« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月

2017年4月28日 (金)

故郷の父母の墓参り

 先日の定期診察は、私にとっては、ちょっと重要な意味がありました。
 まず、初めて輸血をうけました。輸血前がHb=5.6という状態だったため、輸血後は急に貧血症状が良くなったように思われました。
  毎日必ず発熱して体の骨が痛み出し、歩行も困難という症状について、私はものすごく異常性を感じていましたが、そのことについて医師の言葉がありました。
  「白血病への転化又は、骨髄のがん(骨髄腫)の可能性!」
  検査はこれからですが、もしこのことが正しければ、私に残された時間は極めて限られていることは明らかです。まあ、そうでなくても限られているんですけどね…。
 現時点では、輸血で貧血が少し改善し、骨の痛みは痛み止めで抑えることができています。この機会を逃すことはないですね。体が動ける間に父母の墓参りに行かねば・・・・。善は急げです。

  昨日、思い切って車で故郷、丹後半島を目ざしました。故郷の風景や親類、墓の中の父や母に最後のお別れを言うつもりです。

 人には、人それぞれに故郷があります。
 中原中也の「帰郷」では、挫折感と漂泊感を滲ませ次のように歌います。
   ~♪ ・・・・
      これが私の故里だ
      さやかにも風も吹いている
      ・・・・
      ああ おまえはなにをして来たのだと・・・・
      吹き来る風が私に云う       ♪~

 室尾犀星の「小景異情」は有名ですね。
   ~♪ ふるさとは遠きにありて思うもの
      そして悲しくうたうもの
            ・・・・                   ♪~

 井上靖は散文詩「ふるさと」の中で、~♪私の最も好きなのは、論語にある”父母国”という呼び方で、わが日本に於ても、これに勝るものはなさそうだ。
 ”ふるさと”はまことに”ちちははの国”なのである。
 ああ、ふるさとの山河よ、ちちははの国よ、風よ、陽よ。♪~  と詠っています。

 私の場合は、井上靖氏の「ああ、ふるさとの山河よ、ちちははの国よ、風よ、陽よ。」に大いに共感します。
 私は6人兄弟の末っ子だっために、多くの兄弟にまぎれて親孝行など考えたこともなかったです。初めての給料で親に何かプレゼントしたでしょうか。していません。親の誕生日なども意識したことはないです。母の日も…。親の愛を受け取るだけ受け取って、お返しは無しです。両親は何を思っていたのでしょう。考えると情けない気分です。

 昼頃海岸に到着しました。
 石室古墳がある岬の上では、ハマダイコンが出迎えてくれました。
 眼下に見えるのが「立岩」。海岸に立つ故郷のランドマークです。
 犬ヶ岬。三角形の岩が特徴的。子どものころからの見慣れた目印。
 墓に到着。花と線香を供えてお祈り。目を閉じて、脳裏に浮かぶ父と母に対面。
 この後、実家に寄り食事を頂きました。
Tango01Tango02Tango03  

 

 

 
   

 

 Tango04_2
  出発の時、町はずれの浜に夕日が沈みます。
  懺悔の一日は静かに終わっていきます。
  私は、父と母から許されたのでしょうか? 
  脳裏に浮かんだ父と   母は何故か無言。
  吹き去る風は何も云ってはくれません。

 

   ふるさとは遠きにありて思うもの そして悲しくうたうもの」。なのでしょうか?
ただ、後悔…。懺悔…。

 体の疲労度から言えば、かなり無謀な計画でした。   では。また。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年4月24日 (月)

定期診察(129)・輸血初体験

 今日はKS病院血液内科の定期診察でした。病院へは、今回も電車で向かいました。貧血症状が酷いので、駅の階段、病院へ向かう坂道など、ほとんど山登り状態でした。
 前回より、貧血症状はますます進んできました。指先が白くなりピリピリと痛みがあることがよくあります。体をちょっと動かしただけで、口で息をしてしまいます。

