« 高見順著「死の淵より」を読む③ | トップページ | 定期診察(124)・骨髄生検と白血病検査 »

2017年2月 6日 (月)

二十四節気「立春」2017

 2月4日は、二十四節気の立春でした。春の始まりの日です。
 立春当日は、穏やかに良く晴れましたが、私は体調不良のため、ほとんど引きこもり状態で、物干し台から空を眺めるだけでした。こんなにも晴れた春の始まりの日に、散歩もできないとは残念です。
 というわけで、今回も過去の記事へのリンクのみです。

    2016年の「立春」へ → こちら
2016risshun4031 ナズナ、ホトケノザ、タンポポ。咲き始めた春の花に出会えます。
石垣りんさんの「二月のあかり」を紹介。

 

 

     2016年「立春」の追加へ → こちら
2016risshuntuik5011_2  梅や水仙。土手の空。
石垣りんさんの「たんぽぽ」を紹介しています。

 

 

      2015年の「立春」へ → こちら
Risshun701_011  土手の上に広がる青い空。山村暮鳥さんの「空」を紹介。
農作業の始まった田んぼの風景。 

 

 

      2014年の「立春」へ → こちら
Risshun8021 ネコヤナギやモクレンの花芽。
夕空を群舞する鳥たち。

 

 

       2013年の「立春」へ → こちら
Risshun7_0011_3  この頃良く写していた対岸の人影。
雨の鴻ノ巣山。 

 

 

       2012年の「立春」へ → こちら
Risshun991_0021  枯れた田んぼや土手の風景。
夕日の土手。 

 

 

       2011年の「立春」へ → こちら
Arisshun_0311  宇治田原の凍る滝。
この頃の写真の方が、何か写真らしいですね。

|

« 高見順著「死の淵より」を読む③ | トップページ | 定期診察(124)・骨髄生検と白血病検査 »

コメント

墓石さん おはようございます。(*^-^*)

寒い毎日で立春なんて言えない日々です。
兎に角外へ出たくないですね。

散歩が出来ないのはつらいでしょ。長くカメラを
触っていますと、物足りない事でしょう。
お察しします。

夫も風邪をこじらせ寝ています。
私が倒れるかと思っていましたが解らないものです。
墓石さんも元気に春を迎えられますように。

投稿: 輝子 | 2017年2月 7日 (火) 10時01分

輝子さん、おはようございます。

毎日、ちょっと辛い闘病生活になっています。
夜が怖いです。なかなか寝られなくて・・・。
写真の撮り方を忘れそうです。

輝子さん、砂漠の写真拝見してますよ。
いいですね。

投稿: 墓石 | 2017年2月 7日 (火) 10時19分

墓石さま こんばんは。

立春の風景、ぜいたくに楽しませていただきました。
2011年~2013年は、初めて拝見しました。

2013年の夕日、2012年のガマの綿毛の赤ちゃん
2011年の氷の世界、とってもいいですね!
ありがとうございます。

ところで「自分との和解」ですか…
私は自分の理想と現実とギャップがありすぎて…
目をつぶって居直って生きています。

墓石さまは、まじめで誠実なお人柄だから
「敵」がいたとしても好感をもたれているように思います。

通院日、暖かくなるといいですね。
穏やかな日々でありますようにお祈りしています。

投稿: ひかる | 2017年2月11日 (土) 22時03分

ひかるさん、おはようございます。
今頃の時間に、私の一日が始まります。
コメントありがとうございます。

昨夜は、熱と寝汗、悪夢と戦いました。
毎日不眠状態です。家に引きこもっているので
筋力の低下も心配です。

高見さんの詩を読んで、「自己との和解」というフレーズが、
頭に浮かびました。これが正しい読み方かどうかは分かりません。
「神との和解」ということについても、勉強しました。
いろいろ勉強になりました。

温かい春が待ち遠しいです。

投稿: 墓石 | 2017年2月12日 (日) 11時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522242/64858474

この記事へのトラックバック一覧です: 二十四節気「立春」2017:

« 高見順著「死の淵より」を読む③ | トップページ | 定期診察(124)・骨髄生検と白血病検査 »