« 雑草はなぜそこに生えているのか・感想 | トップページ | 二十四節気「立春」・一本の老木 »

2018年2月 8日 (木)

二十四節気「立春」2018

 2月4日は、二十四節気の「立春」でした。この日から春が始まる日ですが、今年は立春寒波で例年より寒い日が続いています。北陸地方は大雪とか。

 4日は、用事があり撮影に出掛けられませんでしたので、5日に「立春」の日の撮影に出かけてきました。晴れてはいるものの、猛烈な寒風で厳しい一日でした。雪時雨にも遭いました。次の日は、発熱で寝込みました。
 では、少し遅れましたが、立春の頃の木津川土手周辺へご案内します。

 午前中はよく晴れて、春が見つかりそうな雰囲気でした。
畦道にはナズナ。野焼きの煙も上がっています。山は青味を帯びています。
畑にはナバナ。畑の人が、ナバナもカブもナタネも、みんな菜の花の仲間と教えてくれました。春発見です。ここで大愚良寛の歌。
~♪  もの思ひ すべなき時はうちいでて 古野に生ふる なづなをぞ摘む ♪~
Risshun101Risshun102Risshun103  

 

 

 

  城陽市内は道路建設や建物建設で、風景がどんどん変化しています。この蓮田の向こうには、郵便の集配をするビルとジョーシン電器の新店舗ができました。
蓮田には寒さで氷が張っています。まだまだ冬ですね。
Risshun202Risshun201Risshun201_01  

 

 

 

 

  田んぼの水にも、まだ氷が残っています。
草むらでは、エノコログサの穂が風に揺れています。
菊の花が大量に種子をつけています。春はなかなか見つかりません。
Risshun302Risshun303Risshun301  

 

 

 

  風に大きく揺れているのは、カゼクサ(?)。
古川を泳ぐカモ。鳴きながら渡るカモは秋の季語。泳ぐカモは冬の季語。
Risshun403Risshun402Risshun401  

 

 

 

  古川沿いを歩いていると、サギと目が合いました。
サギは驚いて飛び立ちました。空を旋回して去っていきました。
サギは、水田地帯では身近な鳥ですが、万葉集での登場は一首だけのようです。白鳥も入れると合計で三首。少ないですね。  柿本人麻呂の歌。

  ~♪ 白鳥の 鷺坂山の松蔭に 宿りて行かな 夜も更けゆくを♪~

意味::鷺坂山(さぎさかやま)の松蔭(まつかげ)に泊まりましょう、夜もふけてきたことですし。「鷺坂山(さぎさかやま)」は、我が城陽市の久世という説が有力です。鷺坂という地名も残っています。
Risshun501Risshun503Risshun502  

 

 

 

  土手の上に上がります。
畑を耕している人がいます。奥さんに耕運機の使い方を指導しているようです。
これは、まちがいなく春の光景ですね。
 ~♪ 畑打つや 土よろこんで くだけけり ♪~ (阿波野青畝)

晩冬の季語の水仙もよく咲いています。
Risshun601Risshun601_01Risshun602  

 

 

 

  花の乏しい時期に、水仙は貴重ですね。
しかし、写真にするには難しいです。与謝野晶子の歌です。
~♪ 白鳥が 生みたるもののここちして 朝夕めづる 水仙の花 ♪~
Risshun702Risshun703Risshun701  

 

 

 

  木の上で雀たちが騒いでいます。何を言っているのでしょうか?
動物哀歌の詩人、村上昭夫の詩です。

~♪「すずめ」
すずめは撃たれたっていいのだ
捕まったっていいのだ
威かされたっていいのだ

すずめ威しは一日いっぱいのスズメを威かすし
なまりの弾は世界の暗い重い色だし
かすみの網はすずめを一度に百羽も捕るのだ
たが誰もすずめを消しさるわけにはゆかない
すずめを撃つ人も
すずめを捕まえる人も
すずめをたわいもなく威かす人も
すずめを
失うわけにはゆかないのだ ♪~

