« 石川啄木詩集・歌集を読む | トップページ | 定期診察(128)・病気の最終状態は? »

2017年4月 5日 (水)

二十四節気「清明」2017

 4月4日は、二十四節気の「清明」でした。若葉が萌え、花は咲き、鳥は歌い、万物が一年中で最も清らかな時期です。
 今年は寒い日が続き、春が少し遅れていたようです。京都南部では、桜はまだ満開とはいきません。三部咲きといったところでしょうか。

 4日の「清明」当日は、朝から空は晴れ渡り暖かい一日となりました。私は午前中、日の当たる物干し台で読書をしました。空を見上げると青い空が広がり、雲が流れてゆきます。あまりに春らしい日なので、耐えきれず一大決心をしました。ちょっと大げさですが・・。数ヶ月ぶりに撮影に行こうと・・・。 貧血は最悪の状態ですが・・・。
 散歩写真の自己ルールからはずれますが、車で木津川土手に上がり、車の周辺だけで撮影するつもりです。自転車で散歩しながら行くなど到底無理です。
 桜はまだ十分に咲いていないですが、早咲きの陽光桜なら満開になっているはずと睨みました。土手には、2本だけですが、陽光桜があります。
 午後から出かけました。カメラを持つと突然、人が変わったように無鉄砲になる私を監視するため、妻もくっついてきました。 ウーン・・。

  狙い通り陽光桜は満開でした。散歩する人や春休みの子どもたちも行き交い、のどかな春の一日です。 中原中也の一節。
 ~♪ ああ、しづかだしづかだ
    めぐり来た、これが今年の私の春だ。
    むかし私の胸博つた希望は今日を、
    厳めしい紺青となつて空から私に降りかかる  ♪~
0035dote440040dote440049dote44  

 

 

 

 

   ヒヨドリでしょうか、鳥たちも蜜をなめにやってきました。
 木の周囲には、黄色いタンポポが咲き乱れています。
 木の下を通り、曲がりくねった土手の道が遙かにつながっています。この道を走りたい衝動にかられます。道の先にあるものが何であろうと・・・。 
0104dote44_20030dote44_20053dote44_7  

 

 

 

 

   土手の斜面では、オオイヌノフグリとオランダミミナグサが春の歌の二重唱。
 ツクシも出ていました。今季初のツクシです。最後のツクシかも・・・。
0095dote440078dote440085dote44  

 

 

 

 

 

  0091dote44
 ホトケノザも、たくさんの手を挙げて、喜びの声を上げているようです。
一日中、ここで過ごせたらどんなにか幸せでしょうか。
 しかし、貧血の息切れ、目まい、足の痺れが限界です。土手の斜面を上がり下がりして、被写体を探すのは、今の私にとって思った以上に過酷です。わずか30分程度の短い時間でしたが、「清明」の日の一時を楽しみました。  

 

 

   過去の「清明」へのリンクもつけておきます。
  2016年の「清明」へのリンクはこちらから → こちら
2016年の「清明」では、茨木のり子さんや石垣りんさんの詩を引用して、ツクシなどの野の花、桜やカラシナの風景を楽しむことができます。
Seimeilink001Seimeilink002Seimeilink003  

 

 

 

   2016年の「清明」追加①へのリンクはこちらから → こちら
 Seimeilink004
 野の草花たち。ムラサキサギゴケ、カラスノエンドウなど。
大榎の芽吹き。
桃の花。 

 

 

    2016年の「清明」追加②へのリンクはこちらから → こちら
 Seimeilink005
  鴻ノ巣山の三ツ葉ツツジ。

 

 

 

   2016年の「清明」追加③へのリンクはこちらから → こちら
 Seimeilink6
  雨の日の桜。
  散りゆく桜。 

 

 

 

   2015年の「清明」へのリンクはこちらから → こちら
   Seimeilink007土手の桜。
 落花。
 上田敏の訳詩。志賀直哉「早春の旅」の紹介。  

 

 

    2014年の「清明」へのリンクはこちらから → こちら
   Seimeilink008桃の花。
 三つ葉ツツジ。
 ツクシなど土手の草花。桜。

 

 

   2013年の「清明」へのリンクはこちらから → こちら
  Seimeilink009_2土手の桜。桃の花。
 文化パルクの桜。
 古川土手。柳、桜。 

 

 

   2012年の「清明」へのリンクはこちらから → こちら
 Seimeilink010
 宇治田原高尾の桜。霧風景。
青谷梅林の霧風景。 

 

 

 

|

« 石川啄木詩集・歌集を読む | トップページ | 定期診察(128)・病気の最終状態は? »

コメント

墓石さん こんばんは。(*^-^*)

良かったですね!撮影に行けたのですね!!
久し振りで楽しかったでしょう。
撮影になると豹変。それ解ります。
私もその様ですよ。自分では解らないですが。
奥様も着いてこられたのが凄く解りますよ。
良かったですね。

ソメイヨシノはどうなんでしょう。近所の公園では咲い
てると家族の者がいうのですが、さて?

