« 蜜柑の想い出 | トップページ | 悪魔のティティヴィルスの話 »

2017年12月 2日 (土)

二十四節気「小雪」・鴻ノ巣山

 今は、二十四節気の「小雪」の時期に当たります。
 貧血が進んで来たため、ほんの近くなのにもう一年半ほど、鴻ノ巣山に行けていませんでした。「小雪」の小春日和の暖かさに誘われて、思い切って出掛けてきました。トボトボ歩きです。お婆さんに追い抜かされて…。

 鴻ノ巣山につながる水度神社の参道では、いつの間にか新しいヘアサロンがオープンしていました。店の看板は大きな時計です。時の流れを感じさせるかのるように…。
参道の木々はみな、紅葉して盛んに落ち葉を散らしています。

~♪「木」(まどみちお)
木が そこに立っているのは
それは木が
空にかきつづけている
きょうの日記です

あの太陽にむかって
なん十年
なん百年
一日一ときの休みなく
生きつづけている生命のきょうの……
  ………        ♪~

参道の木々たちは、しばらく会わない間にどんな日記を書いていたのでしょう。
今年の紅葉は、今を盛りに終わりが近づいています。
Shousetuknos01Shousetuknos013Shousetuknos011  

 

 

 

  参道の石畳の上には、赤や黄色の落ち葉が風に吹かれています。
 石垣りんさんの「風」という詩を思い出しました。

~♪「風」 (石垣りん)
 ………
生まれたとき
人は舞い落ちた
一枚の木の葉

どこから?
どこかから。

そのときから
帰れない。
どうしても
帰れない。
 ………
みんな
あしたのほうへ
吹き寄せられてゆく。
 ………    ♪~

 人は木の葉。二度と帰れない落ち葉。漂泊感・締命感が漂っていますね。
 ダダイズムの詩人・高橋新吉さんの場合は、もっとストレートで強烈です。
 
~♪「落ち葉」 (高橋新吉)
生きるに及ばざるなり
死に果てて白く
風にさらされるべきなり
しぐるる雨のさびしさに
 ……
地に散りきし落ち葉なれば
何事もなく眠るべし ♪~

 落ち葉を見て思うことは、人それぞれですね。
私は高橋新吉派かな? どちらかといえば…。
Shousetuknos02_01Shousetuknos0201Shousetuknos02_02  

 

 

 

  鴻ノ巣山へつながる水度神社では、入り口の木がよく紅葉しています(最初の2枚の写真)。 3枚目は、私のお薦めポイントの紅葉のトンネル。

Shousetuknos0301Shousetuknos0303Shousetuknos0302  

 

 

 

 

  石垣りんさんに、「枯葉」という詩があります。
~♪ 「枯葉」
どいてくれないかな
木の葉は
言葉にならない
そんな要求の前に
少しずつ枯れ
少しずつ落ちていった

病み疲れたちちが
死にたい、とひとこともらした
私は言わなかった
負わされた生活が重荷だとは
 ………
木の葉がいたたまれなくなって
落ちていくのを
冷たい自分の
ひとつの仕打ちのために
おびただしい悔いが
降りつもるのを  ♪~

 石垣さんに背負わされた家族の重み。この詩は、ちょっと深刻ですね。
5千億円も社会保障費を削ったと自慢する首相がいる国では、特にそうですね。
写真は、お薦めポイントを散歩する人。散歩の人が行き交います。

Shousetuknos0401Shousetuknos0403Shousetuknos0402  

 

 

 

Shousetuknos0501 帰りは、すっかり日が傾いて、黒い影が長くくっきりと伸びていました。
その中を落ち葉がカサカサと、風に吹き寄せられていきます。どこへ?
 お気に入りの一枚が撮れました。 では。また。 

|

« 蜜柑の想い出 | トップページ | 悪魔のティティヴィルスの話 »

コメント

墓石さま 

鴻ノ巣山に行かれたのですね。よかったです!
初めて墓石さまの写真を拝見した時、
鴻ノ巣山の風景が、とっても素晴らしかったのです。
私の憧れの場所です。

きれいな紅葉が見れてよかったですね。
想像するに、地面からのアングル、見上げる姿勢
けっこう大変だったでしょうね。
でも、美しい風景を拝見することができました。
本当にありがとうございます。

枯葉の季節、私は石垣りんさんの「凋落」
(?今手元に詩集がないのでタイトルが曖昧です…)を思い浮かべます。
いさぎよい葉っぱに、敬服しています。

どうかご健康が守られますように
お祈りしています。

投稿: ひかる | 2017年12月 3日 (日) 21時56分

ひかるさん、こんばんは。
写真を見ていただきありがとうございます。

石垣りんさんは、私の一番好きな詩人です。
「凋落」が出てくるのは、「用意」という題の詩です
ね。私も好きな詩です。

「これが私の意志、これが私の願いのすべて!」
「それは凋落であろうか、
 いっせいに満身の葉を振り落とす
 あのさかんな行為は―」
「私はいまこそ自分のいのちを確信する」
「私は身内ふかく、遠い春を抱く
 そして私の表情は静かに、冬に向かってひき緊る」
というようなフレーズが頭に残っています。
魅力的な詩ですね。

来春の桜を目指して、気を引き締めていきます。
ありがとうございました。
寒くなるようです。ひかるさんもお元気で。

投稿: 墓石 | 2017年12月 3日 (日) 22時39分

墓石さん おはようございます。(*^-^*)

今炬燵に入ってPCをやっています。
宇治では季節の変わるこの時期、詩人の方々の
気持と重なります。

鴻巣山に行けて良かったですね。
近くに良い被写体があるものです。長く行かれていると、
墓石さんしか知らない被写体があるものですね。
楽しませて頂きました。
石垣りんさんの詩の世界とぴったりですね。

空を見上げささやかながらも希望を抱いて生きて
いきたいものです。

投稿: 輝子 | 2017年12月 5日 (火) 10時14分

輝子さん、おはようございます。

物干し台読書をしていましたが、風が冷たすぎるので、
今、退散してきたところです。冬型が続くようです。

輝子さんは、永観堂や哲学の道方面に行かれたようですね。
やはり、紅葉の名所は違いますね。いいですね。
結局、私は何処へも行かずに終わりました。
宇治川のダム湖なら、まだまにあうかも知れません…。

楽しみながら日を送りたいものです。
輝子さんも、体には気をつけてお過ごしください。


投稿: 墓石 | 2017年12月 5日 (火) 11時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522242/66113192

この記事へのトラックバック一覧です: 二十四節気「小雪」・鴻ノ巣山:

« 蜜柑の想い出 | トップページ | 悪魔のティティヴィルスの話 »