« 定期診察(132)・白血病化はなし | トップページ | 二十四節気「芒種」2017追加 »

2017年6月 8日 (木)

二十四節気「芒種」2017

6月5日は、二十四節気の一つ「芒種」でした。
 「芒(のぎ)ある穀類、稼種する時也」(暦便覧)です。
 芒種の頃の土手を散歩しましょう。
 いつものようにパソコンの中の記憶をたどりながらですが………。

 春には土手を一面に黄色く染めていたカラシナは結実を終え、今は白い穂が風に揺れているだけです。栗の花が落ち始めています。栗花落(つゆり)。もう梅雨入りです。
 白いカラシナの穂に混じり、ノアザミが季節の歌を歌っています。
    ~♪ 季節はいつも交差点
       やって来るものと
       去ってゆくものが
       風に運ばれ
       行き交う交差点
       出会いの時は心ときめかせ
       別れの時は涙する
       人もまた季節と同じだ  ……  ♪~
Boushu002Boushu003Boushu001  

 

 

 

   人は旅人。花もまた旅をする。鉄道に乗って。どこまでも。方々に…。 hobo。
 そんな世界を旅する花に出会いたい方は、……
   2016年の「芒種」・前半へ → こちら 
Boushu005Boushu004Boushu006  

 

 

 

   

  「花と話す方法」を知っていますか?
   「無言で示す命の素晴らしさ。損なうことなく、誇ることなく、みごとに生きる。無言で語る植物たちの奇跡。」花と語る方法を、詩人の長田弘さんが教えてくれます。
 詩人の吉野弘さんも語ります。「……そして気付く。ぼくらの季節があまりにも樹木の季節と違うことに。」 花と語り、樹木の声を聞く。そんなことを希望の方は、……
      2016年の「芒種」・後半へ → こちら 
Boushu008Boushu009_2Boushu007  

 

 

 

   芒種の頃。それは田植えの時期です。
 遙か昔。田植えは地域全体の大行事。田植え歌も聞こえていたことでしょう。
 それぞれの地方に独特の田植え歌があったそうです。
  私は田植え歌は聴いたことがないです。
 飛騨地方の田植え歌。内容がちょっと気になります…。 本音? 自虐ネタ?
    ~♪ 嫁にやるなよ 気多 山本へ 
       深い田んぼで苦労するーーぅい ♪~
 気多や山本方面の田は、沼田やあわら田んぼが多くあり苦労したそうです。

 現代は、田植機が活躍。地域のつながりも希薄に? 
  田んぼの風景は、…… 2015年の「芒種」へ → こちら 
Boushu001_01Boushu002_01Boushu003_01  

 

 

 

  

   シューベルトの「菩提樹」を聞きながら、巨木を巡りたい方。
 なつかしい桑の実に出会いたい方。
 寺田芋畑の夕景をご覧になりたい方。 
  こちらです。……  2015年の「芒種」・追加へ → こちら
Boushu004_01Boushu005_01Boushu006_01

|

« 定期診察(132)・白血病化はなし | トップページ | 二十四節気「芒種」2017追加 »

コメント

墓石さん こんばんは。(*^-^*)

検診は落ち着いていて良かったですね。
嬉しいです。骨の痛みと熱が困りますね。
良くなりますように。

木津川土手周辺の風景、墓石さんの
素敵な写真力で脱帽!素晴らしい写真集が出来そうです!

この風景を見てますと、人も花も木も旅人です。
花が咲き、花が落ち実がなり。次の季節の花が咲き、
やがて殆どの葉が落ち、冬を迎え、春の芽が出る。
風物は変わっても、繰り返しつつ旅をつづけますね。

そこに「希望」という花を咲かせて歩みたいです。

投稿: 輝子 | 2017年6月 8日 (木) 20時21分

輝子さん、こんばは。
コメントありがとうございます。

貧血が少しマシになってきたので、ほんの少しですが
行動力が出てきていますが、撮影となるとなかなか
難しいものがあります。撮影って、けっこう体力と
気力を使っていたのですね。今更ながら思います。

輝子さんは、なかなか精力的にブログを更新されて
いますね。元気ですね。いつも拝見しています。
解説を見ないと、詩編とか意味が難しいですね。

投稿: 墓石 | 2017年6月 8日 (木) 21時16分

いえいえ、実は以前は私が御言葉を選び、教えられた
言葉の解釈を下手な文で書いてましたが、眼が悪く
なったものですから、九州のネット友に伝えたら、じゃ
自分の所属牧師先生が、いろんな方に配信してられるから、
私にもと配信して下さる事になったのです。
助かってるのですよ。でも毎日送って下さるからその分
忙しいですが。(笑)

でも~写真ももう遠くは行けなくなりました。いつまで
続くでしょうね?眼も悪いからピントも鈍いと思います。
写真は体力がいるし、以外に疲れますね。
先日のゴスペルコンサートでカメラマンを頼まれたの
ですが、腕から体全体疲れ、アレー年だ!と思いましたよ。

投稿: 輝子 | 2017年6月 9日 (金) 13時19分

ヘェ~、そうでしたか。
毎日ですか。それはなかなか良いことですが、
ちょっと大変ですね。

昨日の言葉は、私も知っていました。有名ですね。
「狭い門からはいれ。滅びにいたる門は大きく、
その道は広い。」
小説のタイトルにもなっていますね。「狭き門」。

コンサートのカメラマンですか。
輝子さんなら、うまく撮れて、喜んでもらえたことと
思います。ベテランですので。

投稿: 墓石 | 2017年6月 9日 (金) 16時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522242/65385053

この記事へのトラックバック一覧です: 二十四節気「芒種」2017:

« 定期診察(132)・白血病化はなし | トップページ | 二十四節気「芒種」2017追加 »