 さて、診察結果です。
  ★ヘモグロビンは、Hb=5.6でした。輸血必要ラインをかなり割ってしまいました。問診、触診の後、主治医の発した言葉は予想していませんでした。
   「入院してもらえますか?」
 輸血は覚悟していましたが入院とは!!  驚いて口ごもってしまいました。
 自分が何を話したのかよく自覚しないまま、話しの成り行きとして結論は、入院ではなく、外来で対応することになりました。

  ★膝や足、背中の骨が異常に痛み、38℃を超える発熱があることについて、さりげない言葉がありました。さりげなく聞いていましたが、後で考えると重要でした。
 「発熱と骨の痛みについて、白血病への転化や骨髄の癌化の可能性が考えられるので、近く骨髄の検査をもう一度やりましょう。」
 主治医が入院と言ったのは、これらの検査を含めて、「入院」という話しの流れであることが、後で冷静になって考えて分かりました。
 予期せぬことを言われると人は動揺しますね。
 積極的に入院に同意すればよかったのかな?
 しかし、他の病気への転化が分かったとしても、治療法は確立していないので、予後は大して変わらないと思いますね。
 いよいよ病気も大詰めという感じですかね。

     ★貧血がひどいので、ジャカビは一日1錠に減量です。

  【輸血初体験】
   予期していたとおり、輸血をしました。赤血球の成分輸血です。
 ☆主治医より、輸血による副作用の説明がありました。
  B・C型肝炎、エイズ、溶血反応、アレルギー・・など。数万回に1回の確率。
    発熱とじんま疹は、よくある副作用だそうです。などなど。 うわの空?
  同意書に署名しました。
 ☆三ヶ月後に、感染症の検査があるそうです。
 ☆輸血のための採血検査がありました。結果が出るまで待たされました。
 ☆輸血の点滴は、2時間ほどで終了しました。何もすることが無くもの凄く暇。
 ☆体の方は劇的に楽になりました。帰りはスタコラ電車で帰りました。
  駅の階段の息切れ感から推測すると、たぶんHb=7くらいに回復したかな?
  その後体調の変化は無しです。     
                   では。また。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年4月21日 (金)

二十四節気「穀雨」2017

 4月20日は、二十四節気の一つ「穀雨」でした。
 穀雨の頃は、変りやすい春の天気も次第に安定し、日差しも強くなってきます。柔らかな春の雨が降り、田んぼや畑の農作業も忙しくなってきます。
  ソメイヨシノなどの桜は終了し、遅咲きの八重桜の咲く頃です。
 土手では、黄色いカラシナの花が土手の斜面で風に揺れる頃です。

  「穀雨」の前日、無理をして宇治川の天ヶ瀬ダム湖周辺を車で走ってみました。足が痛くて少々痺れていますが、いつもよりは少しマシです。貧血症状のため、車を置いて、歩いて被写体を探すのは無理です。車の近傍のみ。当然ですが、妻の監視付きです。

 ダム湖をとりまく山の斜面は、春が少し遅れてやってきます。まだ山桜が残っていました。多くの木々が、芽を吹き始めています。間もなく新緑の時期ですね。
 芽吹く木々。青い湖面。。杉木立の中に山桜。
2017uji012017uji01_012017uji01_02  

 

 

 

   芽吹く木々の間に山桜。新緑に向かう山々。もう、新緑があふれる立夏の季節が始まっています。季節はどんどん進んでいきます。人を置き去りにして…。
2017uji01_042017uji01_052017uji01_03  

 

 

 

   停車したのは二ヶ所のみ。早々と引き揚げです。もう少し体調が良くなれば、撮影を楽しめると思いますが、今のところこれぐらいですね。早く横になりたい気分です。

 一応以下に、過去の「穀雨」へのリンクも貼っておきます。
  ★2016年の「穀雨」へのリンク → こちら
 土手には黄色いカラシナが満開です。
 キンポウゲやスイバ、ノアザミたちも
 立夏を目ざして広がってきました。
Kokuu002Kokuu003Kokuu001  

