101  

 

 

 

   家の近くの鴻ノ巣山の桜と三ツ葉ツツジの競演。
  ①「競演」。三ツ葉ツツジと桜の競演。
  ②「躑躅道」。山頂をめざして登る二人。薄紫の花。続く道。
  ③「一休み」。昼寝から起きたところ? 
     ~♪春風の 花を散らすと見る夢の さめても胸の さわぐなりけり♪~(西行)
Knos3_01Knos101Konosyama6011_01  

 

 

 

   お終いは、宇治田原の里桜(八重桜)。八重桜は遅咲きですね。これからです。
    ~♪花にちる 人の心を引きとめて  しばしおくるる 八重桜花♪~(伊藤左千夫)
  ①「散歩道」。土手の道を車椅子で散歩です。介護中。
  ②「休日の子どもたち」。遊歩道をゆく子どもたち。どこへ?
  ③「八重桜の頃」。この時期は田植えの頃。夕日が沈むまで作業。
          ~♪ 日は高く 人それぞれに 桜かな ♪~   では。また。
Ujitbotan201Ujitbotan3_01Ujitbotan101

  

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年4月 5日 (水)

二十四節気「清明」2017

 4月4日は、二十四節気の「清明」でした。若葉が萌え、花は咲き、鳥は歌い、万物が一年中で最も清らかな時期です。
 今年は寒い日が続き、春が少し遅れていたようです。京都南部では、桜はまだ満開とはいきません。三部咲きといったところでしょうか。

 4日の「清明」当日は、朝から空は晴れ渡り暖かい一日となりました。私は午前中、日の当たる物干し台で読書をしました。空を見上げると青い空が広がり、雲が流れてゆきます。あまりに春らしい日なので、耐えきれず一大決心をしました。ちょっと大げさですが・・。数ヶ月ぶりに撮影に行こうと・・・。 貧血は最悪の状態ですが・・・。
 散歩写真の自己ルールからはずれますが、車で木津川土手に上がり、車の周辺だけで撮影するつもりです。自転車で散歩しながら行くなど到底無理です。
 桜はまだ十分に咲いていないですが、早咲きの陽光桜なら満開になっているはずと睨みました。土手には、2本だけですが、陽光桜があります。
 午後から出かけました。カメラを持つと突然、人が変わったように無鉄砲になる私を監視するため、妻もくっついてきました。 ウーン・・。

  狙い通り陽光桜は満開でした。散歩する人や春休みの子どもたちも行き交い、のどかな春の一日です。 中原中也の一節。
 ~♪ ああ、しづかだしづかだ
    めぐり来た、これが今年の私の春だ。
    むかし私の胸博つた希望は今日を、
    厳めしい紺青となつて空から私に降りかかる  ♪~
0035dote440040dote440049dote44  

 

 

 

 

   ヒヨドリでしょうか、鳥たちも蜜をなめにやってきました。
 木の周囲には、黄色いタンポポが咲き乱れています。
 木の下を通り、曲がりくねった土手の道が遙かにつながっています。この道を走りたい衝動にかられます。道の先にあるものが何であろうと・・・。 
0104dote44_20030dote44_20053dote44_7  

 

 

 

 

   土手の斜面では、オオイヌノフグリとオランダミミナグサが春の歌の二重唱。
 ツクシも出ていました。今季初のツクシです。最後のツクシかも・・・。
0095dote440078dote440085dote44  

 

 

 

 

 

  0091dote44
 ホトケノザも、たくさんの手を挙げて、喜びの声を上げているようです。
一日中、ここで過ごせたらどんなにか幸せでしょうか。
 しかし、貧血の息切れ、目まい、足の痺れが限界です。土手の斜面を上がり下がりして、被写体を探すのは、今の私にとって思った以上に過酷です。わずか30分程度の短い時間でしたが、「清明」の日の一時を楽しみました。  

 

 