近年、巣作りなどの環境が悪化して、日本全国で急速にスズメの数が減っているようです。人ともに生活してきたすずめたちですが…。
空を悠然と鳶が飛んでいます。ゆっくりと輪を描いて…。
 今回はここまでです。 続きは次回です。
Risshun801Risshun802Risshun803


|

« 雑草はなぜそこに生えているのか・感想 | トップページ | 二十四節気「立春」・一本の老木 »

コメント

墓石さん  こんにちは

発熱大丈夫でしたか(笑)少年のようですね
家の中にいるとお日様ポカポカで日差しの力感じます
でも外の風は冷たい 冷たい 待ちきれませんでしたか

春の草花 雑草も可愛いですね(戦略ですね)
一足早い春をありがとうございました


投稿: | 2018年2月 8日 (木) 16時17分

Jでした
風邪ひかないでくださいね

投稿: J | 2018年2月 8日 (木) 16時26分

Jさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

今年は、立春と言っても寒かったですね。
いつもなら梅が咲き始めていると思うのですが
今年はその気配も無しです。
暖かい日差しの中で、早く春を感じたいものです。

風邪を引いたようです。その後も、熱が続いています。
免疫力が落ちているようです。
今日も早く寝ます。では。

投稿: 墓石 | 2018年2月 8日 (木) 19時42分

墓石さま 

寒い寒い立春でしたね。
貴重な写真をありがとうございます。

風邪をひかれてしまいましたか。
ひどくならないように、お祈りいたします。

寒さにめげずに咲いている可憐な水仙に
励まされます。
耕運機の手ほどきを受けている女性は
お嫁にきたばかりの若奥さんでしょうか。
御苦労も多いことと思いますが、
声援を送ります。

それにしても、
サギは何だか強そうですね。
墓石さまを餌を狙うライバルと
思ったのでしょうか?

一方、群れているすずめは弱そうですが、
一羽一羽がしっかり生きている感じがします。

戦争に向かいそうな危うい時代、
一羽のすずめの命を大切にする
世界であって欲しいです…

どうぞお大事にお過ごしくださいね。

投稿: ひかる | 2018年2月 8日 (木) 21時51分

ひかるさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

今回の立春の撮影は、ちょっと過酷でした。
午前中は良かったのですが、午後の3時前後に強風と
雪時雨になりました。
なんだかんだで、すっかり体が冷えてしまいました。

城陽市は道路工事と建設工事ラッシュで、雀たちも
暮らしにくくなっていると思います。
私の撮影散歩コースも半分以上が失われました。

まだ体調が良くないので、今から寝ます。
ひかるさんも、お元気でお過ごし下さい。

投稿: 墓石 | 2018年2月 8日 (木) 22時21分

墓石さん おはようございます。(*^-^*)

厳寒の日に撮影に行かれたのですね。木津川土手は
風あたりが酷いでしょ。見晴らしは頗る良いのですが。
でも良い写真が撮れましたね。水仙も豊富に咲き素敵です。
スズメの群れは身近な鳥で好きな被写体です。我々こんな
鳥と共に生きているのですね。

息子の家族がB型インフルエンザで今度は嫁で私は炊事に
勤しんでいます。
墓石さんの風邪が1日も早く癒されますように。

投稿: 輝子 | 2018年2月 9日 (金) 10時53分

輝子さん、おはようございます。

今日は穏やかな良い天気ですね。風は冷たいですが。
今日のような日に撮影に行けたらいいのですが、
体調不良のため、おとなしく家で過ごします。

息子さん家族がインフルエンザですか。
輝子さんも注意してください。
私は、アルコールのスプレー式消毒器を買いましたが、
あまり外出しないので、置いたままです。

投稿: 墓石 | 2018年2月 9日 (金) 11時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522242/66370762

この記事へのトラックバック一覧です: 二十四節気「立春」2018:

« 雑草はなぜそこに生えているのか・感想 | トップページ | 二十四節気「立春」・一本の老木 »