« 二十四節気「秋分」2017 | トップページ | 二十四節気「秋分」・詩人と散歩 »

2017年9月25日 (月)

定期診察(139)・4回目の輸血

 今日はKS病院血液内科の定期診察でした。
 秋晴れの気持ちの良い一日でした。こんな日に病院行きとは、ちょっともったいない気がします。最近は病院へ行く足が重いです。

 さて、最近の症状ですが…。
 前回と比べて大きな変化はないです。
 ☆毎日、異常な体のだるさに襲われています。これは変わりないです。
  姿勢が維持できず、しばしば横になっています。

 ☆貧血は明らかに進みました。二階に行く階段で足がだるくなります。

 ☆脇腹から背中の違和感はますます強くなりました。胃が押されるような感じで、食欲にも影響してきました。軽い吐き気も。

  ☆発熱し骨が痛くなる症状は続いています。ロキソニンを使用しないとどうなるか、再び人体実験してみました。18時間頑張ったところでギブアップです。この時、体温は軽く38℃台に突入です。したがって、以後、ロキソニン依存生活。1日2錠。

 では、診察結果です。
★ヘモグロビンはHb=6.8。 4回目の輸血決定!

★血小板は10万/μl。最低ラインを横ばい。

★脾臓の大きさと巨大腫瘍のその後を調べるためと、膵臓の乳頭腫の様子を見るためのCT検査の日が決まりました。3週間後の定期診察で、検査の結果を聞きます。休日と重なるため、定期診察は3週間後です。

★結果として、ジャカビは引き続き一日に2錠が続きます。

 【4回目の輸血】
 今日の輸血は、なぜか時間がかかりました。今日の中央処置室は、たぶん人手不足? 忙しそうでした。輸血をすると、体はかなり楽になります。
 明日から暫くは、活動力が出せそうです。彼岸花でも撮りに行きますか。

  電車の中で怖ろしいことがありました。人生初体験です。若い女性から…。
 座席を譲られました。 「どうぞ!」と、さりげなく……。
 よほど病人らしい面をしていたのか? ヨボヨボ老人と見られたのか?
  うまく、さりげなく、お礼を言えなかったのが残念。

|

« 二十四節気「秋分」2017 | トップページ | 二十四節気「秋分」・詩人と散歩 »

コメント

墓石さん、おはようございます。
体調は辛そうですが、
文面から、心は折れてないゾ!というのがビシビシ伝わってきて嬉しいです。

こちらは彼岸花はそろそろおしまいです。
彼岸花は、名前のせいか霊的な美しさを感じます。
素敵な写真が撮れるといいですね(*^-^)

投稿: ニャンキー | 2017年9月26日 (火) 06時15分

ニャンキーさん、おはようございます。
私の遅い朝が、今頃やっと始まりました。
こちらは、今日も良い天気です。
今日は、目指すは彼岸花と夕日です。
体力があればの話ですが…。

そちらは、彼岸花はもう終わりですか。
稲刈りが終わると、急に晩秋感が出てきます。
冬にはまだ少し時間が残されているような…。
冬が乗り越えられるかちょっと心配。
では、お元気でお過ごしください。

投稿: 墓石 | 2017年9月26日 (火) 10時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522242/65836704

この記事へのトラックバック一覧です: 定期診察(139)・4回目の輸血:

« 二十四節気「秋分」2017 | トップページ | 二十四節気「秋分」・詩人と散歩 »