« 二十四節気「大寒」2017 | トップページ | 高見順著「死の淵より」を読む① »

2017年1月30日 (月)

定期診察(123)・貧血さらに進む

 今日はKS病院血液内科の定期診察でした。
  ショボショボと雨が降り、濃霧に覆われた暗い一日でした。

  最近の症状としては、37.5~38.2℃の発熱が続いています。午前中は平熱なのに夜になると発熱することが多いです。
 異常な体のだるさ。貧血症状。寝汗。不眠。背中や腹の違和感。つらい日々が続いています。貧血症状が一番つらいかな? いや、熱かな?

 さて、診察結果です。
 貧血は、さらに悪化して、0.2下がってHb=7.6でした。さらなる悪化です。もちろん、赤血球数も減りました。
 血小板は25万/μlでほぼ横ばいです。
  CRPとLDHは、過去最高を更新して上昇中です。
  今回の血液検査項目の中に、膵臓の腫瘍マーカーが入れられていましたが、正常値でした。膵臓癌は心配ないそうです。
 発熱の原因として、感染症の可能性も考えられるので、抗生物質を服用することが決まりました。2週間後の次回の診察までです。

  主治医から突然、予期せぬ説明があり驚きました。
     ★この病気は、数%の確率で白血病に転化することがある。
   ★赤血球などが減っているにもかかわらず、白血球数が上昇している。
   ★次回の血液検査の項目に、この検査のための項目を入れる。
ということです。どんな検査か聞くのを忘れました。ちょっと動揺したのかな?
この病気から白血病に転化した場合は、病気の終着点の一つで、予後不良です。

 何か調子の良い話しとか、面白い話しは無いですね。高リスク患者の闘病記なので、暗くて当然といえば当然ですね。
 あっ、そうだ。今日は雨上がりに虹を見ました。久しぶりでした。

  結論として、薬は、2cap/1週間。バイアスピリン(抗血小板剤)。アマリール(血糖降下)。ミカルディス(血圧降下)。ガスター(胃薬)。フェブリク錠(尿酸降下)。以上に加えて、難しい名前の抗生物質です。
                             では。 また。

|

« 二十四節気「大寒」2017 | トップページ | 高見順著「死の淵より」を読む① »

コメント

墓石さん こんばんは。(*^-^*)

昨夜おそく帰って来ました。高低の激しい国で、
疲れまして、夫婦共に故障が出来たけど、仕方ないです。

砂漠では年に1度しか雨が降らないらしく、それを
旨く貯蔵して生き延びて来られた古代の方に頭が
下がります。
イスラエルの方は雨降りを思いにふけり見るとか。
雨は命の水ですよね。

投稿: | 2017年2月 1日 (水) 22時22分

輝子さん、おはようございます。

イスラエルからお帰りなさい。
聖地巡礼の旅は、いかがでしたか。
きっと、実りある旅だったとご推察します。
砂漠とか、建築物とか、異国情緒のあふれた
写真を拝見しに伺います。

投稿: 墓石 | 2017年2月 2日 (木) 11時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522242/64830236

この記事へのトラックバック一覧です: 定期診察(123)・貧血さらに進む:

« 二十四節気「大寒」2017 | トップページ | 高見順著「死の淵より」を読む① »