« 中原中也の詩を読む | トップページ | 定期診察(130)・今のまま様子を »

2017年5月 5日 (金)

二十四節気「立夏」2017

 5月5日は、二十四節気の一つ「立夏」です。いよいよ夏の始まりの日です。
新緑。さわやかな五月の風。空を泳ぐ鯉のぼり。白い雲。いい季節になりましたね。

 5月2日は、体調が少し良かったこともあり、良い天気に誘われて宇治田原方面を車で走ってみました。5月2日は八十八夜でしたね。
 この時期には、茶畑に行きたかったのですがちょっと体力的に無理そうです。ここは、我慢して過去の茶畑の写真をリンクしておきます。
Rikka2017003Rikka2017001Rikka2017002  

 

 

 

   ★2012年の「宇治田原・和束茶畑」へのリンクは → こちら

 宇治田原方面では、田植えも盛んでした。水の張られた田んぼ。木々の新緑。柿の若葉が眩しいです。今回2枚だけ撮りました。(最初の2枚)
Ujit01Ujit04Rikka2017004  

 

 

 

   ★2013年の「新緑の宇治田原散歩」へのリンクは → こちら

  田原川のボタン桜は終わりかけでした。残念。カラシナは満開でした。
 最初の2枚が、今年の写真です。
Ujit02Ujit03Rikka2017005  

 

 

 

   ★2012年の「田原川の八重桜」へのリンクは → こちら

 この時期、藤の花が咲いていますが、写真にできるような藤には出会えませんでしたので、過去のリンクで見て下さい。
 ★2013年の「藤の花」へのリンクは → こちら
Rikka2017006Rikka2017008Rikka2017007  

 

 

 

   今回は、木津川土手へは行けていません。
 五月の風の中で、木津川土手の草花と遊びたい方は、次のリンクへどうぞ。
 ★2016年「立夏」へのリンクは → こちら
 ★2016年「立夏」追加へのリンクは → こちら 
Rikka2017009Rikka2017010Rikka2017011  

 

 

 

 

  ★2015年「立夏」へのリンクは → こちら 
  ★2014年「立夏」へのリンクは → こちら 
Rikka2017012Rikka2017013Rikka2017014

|

« 中原中也の詩を読む | トップページ | 定期診察(130)・今のまま様子を »

コメント

墓石さん こんばんは。(*^-^*)

宇治田原へ行けたのですね。良かったです!
私も行きたいのですが、眼の為に夫待ちです。

宇治田原の新緑は格別ですね。しかし近年は
全面的に菰を着せられるでしょ。多分今では
もう遅いでしょうか。

田んぼだけでも撮ってみたいです。
新緑の山、美しいですね。
墓石さんの田んぼの写真素敵です。♪

投稿: 輝子 | 2017年5月 5日 (金) 20時51分

輝子さん、こんばんは。
新緑の良い季節になりましたね。

宇治田原に行くには行ったんですが、ほとんど車で
通り抜けるだけです。
 写真を撮るのは、けっこう体力が要りますね。
被写体を捜したり、チャンスを待ったり、良いアン
グルを捜したりで…。体力がないと写真に集中でき
ないです。つくづく思います。

輝子さんは、目のことで運転は控えられているんですね。
ご主人の尻をたたかないと…。

投稿: 墓石 | 2017年5月 5日 (金) 22時02分

墓石さま こんばんは。

さわやかで新緑の美しい立夏の写真、
また、土手の花たちと風で遊んで
大いに楽しませていただきました。
ありがとうございます。

宇治田原の田んぼの稲の苗が大きくなって、
青田になって、稲刈りが始まる頃も
まだまだ見届けて頂きたいです。

今日はうっとうしいお天気でしたが、
月曜日は良いお天気だといいですね。
ご無事をお祈りしています。

投稿: ひかる | 2017年5月 6日 (土) 20時42分

ひかるさん、おはようございます。
コメントありがとうございます。

私は、痛みの出る間隔が次第に短くなり、昨夜から
今日の朝にかけて、痛みに苦しみました。
だんだん悪くなってきているようですね。
病院へ行くのが気が重くなってきましたよ。

今日は、連休の最終日。良い天気になりました。
ちょっと五月の晴れた日を楽しみたいです。
黄砂らしいですけどね…。

投稿: 墓石 | 2017年5月 7日 (日) 10時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522242/65238548

この記事へのトラックバック一覧です: 二十四節気「立夏」2017:

« 中原中也の詩を読む | トップページ | 定期診察(130)・今のまま様子を »