« 定期診察(156)・白目がまっ赤 | トップページ | 眼科の診察・視力の回復なし »

2018年6月 9日 (土)

二十四節気「芒種」2018

 6月6日は、二十四節気の「芒種」でした。
暦便覧によれば、「芒(のぎ)ある穀類、稼種する時也」です。
稲などの芒のある作物の種を植えるころです。
近畿・東海地方は、6日に梅雨入りが発表され、一日中大雨となりました。

 二十四節気の節目に、いつも撮影に出かけることを自らに課していましたが、眼底の出血により、左目が見えにくくなりました。画像処理が大変です。目が疲れて、涙目になります。霧の中で作業している感じになります。
撮影も、動くと直ぐ息切れしてきます。体も微妙に怠いです。
 したがって、二十四節気「芒種」はお休みします。

お休みしますと言った後で、未練がましいですが、3枚だけアップしておきます。

木津川土手の周囲に広がる田んぼでは、田植えの作業が進みました。
土手の上では、白い茅花の穂が風に揺れています。
おそらく、手伝いに来たお孫さんでしょうか、赤い帽子の少女がいます。
この少女はこれから先、どんな人生を歩んでいくんでしょうね。
白い茅花は揺れながら言っています。「何も分かりません」と…。

 では、今節はこれだけです。

Boushu201801Boushu201802Boushu201803


|

« 定期診察(156)・白目がまっ赤 | トップページ | 眼科の診察・視力の回復なし »

コメント

墓石さん こんばんは。(*^-^*)

田植えも今や5月になりましたね。
目の充血は少し良くなりましたか?
私は両眼なので難儀です。貧血があるので
如何ばかりかと。
何もかも出来なくて、喪失感があるけど、
何か楽しみと言えば、聞く事かな?と。

2本の脚があるからシルバーカーを買うのは止め
ました。主にお任せの日々になりました。

土手の自然は美しいですね。創造されたものを
見るのは最も癒されますね。

投稿: 輝子 | 2018年6月10日 (日) 21時24分

輝子さん、こんばんは。

白目の充血は、ようやく治まってきましたが、
針を刺した周辺が、まだ赤いままです。
左目だけでは、小さい字を読むことはできません。
右目が補ってくれるので、車の運転はできます。
パソコン、読書は、目が異常に疲れます。
最近は、ちょっと音楽を聴く生活です。

今まで通りにできなくなるのは、何か寂しいです。
しかし、気を取り直して、この状態に慣れていかねば
ならないです。
輝子さんも、お元気でお過ごし下さい。

投稿: 墓石 | 2018年6月10日 (日) 22時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522242/66811101

この記事へのトラックバック一覧です: 二十四節気「芒種」2018:

« 定期診察(156)・白目がまっ赤 | トップページ | 眼科の診察・視力の回復なし »