 

 

 

  ★2016年の「穀雨」追加へのリンク → こちら
 Kokuu004
  野の花特集。マツバウンラン。
  山吹の花。ミヤコグサ。
  ヘラオオバコ。待宵草など。

 

 

  ★2015年の「穀雨」へのリンク → こちら
 Kokuu005
  八重桜も満開に。
  桜が終われば土手はカラシナの世界。
    寺田芋の植え付け準備。

 

 

  ★2015年の「穀雨」追加へのリンク → こちら
 Kokuu006
  木津川土手のカラシナ。
  古川のカラシナ。
  鴻ノ巣山の八重桜。落花。

 

 

  ★2014年の「穀雨」へのリンク → こちら
 Kokuu007
  井出の玉川の山吹。
  カラシナ。
  鴻ノ巣山の八重桜。 

 

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年4月17日 (月)

山村暮鳥の詩を読む

 夭逝の詩人は、どのように死と向き合ったのでしょうか? 今回の夭逝詩人は、山村暮鳥をとり上げてみます。
 山村暮鳥を知らない日本人は少ないと思います。私と同世代の人は、名前くらいは必ず知っています。小学校の国語の教科書に、次の詩が取り上げられていました。
 ~♪ 「風景」
いちめんのなのはな
いちめんのなのはな
いちめんのなのはな
いちめんのなのはな
いちめんのなのはな
いちめんのなのはな
いちめんのなのはな
かすかなるむぎぶえ   ⇒☆
いちめんのなのはな

二連目の☆の部分では、「 ひばりのおしやべり」
三連目の☆の部分では、「 やめるはひるのつき」と少し変化するだけ。
 視覚的効果もねらった詩です。広々とした菜の花畑に、かすかな麦笛の音、ひばりの囀り、空には薄白く昼の月。静かな広がりの中にくっきりとした動的添景表現ですね。

  また、彼の最後の詩集『雲』もよく知られています。二つばかり紹介します。
   ~♪ 「雲」
丘の上で
としよりと
こどもと
うつとりと雲を
ながめてゐる       ♪~

 ~♪ 「雲」
おうい雲よ
いういうと
馬鹿にのんきさうぢやないか
どこまでゆくんだ
ずつと磐城平の方までゆくんか  ♪~

 山村暮鳥は、キリスト教の伝道師でした。「いちめんのなのはな」と詩集『雲』のイメージから、暮鳥は、信仰深いクリスチャンで、自然を愛する自然派詩人と思っている人もいると思いますが、それは少し違います。
 では、彼の生涯を年譜で概観しながら、作品を確認していきましょう。

 ★1884年 明治17年
  群馬県生れ。本名は土田八九十(つちだ・はつくじゅう)。複雑で貧しい家庭に生まれ、小作農の働き手をはじめとして、様々な職業を転々とながら底辺生活を送る。
  ★1903年 19歳
 東京府築地の聖三一神学校に入学。卒業後はキリスト教日本聖公会の伝道師として秋田、仙台、水戸などで布教活動に携わる。 ひそかに詩を作り始める。
  ★1910年 26歳
 自由詩社同人となり、官能謳歌的詩を発表し、上級牧師より警告を受ける。
  ★1913年 30歳
 愛欲的傾向の『三人の処女』発表。萩原朔太郎、室生犀星らと「人魚詩社」設立。
  ★1915年  32歳
 詩集『聖三稜玻璃』を出版。極端な象徴派的な異色の詩。悪評を受ける。
  ★1918年  35歳
 この年、結核のため喀血する。詩風は一変し、自然と人間への賛歌を歌いあげた人道主義的な傾向を強める。 『風は草木にささやいた』を発表。 
 翌年、結核のため伝道師を休職。
  ★1922年 39歳
 神を糾弾する『梢の巣にて』を刊行。
  ★1924年  40歳
 茨城県大洗町で死去。『雲』を編集。(死後一年後に出版)