今忙しいのですよ。疲れました。

投稿: 輝子 | 2017年4月 5日 (水) 19時13分

輝子さん、こんばんは。

久々の撮影でした。天気も良かったです。
しかし、土手の斜面は大変でした。写真の撮影が
こんなに体力を使うとは思っていませんでした。
立ったり座ったり、息を止めたり、短時間なのに
ものすごく消耗しました。帰って寝込みました。
妻の監視付きなので、ゆっくりもできなかったです。

ソメイヨシノは、今週の日曜あたり満開かも・・?

投稿: 墓石 | 2017年4月 5日 (水) 20時48分

墓石さま 
久しぶりにお出かけできて
よかったですね。
貴重な写真をありがとうございます。

奥様もご一緒にお花見ができてよかったですね。
陽光(幸)桜も、ヒヨドリも
土手のお花やつくしも、皆愛おしいですね。
花たちが、ホントに喜んでいるみたいです。


なんだか、今年の気候は不安定ですが、
貧血の方はどうか回復して安定しますように。


投稿: ひかる | 2017年4月 5日 (水) 22時23分

ひかるさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

桜や土筆に会えて、ちょっと涙が出そうに
なりました。そのまま、草の上で寝ていたい
と思いました。

ところで、先日NHKのテレビ番組を見ました。
雑草絵本の甲斐信枝さんが出ていましたね。
驚きました。良かったです。
あらためてお礼を言わせていただきます。
ありがとうございました。

投稿: 墓石 | 2017年4月 5日 (水) 22時38分

久々の外での撮影、良かったですね!そちらはほんとに春!ですね。気持ち良さそう。こちら飯綱も暖かくなりましたが、まだ庭は一部地面が顔を出しているだけです。でも雪がとけた処からカタクリの芽が二つ、リュウキンカの葉も伸びて来ています。やがてショウジョウバカマ、カッコソウ、イカリソウ、ミスミソウ等の春の花々が咲きだすのが楽しみです。

投稿: 西河礼子 | 2017年4月 6日 (木) 17時13分

墓石さま こんにちは。

今日は雨が降ってきました。
桜も、咲こうか散ろうか、
迷っちゃいますね。

「オランダミミナグサ」は初めて拝見しました。
でも、2014年の「清明」で、いわれもしっかり
教えてくださっていた花だったんですよね。

まとめて、載せてくださっているので、
とってもとっても、ありがたいです。
今までの分、まだ全部拝見できていないので。

小さな草花の世界に、とても慰められます。
たかが「ざっそう」、されど「ざっそう」ですね。clover
しんどいでしょうけれど、熱にも負けず、
痛みにも負けず、過ごせますように。

投稿: ひかる | 2017年4月 6日 (木) 18時54分

西河さん、こんばんは。
お久しぶりですね。

信州の山手では、雪解けの頃ですか。
遅い春が少しずつ近づいているんですね。
カタクリやリュウキンカですか。
私の住むところでは、なかなかお目にかかれないです。

私は、昨年の末頃から急に病状が進行して、貧血が
ひどく、ヨロヨロと生活しています。
京都方面に来られる機会があれば、またお会いしたい
ものです。

投稿: 墓石 | 2017年4月 6日 (木) 20時37分

ひかるさん、こんばんは。
写真を見ていただきありがとうございます。

夜になり、雨になりましたね。静かです。

今日は大仕事を済ませました。風呂に入ることです。
息が切れるので、風呂に入るのがちょっと大変。
気持ちは良いんですが、疲れます。ものすごく…。

桜は土日あたりに満開になるような気がします。
車から見られる場所を探そうかな、と思っています。

投稿: 墓石 | 2017年4月 6日 (木) 20時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522242/65110721

この記事へのトラックバック一覧です: 二十四節気「清明」2017:

« 石川啄木詩集・歌集を読む | トップページ | 定期診察(128)・病気の最終状態は? »