« 二十四節気「大暑」・蓮の花 | トップページ | 定期診察(136)・腸炎 »

2017年8月 3日 (木)

二十四節気「大暑」・夏の歌

 大暑の頃。一年中で一番暑い季節に入りました。
 考えてみると夏はなぜ暑いのでしょうか。理科的に言えば、地軸の傾きにより四季が生まれ、夏になるのですが……。 心までもが暑いのはなぜでしょうか。

 ~♪「夏に」
暑いから夏になったのではない
蓮の花が咲き
白い夏雲が湧き上がり
青田の上を風が吹き渡ってゆく
風景が夏を語ったから夏が来たのだ

暦が知らせたから夏になったのではない
水の上のアメンボウ
ワルナスビの針
花に潜むハラビロカマキリ
すべての命が夏を知らせているのだ

夏が来たから涙が流れるのではない
焼け跡に夾竹桃が咲いた夏
二度と帰らない少年の日の夏
わすれ草を胸にした夏
夏の想い出が涙を連れて来るのだ

夏が来たから暑いのではない
遠く見つめる先に
平和はあるのか ホオジロよ
人はどこから来て
どこに行くのか 無言の空蝉よ

思いを込めるから暑いのだ 夏よ   ♪~

 この詩にあわせて、木津川土手周辺を散歩したい方は、…
二十四節気「大暑」2014へ → こちら

Taishohasuhana001Taishohasuhana002Taishohasuhana003  

 

 

 

   詩人の高田敏子さんは、橋をテーマにした詩をいくつかつくっておられます。
 ~♪「橋」
少女よ
橋のむこうに
何があるのでしょうね

私も いくつかの橋を
渡ってきました
いつも 心をときめかし
急いで かけて渡りました
……
そして あなたも
急いで渡るのでしょうか

むこう岸から聞こえる
あの呼び声にひかれて ♪~

 心をときめかせ、いくつもの橋を渡ってきた私。今、橋を渡ろうとしている少女。
橋のむこうにある何かを目ざして…。
 人はみんな橋をわたるのです。「あの呼び声にひかれて…」。あなたもまた…。
  夏の夕暮れ。赤い夕雲を見ながら、木津川流れ橋を渡ってみたい方は、…
二十四節気「大暑」2012へ → こちら

Taishohasuhana004Taishohasuhana006Taishohasuhana005  

 

 

 

   仏教経典『妙法蓮華経』に、「不染世間法 如蓮華在水」(世間の法に染まらざるは、蓮華の水に在るが如し)とあるそうです。ハスは泥の中にあっても汚れることなく美しい花を咲かせるということです。ありがたい仏の花というわけです。
 枕草子、「草は」の段には、次のように書かれています。
  ~♪…蓮葉(はすば)、よろづの草よりもすぐれてめでたし。妙法蓮華のたとひにも、花は仏にたてまつり、実は数珠(じゅず)につらぬき、念仏して…♪~
 北原白秋の名曲、「からたちの花」は、♪…からたちの花のそばで泣いたよう…♪と歌います。これを「ハスの花のそばでないたよ~」に変えるとどうなるでしょうか? もう絶対、死んだ誰かを思う歌になってしまいますね。
 日本人にとってハスの花は、仏の花という印象がすり込まれてしまっています。ハスの花を見ると、線香の匂いが漂ってくる人は、もう、ちょっと重症ですね。
 花を愛でるときは、先入観にとらわれず素直に見たいものです。
  明るく咲く昼の蓮に出会いたい方と、流れ橋の夕景を眺めたい方は、…
二十四節気「大暑」2013へ → こちら

Taishohasuhana007Taishohasuhana008Taishohasuhana009  

 

 

 

   ハスの花は、外国ではどんな扱いを受けているのでしょうね。
 シューマンの歌曲集「ミルテの花」第7曲は、ハイネの詩に作曲した「Die Lotosblume(はすの花)」です。この曲を聴きたい方は、→  こちら   (歌はElly Ameling)

~♪ 「はすの花」  (H・ハイネ 訳/西野茂雄)
はすの花は 燃えさかる太陽を恐れて
うなじを垂れて夜を待つ
夢見心地に

月こそ はすの恋人
その光に はすは目覚め
いそいそとヴェールを脱いで
つつましい顔をあらわす

花開き 燃え立ち 光を放ち
はすは言葉もなく空を見上げる
はすは匂い はすは泣き
はすはおののく
愛と愛の切なさゆえに ♪~
Taishohasuhana9_01Taishohasuhana91_01Taishohasuhana92

|

« 二十四節気「大暑」・蓮の花 | トップページ | 定期診察(136)・腸炎 »

コメント

墓石さま こんばんは。

毎日暑いですね。
「暑いから夏が来たのではない。…
 思いをこめるから暑いのだ 夏よ🎵」

 素敵な詩だわ~ 
 前に味わったような詩だけど…
 あれ?作者は?

ずっと、私の知らない詩人の作品を紹介して
下さっていたので、トンチンカンな私でした。

暑くても、私は夏は大好きです。
命がみなぎっているように感じます。
空蝉の姿に圧倒されます。

まだ拝見したことのなかった「お宝写真」、
蓮と満月の風景、大好きです。
ありがとうございました。

どうかご体調が守られますように
お祈りしています。

投稿: ひかる | 2017年8月 3日 (木) 20時26分

ひかるさん、こんばんは。
写真を見て頂きありがとうございます。

できの悪い自分の詩を使うのは、何か恥ずかしいですね。
最近はあまり詩などは作っていないです。
写真も撮りに行けていないです。そろそろこのブログも
終了の時期が近づいているのかな、と思ったりしています。

ここ数日、腹痛に苦しんでいます。おそらくロキソニンの
副作用だと思います。今日も一日、引きこもり生活でした。
夜、ゆっくりと寝たいです。今夜も苦しむのかも。

投稿: 墓石 | 2017年8月 3日 (木) 21時48分

墓石さん おはようございます。(*^-^*)

体の苦しみを抑えつつ書いて下さって、凄く感謝してます。

流れ橋からの入道雲、また夕日、寺田の
芋畑のスクリンクラー?に降り注ぐ夕日。絶品です。
グランプリに輝かれたのが納得です。

信州への旅を赦されたのですが、帰ってから気温の差で
部屋にエアコンのつけっぱなしです。

体調が少しでも楽でありますように。

投稿: 輝子 | 2017年8月 6日 (日) 08時35分

輝子さん、おはようございます。
毎日暑いですね。私は、体には悪いと思いながらも
引きこもり生活です。

輝子さんは、志賀高原へ避暑に出かけられたんですね。
早速、高原の霧の写真をありがとうございます。
地を這うように広がる霧。感動的ですね。
木道も写っていましたね。絵になりますね。

見ているだけで涼しいです。
ありがとうございます。

投稿: 墓石 | 2017年8月 6日 (日) 10時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522242/65614890

この記事へのトラックバック一覧です: 二十四節気「大暑」・夏の歌:

« 二十四節気「大暑」・蓮の花 | トップページ | 定期診察(136)・腸炎 »