   過去の「清明」へのリンクもつけておきます。
  2016年の「清明」へのリンクはこちらから → こちら
2016年の「清明」では、茨木のり子さんや石垣りんさんの詩を引用して、ツクシなどの野の花、桜やカラシナの風景を楽しむことができます。
Seimeilink001Seimeilink002Seimeilink003  

 

 

 

   2016年の「清明」追加①へのリンクはこちらから → こちら
 Seimeilink004
 野の草花たち。ムラサキサギゴケ、カラスノエンドウなど。
大榎の芽吹き。
桃の花。 

 

 

    2016年の「清明」追加②へのリンクはこちらから → こちら
 Seimeilink005
  鴻ノ巣山の三ツ葉ツツジ。

 

 

 

   2016年の「清明」追加③へのリンクはこちらから → こちら
 Seimeilink6
  雨の日の桜。
  散りゆく桜。 

 

 

 

   2015年の「清明」へのリンクはこちらから → こちら
   Seimeilink007土手の桜。
 落花。
 上田敏の訳詩。志賀直哉「早春の旅」の紹介。  

 

 

    2014年の「清明」へのリンクはこちらから → こちら
   Seimeilink008桃の花。
 三つ葉ツツジ。
 ツクシなど土手の草花。桜。

 

 

   2013年の「清明」へのリンクはこちらから → こちら
  Seimeilink009_2土手の桜。桃の花。
 文化パルクの桜。
 古川土手。柳、桜。 

 

 

   2012年の「清明」へのリンクはこちらから → こちら
 Seimeilink010
 宇治田原高尾の桜。霧風景。
青谷梅林の霧風景。 

 

 

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2017年3月20日 (月)

二十四節気「春分」2017

 3月20日は、二十四節気の春分でした。彼岸の中日です。「暑さ寒さも彼岸まで」とは、よく言ったもので、ここ数日温かくなりました。
 私は、物干し台で読書を楽しみました。花粉症なのでマスクは必須です。日に当たっていると暑いくらいです。
  春の野草と対話をするために散歩に行きたいのですが、どうも体の方が言うことを聞いてくれません。椅子から立ち上がっただけでも、立ち眩みで頭が痛くなります。これでは、カメラを持って、得意のローアングルで野の花を撮影するのは無理です。
 というわけで、今回も過去の「春分」へのリンクのみになります。
 梅と桜の端境期で被写体に苦労する時期です。

    2016年の「春分」へ → こちら
Shunbulink001 岸田衿子さんの詩「急がなくてもいいんだよ」
に合わせて、春分の日を楽しみます。
左の写真は、モクレンの花芽に夕日。 

 

 

 

    2016年の「春分」の追加へ → こちら
Shunbulink002 緋寒桜とメジロ。
土手の早咲きの桜、陽光桜。
木津川土手のユキヤナギ。

 

 

   2015年の「春分」へ → こちら
Shunbulink003 野の花たち。つくし。
オオイヌノフグリ。オトケノザ。
文化パルクの梅。

 

 

   2015年「青谷梅林」  → こちら
Shunbulink004 青谷梅林へ。
メジロ。夕映えの梅。
左の写真は、青谷梅林より木津川遠望。

 

 

   2014年の「春分」へ → こちら
Shunbulink005 鴻ノ巣公園の梅。
野の花たち。
木津川土手の梅。 

 

 

   2013年の「春分」へ → こちら
Shunbulink006 大榎と梅。
木津川土手の梅。
鴻ノ巣山の梅。

 

 

   2012年の「春分」へ → こちら
Shunbulink007 つくし。菜の花。サンシュユ。
青谷梅林へ。
古川土手、柳の芽吹き。

 

 

 

   2011年の「春分」へ → こちら
Shunbulink008 河津桜。
フキノトウ。
メジロ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年3月 9日 (木)