 山村暮鳥はキリスト教の伝道師でありながら、彼の詩は、信仰とかけ離れた人間的欲望に根ざしたものでした。上級牧師より警告を受けたり、敬虔な信者から反発されたりしてトラブルにもなりました。詩集『聖三稜玻璃』からほんの少し一節を。
 ~♪ 「囈語」           *囈語 ←うわごと
 ・・・・
姦淫林檎
傷害雲雀(ひばり)
殺人ちゆりつぷ
墮胎陰影
騷擾ゆき
放火まるめろ
誘拐かすてえら。  ♪~

  人間の犯罪とそれから直感される言葉を並べた言葉遊びです。姦淫、殺人、墮胎……、いくら言葉遊びでも、聖職者としてこれはちょっとアウトでしょう。
 その後、暮鳥は作風を一変。今度は、自然と人間への賛歌を歌いあげる人間主義・人道主義というべき作風へと変化します。『風は草木にささやいた』より、一つだけ紹介してみます。大地と人間への賛歌です。
 ~♪ 「此處で人間は大きくなるのだ」
とつとつと脈うつ大地
その上で農夫はなにかかんがへる
此の脈搏をその鍬尖に感じてゐるか
雨あがり
しつとりとしめつた大地の感觸
あまりに大きな此の幸福
どつしりとからだも太れ
見ろ
なんといふ豐富さだ
此の青青とした穀物畑
このふつくりとした畝畝
このひろびろとしたところで人間は大きくなるのだ
おお脈うち脈うつ大地の健康
大槌で打つやうな美である      ♪~

 やがて、結核のため伝道師を休職します。そして、彼は神との訣別、神を糾弾する詩集『梢の巣にて』を発表します。この中の長編詩『荘厳なる苦悩者の頌栄』の一節を書き出してみましょう。
 ~♪ 荘厳なる苦悩者の頌栄
 ・・・・
神様
人間は自主です
もうあなたの奴隷ではありません
此の貴い崇高い力のうへに立つた人間
御覧ください
この人間のかゞやかしさを
光りかゞやく人間を
まるで神様です
 ・・・・
人間はめざめました
あなたはもう消えてなくならなければなりません
けれど神様
真のあなたである神様
理想としての神様
それをわたしはわれわれ人間にみつけました
眼ざめた人間がそれです
あなたに咀はれた此の大地を
ともかくも楽園とした人間です
その人間です
おゝ新しい神様                 ♪~

 神に呪われたこの大地を、ともかくも楽園としたのは人間であると…。もうかなり言いたい放題ですね。
 クリスチャン詩人八木重吉は、神に付き従うことにより、信仰と詩の矛盾を統一し、「宗教的自然派詩人」となりました。
 暮鳥は逆に、神を捨てるることにより、自然賛歌・人道主義へと到達したのです。詩集『雲』の世界は、信仰と人間主義を彼なりに統一した世界と言えます。彼は神から自立し、静かで心安らかな世界に到達したのです。
 人間派・自然派詩人、暮鳥の最後の詩集『雲』より、2つばかり紹介します。
  ~♪ 「ある時」
宗教などといふものは
もとよりないのだ
ひよろりと
天をさした一本の紫苑よ     ♪~

    ~♪ 「ある時」
またひぐらしのなく頃となつた
かな かな
かな かな
どこかに
いい國があるんだ           ♪~

 神から自立し、ひょろりと天をさした一本の紫苑。山村暮鳥はカナカナの声を聞きながら、どこかにあるいい国へと旅立ちました。 40歳でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年4月14日 (金)

