« 定期診察(133)・痛み進行 | トップページ | 二十四節気「夏至」・雨の詩 »

2017年6月22日 (木)

二十四節気「夏至」2017

 6月21日は、二十四節気の「夏至」でした。暦便覧では、「陽熱至極し、また日の長きのいたりなるを以て也」です。
 「陽熱至極」となっていますが、日本の今は梅雨の真っ只中。今年の「夏至の日」当日は大雨になりました。一日中引きこもり生活でした。
 「夏至」の時期は、土手の周辺はどんな様子なのでしょうか。今回もまた、パソコン上で散歩に出かけましょう。夏の野の花が待ってくれていることでしょう。

 人はなぜ散歩するのでしょうか? 何を求めて…?
 散歩の達人、詩人の長田弘さんに聞いてみましょう。
          (森の絵本より)
~♪ どこかで よぶ声が しました。
   でも 見まわしても だれもいません。
       …………
      「いっしょに ゆこう」
      すがたのみえない 声が いいました。
   …………
      「きみの だいじなものを さがしにゆこう」
   すがたの見えない 声は いいました。
   「ほら、あの 水のかがやき」と、
   その声は いいました。
   声のむこうを きらきら光る
   おおきな川が ゆっくりと 流れてゆきます。
   「だいじなものは あの 水のかがやき」
   …………
   「たいせつなものは あの たくさんの 花々のいろ」
   「ほら、あの わらいごえ」
   …………
   夏がきて 秋がきて 冬がきて 春がきて
   そして 百年が すぎて
   …………
   どこかで よぶ声が しましす。
    「だいじなものは 何ですか」
    「たいせつなものは なんですか」  ♪~

 私たちにとって、大切なものとは何なのでしょうか? きらきらと輝く風景や野の花たちと対話しながら考える、それが散歩なのですね。長田さん。
 詩人の吉野弘さんが、四つ葉のクローバーを見つけたようです。何か幸福について考えているようです。
 哲学者の三木清さんも幸福について語っています。
 「幸福は表現的なものである。鳥の歌ふが如くおのづから外に現はれて他の人を幸福にするものが眞の幸福である。」と。
 では、自然や花々と対話しながら木津川土手周辺を散歩しましょう。

 ★二十四節気「夏至」2016へは、→ こちら
Geshi2017001Geshi2017003Geshi2017002


  

 

 

 

   田植えも終わり、遙かに広がる水の国。
 なつかしい桑の実。青い空。白い雲。
 土手に咲き乱れるアカツメグサ、ヒメジョオン。

  ★二十四節気「夏至」2016後半へは、→ こちら
Geshi2017004Geshi2017005Geshi2017006  

 

 

 

   気がつくと、いつのまにか咲き始めたカワラナデシコ。
 いつも季節を知らせてくれるのは野の花々です。
 季節の変化に気づくとは、うつろう自然と時間の中にある自分に気付くこと。止めようもなく流れてく時間。その時間の中を旅をしている一人の旅人。わたし。
  6月23日は、沖縄慰霊の日。 夏に咲く花、夾竹桃♪~
 水の中から蓮の葉が顔を出し始めました。

  ★二十四節気「夏至」2015へは、→ こちら
Geshi2017007Geshi2017008Geshi2017009  

 

 

 

   夕日に輝く、寺田芋の畑のスプリンクラー。
 芽生え始めた蓮。
 夜の月見草。

  ★二十四節気「夏至」2014へは、→ こちら
Geshi2017010Geshi2017011Geshi2017012

|

« 定期診察(133)・痛み進行 | トップページ | 二十四節気「夏至」・雨の詩 »

コメント

墓石さま。 

今は真夜中です。
今日も一日バタバタと過ごし、寝る前に、
いつもの「お散歩」を楽しませていただきました。

この日課は、そう、
「だいじなもの」「大切なもの」を
心に刻むためなのだと改めて思わされました。

夏至が過ぎ、沖縄慰霊の日でしたね。
尊い犠牲の上に立つ平和を大切にしたいです。
山ノ内獏さんの詩と出会えたことも
タイムリーでした。ありがとうございます。

痛みをこらえながら、こんなに素晴らしい写真と
メッセージをアップしてくださって、感謝します。

どうか、少しでも痛みが和らぎますように。

投稿: ひかる | 2017年6月24日 (土) 00時22分

墓石さん おはようございます。(*^-^*)

シンドイ中でこんなに四季をUPして下さって嬉しいです。

まさに木津川周辺は水の国ですね。
川だけでなく広大な田んぼに一面水がはりめぐらされて
いますもの。

私も写真をやるまでは四季や草や花、木や風景等余り
考えなかったですが、こういったものに思いをめぐらす事
が出来良かった!と思います。

農家だったので草等邪魔者でしたから。今では愛おしい
ですね。全てが命がはぐくまれ、我々もはぐくまれて
いますよね。

蓮の芽生えには行けなかったですが、土手や道の草むらに
命が一杯。愛しいです。  痛みが和らぐことを祈りつつ。

投稿: 輝子 | 2017年6月24日 (土) 11時13分

ひかるさん、おはようございます。
私の一日の始まりは遅いです。
コメントありがとうございます。

昨日は沖縄の慰霊の日。女子高生が「平和の詩」を
朗読していましたね。なかなか良かったです。

今日は、ちょっと暑くなりそうな気配です。
扇風機をつかっています。今季、初登場です。
ひかるさんも、元気でお過ごしください。

投稿: 墓石 | 2017年6月24日 (土) 11時14分

輝子さん、おはようございます。

農家の方にとっては大変だと思いますが、
田んぼが美しい季節になりました。
やはり田んぼの風景は心が落ち着きます。
城陽では、ジャンクションの工事で、
すっかり風景が変わってしまって、ちょっと
残念です。

輝子さんの花の写真、楽しませてもらっています。

投稿: 墓石 | 2017年6月24日 (土) 11時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522242/65443631

この記事へのトラックバック一覧です: 二十四節気「夏至」2017:

« 定期診察(133)・痛み進行 | トップページ | 二十四節気「夏至」・雨の詩 »