二十四節気「啓蟄」2017

 3月5日は、二十四節気の「啓蟄」でした。啓蟄に割り当てられた七十二候が示すところによれば、地面から虫たちも這いだしてきて、桃の花が咲き、菜虫が蝶となる頃です。梅に続いて、桃の花も咲き始めます。
 今年は、少し寒い日が続いていて、先日、霰が降りました。
 私はといえば、ほとんどの時間を家の中で過ごしています。何となく姿勢が維持できず、横になっている時間も増えています。気がつくと、いつの間にか口で息をしています。すっかり闘病生活というにふさわしい状態になってきました。梅の花やピンク色の桃の花の香り嗅ぐために、虫たちのように家から這いだしたい気分です。

 今回も、二十四節気「啓蟄」は、過去のリンクになります。

   ★2016年の「啓蟄」へのリンクは→ こちら   青谷梅林梅→ こちら
 Keititu001
  菜の花にミツバチ。虫たちの活動も始まりました。
 まどみちおさんの詩が二編引用されています。
 モクレンの花芽の輝き。

 

 

   ★2015年の「啓蟄」へのリンクは→ こちら   鴻ノ巣山の雨→ こちら
  Keititu002ナズナ、ホトケノザ、ツクシ、オオイヌなど春の花勢揃い。
 土手の梅。夕日。
 種田山頭火「 ひつそりかんとして ぺんぺん草の花ざかり」

 

 

   ★2014年の「啓蟄」へのリンクは→ こちら
  Keititu003この年も異常な寒さで雪の啓蟄に。大榎に雪。
 ネコヤナギの輝く花芽、タンポポの暖かさ。
 オオイヌノフグリはバーズアイ。

 

 

   ★2013年の「啓蟄」へのリンクは→ こちら
 Keititu004
 ネコヤナギとミツバチたち。
 メジロとの出会い。
  ヨモギ採りのおばさん、魚釣りの少年たち。

 

 

   ★2012年の「啓蟄」へのリンクは→ こちら
  Keititu005雨の鴻ノ巣山。催花雨。 
 コケと水滴。
 霧の高尾、湯屋谷(宇治田原)。

 

 

   ★2011年の「啓蟄」へのリンクは→ こちら
  Keititu006青谷梅林の梅。
 宇治田原高尾の梅。
 土手の梅。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年2月24日 (金)

二十四節気「雨水」2017

 2月18日は、二十四節気の「雨水」でした。
 気象協会によると、「雨水」という節気は、最も認知度が低い節気だそうです。梅雨の頃と間違えている人も多いとか。
 「雨水」とは、降る雪は雨へと代わり雪解けも進み、水は大地へと染み込み、植物たちの春の芽生えが準備される時期です。地面の下で静かに進む変化を、想像力の中でとらえなければなりません。自然と離れてしまった現代人には、認知度が低くても仕方がないところですね。
 今年は、温かくなったり寒くなったり、天気の変化が目まぐるしいです。2月20日には、近畿地方に4年ぶりの春一番が吹いたという報道もありました。 

  私はといえば、ますます体調は悪く、通常の生活が送れないくらいに追い込まれています。昨日は、39.4℃の高熱に襲われました。体温計が壊れたのではないかと疑うくらいでした。こんな熱は、生まれて初めてです。チビチビと鼻血も止まらず、血小板の減少が疑われます。写真を撮影に行くなど、遠い話しになりました。
 というわけで、今回も過去の「雨水」へのリンクを貼るだけにします。被写体に乏しい時期ですが、結構頑張って撮れていますよ。

    21016年の「雨水」へのリンク → こちら
2016usui8011  梅の花が満開です。
 農作業も本格的に始まりました。
 野草たちも顔を出してきました。

 

 

    21015年の「雨水」へのリンク → こちら
  Usui20151021天気の変化が激しいです。雨雲です。
 野焼きも始まり、田んぼの作業も始まりました。
  梅も咲きました。

 

 

     21014年の「雨水」へのリンク → こちら
Usui2014501_011ネコヤナギのふくらみ。
  梅の花。カキツバタの芽生え。
  水仙。

 

 

     21013年の「雨水」へのリンク → こちら
  Usui3021メジロに出会えました。
  つくし登場。
 融けてゆく蓮の葉。

 