桜散歩 ~パソコン上で~

 桜が満開の時期だというのに、曇りの日が続き、おまけに先日は、かなりの雨も降りました。昨日と今日は、朝からよい天気でしたが、体調がイマイチで撮影には出られそうにありません。私にとって、今年の桜は終わったようなものです。
 そこで、パソコン上で過去に撮影した桜で花見をすることにしました。

    ~♪ さまざまの 事おもひ出す 桜かな ♪~

  これは、松尾芭蕉の句ですね。人は、その人それぞれに想い出の桜があります。みなさんは、どんな桜が頭をよぎりますか。
 石川啄木は、桜をどのように歌ったのでしょうか? ちょっと興味が湧いて、岩波文庫「啄木歌集」に載せられている歌、数百首全部を検索してみました。ほとんど見つからないですね。やっと見つけた一首です。啄木は桜嫌いだった?
    ~♪ 花咲かば 楽しからむと思ひしに 楽しくもなし 花は咲けども ♪~
 貧困と苦しい闘病生活の中にあった死の前年の作ですね。 花より病苦?

  では、パソコン上の花見に出かけます。最初は、やはり木津川土手ですかね。
  ①「遙かな鉄路」。富野鉄橋を電車が行きます。手をつなぐ母と子が見ています。
  ②「高いたか~い桜」。桜見物の家族。子どもはどこでも主役。
  ③「夕桜」。夕日に輝いて、落花に手をさしのべる女性。
       ~♪うちとけて 我にちる也 夕ざくら ♪~     (高井几董)
Dote01Dote02Dote3  

 

 

 

   宇治田原町高尾です。高尾は霧の名所です。田原川から霧が湧いてきます。
  ①「山里に咲く」。霧の湧く小さな山里。小鳥の囀り。静寂。
  ②「霧の中に咲く」。空を指す杉木立。谷筋をから湧き上がる霧。
  ③「ライトライン」。向かいの山の斜面に咲く山桜。逆光で輝いています。
     ~♪桜花 いのち一ぱいに咲くからに 生命をかけて わが眺めたり♪~(かの子)
   岡本かの子さん、命をかけて眺める桜ってどんなんですか? もしか恋の歌?
Kouno101Kouno3_01Koun3_01  

 

 

 

   京都府南部最大(?)の桜名所、背割り堤。宇治川、木津川、桂川の三川合流地点。
  ①「春の休日」。のんびりと堤を散歩する家族。  
  ②「金色の道」。道も桜も黄金色に。背割り堤の夕刻。
  ③「春の黄昏」。暮れてゆく背割り堤。遠く木津川の流れ。
Sewarisakura_0041_01Sewarisakura_0071_01Sewarisakura_0112_01  

 

 

 

   次は、宇治川上流の天ヶ瀬ダム湖です。
  ①「春の放水」。天ヶ瀬ダムの春の放水です。雪解け水の水量調節。
  ②「光る風」。春風が、湖面に春の光を撒き散らし、吹き渡っていきます。
  ③「沸き立つ霧」。湖面から霧が沸き立ち、山の斜面を駆け上がります。
      ~♪桜花ちりぢりにしも わかれ行く 遠きひとりと 君もなりなむ♪~(迢空)
        今春知り合いが亡くなりました。
Ujigawa301Ujigawa201Ujigawa101  

 

 

 

   家の近くの鴻ノ巣山の桜と三ツ葉ツツジの競演。
  ①「競演」。三ツ葉ツツジと桜の競演。
  ②「躑躅道」。山頂をめざして登る二人。薄紫の花。続く道。
  ③「一休み」。昼寝から起きたところ? 
     ~♪春風の 花を散らすと見る夢の さめても胸の さわぐなりけり♪~(西行)
Knos3_01Knos101Konosyama6011_01  

 

 

 

   お終いは、宇治田原の里桜(八重桜)。八重桜は遅咲きですね。これからです。
    ~♪花にちる 人の心を引きとめて  しばしおくるる 八重桜花♪~(伊藤左千夫)
  ①「散歩道」。土手の道を車椅子で散歩です。介護中。
  ②「休日の子どもたち」。遊歩道をゆく子どもたち。どこへ?
  ③「八重桜の頃」。この時期は田植えの頃。夕日が沈むまで作業。
          ~♪ 日は高く 人それぞれに 桜かな ♪~   では。また。
Ujitbotan201Ujitbotan3_01Ujitbotan101

  

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年4月10日 (月)

定期診察(128)・病気の最終状態は?

