« 定期診察(134)・横ばい状態 | トップページ | 二十四節気「小暑」2017・雨の歌 »

2017年7月 7日 (金)

二十四節気「小暑」2017

 7月7日は、二十四節気の「小暑」です。暦便覧によれば、「大暑来れる前なれば也」です。梅雨末期に入り大雨の降る頃です。近年は毎年のように、大雨の被害がくり返されています。今年も、九州地方で大きな被害が出たようです。
  私は貧血などの体調不良で、引きこもり生活です。いつものように、パソコン上で、木津川土手方面の散歩に出かけることにします。
 では、梅雨の晴れ間に、詩人の立原道造さんと一緒に散歩に出かけましょう。

  今の時期、土手の斜面には萱草(ワスレグサ)が咲いています。萱草といえば、立原道造の詩集「萱草に寄す」ですね。
  ~♪……夢は そのさきには もうゆかない/ なにもかも 忘れ果てようとおもひ/ 忘れつくしたことさへ 忘れてしまつたときには/夢は 真冬の追憶のうちに凍るであらう/そして それは戸をあけて 寂寥のなかに/星くづにてらされた道を過ぎ去るであらう ♪~
 女性との出会いと別れ。孤独。美しいイメージの詩ですね。
  立原さんが、もしこの木津川土手に立ったらどんな詩をつくるのでしょうね。たぶんこんな詩だと思います。「初夏」という詩を紹介してみます。
 
  ~♪ 「初夏} 
街の地平線に 灰色の雲が ある
私の まはりに 傷つきやすい
何かしら疲れた世界が ただよつている 
明るく 陽ざしが憩んでいる
 
そして 一本のポプラの木が
白い壁のまへで 身もだへしてゐる
ああ 西風が吹いてゐる きらきらと
うすい陽ざしがちらついている
 
しかし 屋根ばっかりの 街の
地平線に 灰色の雲が ふえてゆく
 
私を 生んだ 私の母の ちひさい顏を
私は 不意に おもひ出す
 
ああ 陽ざしがかくれる かげが
しづかにひろがる 風がやはり吹いている  ♪~

 あかるい日差しの中でも、「私のまはりに 傷つきやすい 何かしら疲れた世界が ただよつている」。漂う深い倦怠感。心の痛み。なぜか不意に母を思い出す。ああ、灰色の雲が日差しを隠していく。風も吹いていく……。立原さんにとってはこの時、「恋人」よりも「母」ですね。私も、もう長くは生きられない…、突然母を思い出したりします。
  萱草の咲く木津川土手を、立原さんとさらに散歩を続けたい方は、……
   二十四節気「小暑」2016へどうぞ → こちら

Shousho2017001Shousho2017002Shousho2017003  

 

 

 

   人生には絶望もあります。悲しみもあります。立原道造さんの詩をもう一つ。
 ~♪ 「歌ひとつ」
昔の時よ 私をうたはせるな
慰めにみちた 悔恨よ
追憶に飾られた 物語よ
もう 私を そうつとしておくれ
 
私の生は 一羽の小鳥に しかし
すぎなくなつた! 歌なしに
おそらく 私は 飛ばないだらう
木の枝の向うに 靑い空の奥に
 
未來よ 希望よ あこがれよ
私の ちひさい翼をつつめ!
そして 私は うたふだらう
 
大きな 眞晝に
醒めながら 飛びながら
なほ高く なほとほく    ♪~

 「追憶に飾られた物語よ もう 私をそうつとしておくれ 」、「おそらく 私は飛ばないだらう 」。「未來よ 希望よ あこがれよ」、「私の ちひさい翼をつつめ!」。 絶望の中から、詩人立原さんは飛び上がります。「なほ高く なほとほく 」…。希望や憬れを抱きつつ、孤独に、悲痛に…。
 今の時期、土手には、ヤブカンゾウ以外にも様々な花が咲いています。ヒメジョオン、アカツメクサ、ネジバナ、ムクゲ。頭上には、ホオジロ、田んぼにはサギ。今の時期、茶色のアマサギも見られます。希望を翼に込めて、さらに散歩を続けたい方は、……
   二十四節気「小暑」2015へどうぞ → こちら

Shousho2017004Shousho2017005Shousho2017006  

 

 

 

 

   さらに散歩を続けます。今の時期、土手周辺には、カワラナデシコが咲き乱れています。アカツメクサ、タンポポ、ガマ、ツユクサ、アカバナユウゲショウ、セリ、サツマイモ、ハス……なども花盛りです。
 まど・みちおさんは、ツユクサは青空からの雫だと言っています。
 ~♪「ツユクサのはな」
……あの はるかな ところから /おちてきて /よくも つぶれなかった /
あおぞらの しずく /いまも ここから /たえまなく /ひろがっていく /
なみのわが みえます /あのそらへの /とめどない /おもいなのでしょうか

 様々な花に思いを寄せながら、さらに土手の周辺を散歩したい方は、……
  二十四節気「小暑」2016後半へどうぞ → こちら 

Shousho2017007Shousho2017008Shousho2017009


|

« 定期診察(134)・横ばい状態 | トップページ | 二十四節気「小暑」2017・雨の歌 »

コメント

墓石さん こんにちは。(*^-^*)

九州の災害には悲しくなりますが、地質により被害が
大きくなったりしますね。同じ位いの雨量でも数年前の宇治
の災害とまた違います。

ヤブカンドウ、木津川でこんなに沢山橙色に咲くとは見事
です。昨日、宇治田原へやっと行けました。
そこで「この花は何?」と思ったのがヤブカンドウでした。

立原さんの詩いいですね。墓石さんからいろんな詩人の方
を紹介され、大変うれしく思います。

投稿: 輝子 | 2017年7月 8日 (土) 13時08分

輝子さん、こんにちは。
今日は暑いですね。雨の予報だったので、静かな梅雨の雨を
期待していましたが、蒸し暑いです。
九州の方では、大変のようですね。

輝子さんは、宇治田原へ行かれましたか。いいですね。
私は、どうも気力が出ません。
輝子さんの宇治田原写真を楽しみにしています。

投稿: 墓石 | 2017年7月 8日 (土) 15時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522242/65503567

この記事へのトラックバック一覧です: 二十四節気「小暑」2017:

« 定期診察(134)・横ばい状態 | トップページ | 二十四節気「小暑」2017・雨の歌 »