« 定期診察(136)・腸炎 | トップページ | 二十四節気「立秋」・季節の扉 »

2017年8月10日 (木)

二十四節気「立秋」2017

 8月7日は、二十四節気の「立秋」でした。いよいよ暦の上では秋ですね。今年の「立秋」当日は、ノロノロとした夏の台風が、騒がしく日本列島を通過していきました。

 ~♪ 秋来ぬと目にはさやかに見えねども 風の音にぞおどろかれぬる ♪~
  古今和歌集で藤原敏行が詠っているように、秋は、静かにそっと近づいて来ているのでしょう。今の時期、どれくらい秋が来ているのでしょうね。
 木津川土手周辺へ植物図鑑を持ち、秋を探しに散歩しましょう。きっと、城陽特産のイチジクの実も成長し始めている頃だと思います。
 ★植物図鑑を持って木津川土手方面を散歩をしたい方は、
 二十四節気「立秋」2011へどうぞ → こちら

Risshu1001Risshu1002Risshu1003  

 

 

 

  土手の上に上がると、空が大きく広がり、白い雲が流れていきます。土手に座って、雲を眺めていると分かります。なつかしい人は、みんな雲に乗ってやって来るのです。亡くなった人も、遠くにいる人も、幼なじみも、なつかしい想い出を連れて、……。
 ★空を見ながら木津川土手周辺を散歩したい方は、
 二十四節気「立秋」2016へどうぞ → こちら

Risshu2001Risshu2002Risshu2003  

 

 

 

  8月6日は広島に、8月9日は長崎に原爆が投下された日ですね。かって8月6日や9日は、全国の小中学校で夏休みの登校日になっていました。しかし今は、取りやめている学校がほとんどです。8月6、9日が何の日であるか答えられない人が、7割に迫っているというNHKの報道がありました。
 7月7日には、国連会議で122カ国の賛成で、「核兵器禁止条約」が採択されました。拍手と歓声の中で…。しかし、日本は不参加です。事前交渉にも参加していないといいます。何ということでしょうか…!!
 詩人の石垣りんさんは、しだいに近づいてくる戦争の足音をすでにずっと以前に聞いていました。
~♪ 「雪崩のとき」
……
すべてがそうなってきたのだから
仕方がない”というひとつの言葉が
遠い嶺のあたりでころげ出すと
……
あの言葉の
だんだん勢いづき
次第に拡がってくるのが
それが近づいてくるのが
私にはきこえる ……♪

 また、石垣りんさんは、~♪人はみんなで、空をかついで生きている。世代を超えて。輝きも、暗闇も。♪~と詠いました。みんなのつながりで、青い平和な空をかついでいけたらいいですね。
  ★石垣りんさんと一緒に木津川土手で空を眺めたい方は、
  二十四節気「立秋」2015へどうぞ → こちら

Risshu3003Risshu3002_2Risshu3001_3  

 

 

 

 ★ハスの花やザリガニ、アメンボ、糸トンボ、アゲハ、ワスレグサ。さまざまな生き物を見ながら、夏休みの土手周辺をさらに散歩したい方は、
  二十四節気「立秋」2013へどうぞ → こちら

Risshu4001Risshu4002Risshu4003

|

« 定期診察(136)・腸炎 | トップページ | 二十四節気「立秋」・季節の扉 »

コメント

墓石さま こんばんは。

ノロノロ台風、城陽市にも警報が出ていたので
心配していましたが、
流れ橋も無事に通り過ぎたのですね。
立秋を境に、蝉の鳴き声がめっきり少なくなりました。
これも「小さな秋?」ちょっと淋しいです。

8月15日が何の日か知らない若者もいそうな
昨今ですね。「山の日」は、日本が過去を忘れる
「分水嶺」の日だと思えば納得です。

お体の痛みと暑さ、どちらも峠を越して
楽になりますように。
豊穣の秋を堪能できますようにお祈りしています。

投稿: ひかる | 2017年8月11日 (金) 20時42分

ひかるさん、こんばんは。
毎日暑いですね。突然の雷雨も多いです。
雷雨で涼しくなるかと思えば、かえって蒸し暑いです。
今、外で虫が鳴いています。少しずつ秋がきているようです。

台風は大きな被害もなく過ぎ去ったようです。
流れ橋は、橋の支柱にゴミが一杯絡みついていました。
車で少し様子をみてきました。

山の日が分水嶺ですか。うまいことを言いますね。
終戦の日どころか、加計学園のことも忘れ去られて
いくんでしょうか。

病気のことも忘れたいですが、それは無理ですね。
脇腹がちょっと苦しいです。

では、ひかるさんも元気でお過ごしください。

投稿: 墓石 | 2017年8月11日 (金) 21時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522242/65646114

この記事へのトラックバック一覧です: 二十四節気「立秋」2017:

« 定期診察(136)・腸炎 | トップページ | 二十四節気「立秋」・季節の扉 »