« 定期診察(128)・病気の最終状態は? | トップページ | 山村暮鳥の詩を読む »

2017年4月14日 (金)

桜散歩 ~パソコン上で~

 桜が満開の時期だというのに、曇りの日が続き、おまけに先日は、かなりの雨も降りました。昨日と今日は、朝からよい天気でしたが、体調がイマイチで撮影には出られそうにありません。私にとって、今年の桜は終わったようなものです。
 そこで、パソコン上で過去に撮影した桜で花見をすることにしました。

    ~♪ さまざまの 事おもひ出す 桜かな ♪~

  これは、松尾芭蕉の句ですね。人は、その人それぞれに想い出の桜があります。みなさんは、どんな桜が頭をよぎりますか。
 石川啄木は、桜をどのように歌ったのでしょうか? ちょっと興味が湧いて、岩波文庫「啄木歌集」に載せられている歌、数百首全部を検索してみました。ほとんど見つからないですね。やっと見つけた一首です。啄木は桜嫌いだった?
    ~♪ 花咲かば 楽しからむと思ひしに 楽しくもなし 花は咲けども ♪~
 貧困と苦しい闘病生活の中にあった死の前年の作ですね。 花より病苦?

  では、パソコン上の花見に出かけます。最初は、やはり木津川土手ですかね。
  ①「遙かな鉄路」。富野鉄橋を電車が行きます。手をつなぐ母と子が見ています。
  ②「高いたか~い桜」。桜見物の家族。子どもはどこでも主役。
  ③「夕桜」。夕日に輝いて、落花に手をさしのべる女性。
       ~♪うちとけて 我にちる也 夕ざくら ♪~     (高井几董)
Dote01Dote02Dote3  

 

 

 

   宇治田原町高尾です。高尾は霧の名所です。田原川から霧が湧いてきます。
  ①「山里に咲く」。霧の湧く小さな山里。小鳥の囀り。静寂。
  ②「霧の中に咲く」。空を指す杉木立。谷筋をから湧き上がる霧。
  ③「ライトライン」。向かいの山の斜面に咲く山桜。逆光で輝いています。
     ~♪桜花 いのち一ぱいに咲くからに 生命をかけて わが眺めたり♪~(かの子)
   岡本かの子さん、命をかけて眺める桜ってどんなんですか? もしか恋の歌?
Kouno101Kouno3_01Koun3_01  

 

 

 

   京都府南部最大(?)の桜名所、背割り堤。宇治川、木津川、桂川の三川合流地点。
  ①「春の休日」。のんびりと堤を散歩する家族。  
  ②「金色の道」。道も桜も黄金色に。背割り堤の夕刻。
  ③「春の黄昏」。暮れてゆく背割り堤。遠く木津川の流れ。
Sewarisakura_0041_01Sewarisakura_0071_01Sewarisakura_0112_01  

 

 

 

   次は、宇治川上流の天ヶ瀬ダム湖です。
  ①「春の放水」。天ヶ瀬ダムの春の放水です。雪解け水の水量調節。
  ②「光る風」。春風が、湖面に春の光を撒き散らし、吹き渡っていきます。
  ③「沸き立つ霧」。湖面から霧が沸き立ち、山の斜面を駆け上がります。
      ~♪桜花ちりぢりにしも わかれ行く 遠きひとりと 君もなりなむ♪~(迢空)
        今春知り合いが亡くなりました。
Ujigawa301Ujigawa201Ujigawa101  

 

 

 

   家の近くの鴻ノ巣山の桜と三ツ葉ツツジの競演。
  ①「競演」。三ツ葉ツツジと桜の競演。
  ②「躑躅道」。山頂をめざして登る二人。薄紫の花。続く道。
  ③「一休み」。昼寝から起きたところ? 
     ~♪春風の 花を散らすと見る夢の さめても胸の さわぐなりけり♪~(西行)
Knos3_01Knos101Konosyama6011_01  

 

 

 

   お終いは、宇治田原の里桜(八重桜)。八重桜は遅咲きですね。これからです。
    ~♪花にちる 人の心を引きとめて  しばしおくるる 八重桜花♪~(伊藤左千夫)
  ①「散歩道」。土手の道を車椅子で散歩です。介護中。
  ②「休日の子どもたち」。遊歩道をゆく子どもたち。どこへ?
  ③「八重桜の頃」。この時期は田植えの頃。夕日が沈むまで作業。
          ~♪ 日は高く 人それぞれに 桜かな ♪~   では。また。
Ujitbotan201Ujitbotan3_01Ujitbotan101

  

|

« 定期診察(128)・病気の最終状態は? | トップページ | 山村暮鳥の詩を読む »

コメント

墓石さま こんばんは。

パソコンで花見もいいですね。
今年は雨が続き、けっこう寒かったので
私も花見はできませんでしたので…

見ていると、不思議なことに桜の花の香りが
してくるんですよ!(桜餅の香り?)

石川啄木の歌、なんだか切ないですね。
辛くても草花を愛でる心は持っていたいですが、
私も貧乏や病気の辛さには勝てないかも…

病院帰りに、道端の草に目を留めておられる
墓石さまに、脱帽です。

桜は、寒さにあわないと咲かないって、どこかで聞きました。
桜さんにも、脱帽です。ありがとうございました。

投稿: ひかる | 2017年4月15日 (土) 20時51分

ひかるさん、こんばんは。
写真を見ていただきありがとうございます。

桜は冬の寒さを経験しないと咲かないらしいですね。
植物の不思議ですね。

病苦にはなかなか勝てませんね。
実は、今日夕方から、突然鼻血が出始めて止まりませんでした。
いつもは、滲む程度でチビチビなんですが、今日は外までダラダラ。
これは、救急車ものかかなと心配になってきていました。
今は、やっと落ち着いてきています。
雑草のように強く生きたいと思いますが、現実はなかなか・・・・。
なにしろ動揺しやすいたちなもので・・・・。

投稿: 墓石 | 2017年4月15日 (土) 22時05分

墓石さん おはようございます。(*^-^*)

暖かくて今が最も凄し安いでしょうか?
体調は如何でしょう。闘病は実に辛いでしょう。
風邪でもシンドイですから。また人間は心配という
ものが付きまといますからね。

先日、電話がかかり、写友からで胃癌が再発して、
全摘したとか。60代なんですけどね。

周辺の桜を隈なくゲットしてられ、今さらながら
写力を感じました。感動しつつ撮る桜は、こちらも
感動します。

今年は変わった所で桜に出会いました。宇治田原の野草に行きたいですが、さて?  祈っています。

投稿: 輝子 | 2017年4月17日 (月) 09時57分

輝子さん、おはようございます。

体中の骨が痛くなったり、高熱が出たり、鼻血が
止まらなかったり、毎日何かあります。
60才を過ぎると、人間何が起こってもおかしくないですね。
一日一日、感謝しながら生きるしかないですね。

宇治田原の野草ですか。いいですね。
今頃なら、シャガとか咲いていそうな気がします。

投稿: 墓石 | 2017年4月17日 (月) 10時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522242/65149294

この記事へのトラックバック一覧です: 桜散歩 ~パソコン上で~:

« 定期診察(128)・病気の最終状態は? | トップページ | 山村暮鳥の詩を読む »