 今日はKS病院血液内科の定期診察でした。病院へは、今回も電車で向かいました。貧血症状が酷いので本当に大変。泣きたくなるくらいです。タクシーにするのは、宇治、伏見方面の交通渋滞がひどく、時間が読めないです。血液検査に遅刻しそうです。可能な限り電車使用です。2週間ごとの修行ですね。しかし、もうかなり限界です。
 電車の中では、真新しい制服の高校生が目につきました。いいですね~♪

 さて、最近の症状は、前回と比べて貧血症状がすすみました。自宅の二階へ上がるのも、息切れ、足のだるさ、軽い頭痛です。

 診察結果です。
 ★ヘモグロビンは、Hb=6.2でした。前回より0.4も減少です。当然に輸血の話しが出ましたが、6.0を切るまでは先送りをするという結論になりました。医学的にみて、できることなら輸血は避ける方がよい、という見解に賛同しました。しかし、つらい。

 ★血小板は11万/μlのまま横ばいでした。CRPとLDHも横ばい。ジャカビは、効いているのかな? ウーン。
 ★貧血がひどいので、ジャカビは、現状のまま一日3錠です。

  【病気の最終状態は?】
 今回もまた、病気の最終状態について質問してみました。
 私の症状として、毎日のように夕方になると発熱が始まり、足の骨、背中や胸の骨が痛み出します。発熱は38℃~39℃。ほとんど歩行不能状態になります。ロキソニンで何とか治まりますが、もしこの状態が終日におよべば、これはもう地獄(ちょっと大げさか?)ですね。最終的には、緩和ケアのある病院に移る必要があるのか心配になります。
  そこで質問を切り出してみました。
 「この痛みがどんどん酷くなって、モルヒネとか必要になってきますか? この病気の最後は、痛みとの闘いになりますか?」
  「それはないです。この病気の最後は『ショウ??』です。」
 医師の言葉を聞き漏らしました。たぶん『ショウモウ』と言ったような気がしました。思わず、「エッ!!」という声が出てしまいました。
 「体がだるくなって、どうしようもなくなる状態です。・・・白血病に移行する人もいるし、肺炎を起こす人もいるし、人によってそれぞれ様々ですが・・・。」
  と言うことです。どうやら、この痛みがどんどん強くなって最後を迎えるということは無さそうです。私は痛みは苦手なのでちょっと安心かも・・・。しかし、この得体の知れない『消耗』とやらで死ぬのもどんなものなんでしょうね。
 『消耗(?)』という言い方があるのには、ちょっと驚きました。
 考えると、ちょっと消耗する質問でしたね。

  帰りも電車で帰りました。時間は十分あるので、トボトボ歩きです。
 しかし、ゆっくりと歩いていると、今まで気付かなかったものに気付きます。
  白い綿毛をつけたオニタビラコやハルノノゲシ。道端のコンクリートの割れ目に、たくましく精一杯咲いていました。   では。 また。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年4月 5日 (水)

二十四節気「清明」2017

 4月4日は、二十四節気の「清明」でした。若葉が萌え、花は咲き、鳥は歌い、万物が一年中で最も清らかな時期です。
 今年は寒い日が続き、春が少し遅れていたようです。京都南部では、桜はまだ満開とはいきません。三部咲きといったところでしょうか。