 

      21012年の「雨水」へのリンク → こちら
 Usui1_0022
 冬の名残のヒヨドリジョウゴ。
 雨の日の鴻ノ巣山。
 土手の夕日。

 

 

   21011年の「雨水」へのリンク → こちら    
 01141
 この年は、14日に大雪。
 大榎もビックリ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年2月 6日 (月)

二十四節気「立春」2017

 2月4日は、二十四節気の立春でした。春の始まりの日です。
 立春当日は、穏やかに良く晴れましたが、私は体調不良のため、ほとんど引きこもり状態で、物干し台から空を眺めるだけでした。こんなにも晴れた春の始まりの日に、散歩もできないとは残念です。
 というわけで、今回も過去の記事へのリンクのみです。

    2016年の「立春」へ → こちら
2016risshun4031 ナズナ、ホトケノザ、タンポポ。咲き始めた春の花に出会えます。
石垣りんさんの「二月のあかり」を紹介。

 

 

     2016年「立春」の追加へ → こちら
2016risshuntuik5011_2  梅や水仙。土手の空。
石垣りんさんの「たんぽぽ」を紹介しています。

 

 

      2015年の「立春」へ → こちら
Risshun701_011  土手の上に広がる青い空。山村暮鳥さんの「空」を紹介。
農作業の始まった田んぼの風景。 

 

 

      2014年の「立春」へ → こちら
Risshun8021 ネコヤナギやモクレンの花芽。
夕空を群舞する鳥たち。

 

 

       2013年の「立春」へ → こちら
Risshun7_0011_3  この頃良く写していた対岸の人影。
雨の鴻ノ巣山。 

 

 

       2012年の「立春」へ → こちら
Risshun991_0021  枯れた田んぼや土手の風景。
夕日の土手。 

 

 

       2011年の「立春」へ → こちら
Arisshun_0311  宇治田原の凍る滝。
この頃の写真の方が、何か写真らしいですね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年1月27日 (金)

二十四節気「大寒」2017

 1月20日は、二十四節気の「大寒」でした。今年は、大寒にふさわしい寒い日が続きました。日本海側や山間部では、積雪で被害も出たようです。
 従来なら、ここで大寒の散歩写真をお届けする予定ですが、体調不良のため散歩には出られていません。毎夜、毎夜のひどい寝汗(盗汗)、悪夢、発熱、脇腹から背中にかけての違和感、睡眠不足、貧血感など、かなりつらい日々を送っています。

  というわけで、今回も過去の「大寒」の記事へのリンクを貼るだけにしておきます。
 自選で、最も印象的な写真を1枚だけ選びました。同じような、代わり映えしない写真ばかりですが・・・。

    2016年の「大寒」へ → こちらから
2016daikan401_011  土手には冬の花、水仙が咲きました。
  土手の冬木立、欅は、風の中で細い枝をふるわせ春を待っています。
 八木重吉さん、まどみちおさんの詩がが登場します。

 

 

     2015年の「大寒」へ →  こちらから
Taisetu7031  隣町の恒例マラソン大会。
 高校生の耐寒歩こう会。
  冬の人々の営み。

 

 

    2014年の「大寒」へ → こちらから
Daikan5011  犬と遊ぶ人。人に撮影をお願いするのは勇気が要ります。
 犬を撮らせてくださいと頼むのがポイント。人ではなく。
  枯れ果てた河原。

 

 

   2013年の「大寒」へ → こちらから
Daikan4_0011 ムクドリ。スズメ。ドバト。
 冬の雲間から漏れてくる光。

 

 

    2012年の「大寒」へ →  こちらから
Taisetudtawa_0011 宇治田原の雪の茶畑。
 残り柿。
 この頃は、宇治田原へもよく行っていました。

 

 

     2011年の「大寒」へ →  こちらから
Daikan_0114 雪の美山町。
 冬の琵琶湖。 近江八幡水郷。
 この頃は、活動範囲も広かったです。
  連凧のおじさんもこの頃から登場。

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