 4日の「清明」当日は、朝から空は晴れ渡り暖かい一日となりました。私は午前中、日の当たる物干し台で読書をしました。空を見上げると青い空が広がり、雲が流れてゆきます。あまりに春らしい日なので、耐えきれず一大決心をしました。ちょっと大げさですが・・。数ヶ月ぶりに撮影に行こうと・・・。 貧血は最悪の状態ですが・・・。
 散歩写真の自己ルールからはずれますが、車で木津川土手に上がり、車の周辺だけで撮影するつもりです。自転車で散歩しながら行くなど到底無理です。
 桜はまだ十分に咲いていないですが、早咲きの陽光桜なら満開になっているはずと睨みました。土手には、2本だけですが、陽光桜があります。
 午後から出かけました。カメラを持つと突然、人が変わったように無鉄砲になる私を監視するため、妻もくっついてきました。 ウーン・・。

  狙い通り陽光桜は満開でした。散歩する人や春休みの子どもたちも行き交い、のどかな春の一日です。 中原中也の一節。
 ~♪ ああ、しづかだしづかだ
    めぐり来た、これが今年の私の春だ。
    むかし私の胸博つた希望は今日を、
    厳めしい紺青となつて空から私に降りかかる  ♪~
0035dote440040dote440049dote44  

 

 

 

 

   ヒヨドリでしょうか、鳥たちも蜜をなめにやってきました。
 木の周囲には、黄色いタンポポが咲き乱れています。
 木の下を通り、曲がりくねった土手の道が遙かにつながっています。この道を走りたい衝動にかられます。道の先にあるものが何であろうと・・・。 
0104dote44_20030dote44_20053dote44_7  

 

 

 

 

   土手の斜面では、オオイヌノフグリとオランダミミナグサが春の歌の二重唱。
 ツクシも出ていました。今季初のツクシです。最後のツクシかも・・・。
0095dote440078dote440085dote44  

 

 

 

 

 

  0091dote44
 ホトケノザも、たくさんの手を挙げて、喜びの声を上げているようです。
一日中、ここで過ごせたらどんなにか幸せでしょうか。
 しかし、貧血の息切れ、目まい、足の痺れが限界です。土手の斜面を上がり下がりして、被写体を探すのは、今の私にとって思った以上に過酷です。わずか30分程度の短い時間でしたが、「清明」の日の一時を楽しみました。  

 

 

   過去の「清明」へのリンクもつけておきます。
  2016年の「清明」へのリンクはこちらから → こちら
2016年の「清明」では、茨木のり子さんや石垣りんさんの詩を引用して、ツクシなどの野の花、桜やカラシナの風景を楽しむことができます。
Seimeilink001Seimeilink002Seimeilink003  

 

 

 

   2016年の「清明」追加①へのリンクはこちらから → こちら
 Seimeilink004
 野の草花たち。ムラサキサギゴケ、カラスノエンドウなど。
大榎の芽吹き。
桃の花。 

 

 

    2016年の「清明」追加②へのリンクはこちらから → こちら
 Seimeilink005
  鴻ノ巣山の三ツ葉ツツジ。

 

 

 

   2016年の「清明」追加③へのリンクはこちらから → こちら
 Seimeilink6
  雨の日の桜。
  散りゆく桜。 

 

 

 

   2015年の「清明」へのリンクはこちらから → こちら
   Seimeilink007土手の桜。
 落花。
 上田敏の訳詩。志賀直哉「早春の旅」の紹介。  

 

 

    2014年の「清明」へのリンクはこちらから → こちら
   Seimeilink008桃の花。
 三つ葉ツツジ。
 ツクシなど土手の草花。桜。

 

 

   2013年の「清明」へのリンクはこちらから → こちら
  Seimeilink009_2土手の桜。桃の花。
 文化パルクの桜。
 古川土手。柳、桜。 

 

 

   2012年の「清明」へのリンクはこちらから → こちら
 Seimeilink010
 宇治田原高尾の桜。霧風景。
青谷梅林の霧風景。 

 

 

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »