« 二十四節気「小雪」2016 | トップページ | 定期診察(120)・貧血と病気進行 »

2016年11月28日 (月)

二十四節気「小雪」2016続き

 一つの記事につき、写真は30枚以下と自己規制していますので、写真が少し残りました。残りの写真で、二十四節気「小雪」をもう少し続けます。

 木津川土手の上に立って眺める草原です。傾きかけた日の光を受けて、葦やオギが風に揺れています。見えない風が光りとなり、燦めきながら広がっていきます。ぼんやりと見ていると、様々の思いが通り過ぎていきます。河原の葦やオギは、歌謡曲や短歌、小説などもにも取り上げられてきました。なかでも、小野十三郎の詩集、「大阪」や「風景詩抄}は、名作だと思います。「大阪」の中から一つ。
  ~♪ 「葦の地方」
        遠方に
    波の音がする。
    末枯れはじめた大葦原の上に
    高圧線の弧が大きくたるんでいる。
    地平には
    重油タンク。
    寒い透きとほる晩秋の陽の中を
    ユーファウシャのやうなとうすみ蜻蛉が風に流され
    硫安や 曹達や
    電気や 鋼鉄の原で
    ノヂギクの一むらがちぢれあがり
    絶滅する     ♪~

 小野十三郎は、大阪の重工業地帯に広がる荒涼とした葦原に、異常な工業化、軍需産業の拡大という近代資本主義の発展と荒廃を見ました。日本が戦争を拡大していった時代の詩ですね。
 現代はどうでしょうか?  私たちは、この葦原に何を見ているのでしょう?
Shousetu2016b101Shousetu2016b102Shousetu2016b101_01  

 

 

 

   遠くから見る流れ橋です。葦やオギが夕陽に照らされて輝いています。
 女性二人。母と子が橋を渡っています。温かい光に包まれていますね。
Shousetu2016b202Shousetu2016b201Shousetu2016b201_01  

 

 

 

   長谷川河口付近の柿の木です。見えている町は、対岸の京田辺です。
 土手の上の夕焼け空です。 風が冷たいです。 
 久人ぶりに八木重吉さんです。
         ~♪  夕焼け
     じっと自分を見据えて
     冬を昨日今日とすごして行くと
     こんな綺麗な夕焼けにはうっとりする  ♪~
Shousetu2016b301Shousetu2016b302Shousetu2016b303  

 

 

 

   次は、文化パルク城陽の紅葉(黄葉)。桂の木、メタセコイア、桜などです。
 家の近所なので時々出かけています。図書館もあり、お世話になっています。
Shousetu2016b401Shousetu2016b401_01Shousetu2016b401_02  

 

 

 

 

   街の中に落葉広葉樹があるのはいいですね。こぢんまりとした会館ですが、ちょっとホッとするような別空間が生まれています。
Shousetu2016b501Shousetu2016b501_01Shousetu2016b501_02  

 

 

 

 

   明るい小春の日を浴びて、ベンチに座って、ゆっくり本でも読みたい気分です。温かい光と一緒に過ごしたいですね。
    ~♪ 光  八木重吉 
    ひかりとあそびたい
    わらったり
    哭いたり
    つきとばしあったりしてあそびたい  ♪~
Shousetu2016b601_01Shousetu2016b602Shousetu2016b602_01  

 

 

 

   子どもが水上の舞台の上で遊んでいます。無邪気。この後、子どもは舞台から転げ落ちて、母親が駆け寄ってきました。大丈夫だったようです。泣かなかったのが偉い!
Shousetu2016b701Shousetu2016b603_01Shousetu2016b603  

 

 

 

 

   このあと紅葉が終わると、冬にまっしぐらですね。散歩に出る元気があるかどうか不安です。なんとか、良い天気を希望します。雨の日に出かける元気は無いです…。
       では。 次の節気は「大雪」です。
Shousetu2016b801_01Shousetu2016b801Shousetu2016b802

|

« 二十四節気「小雪」2016 | トップページ | 定期診察(120)・貧血と病気進行 »

コメント

墓石さん こんばんは。(*^-^*)

冬型の天気で寒いですね。でもまだ最高13度は
寒冷地と比べたら幸いでしょう。

木津川はやはり大きな河川、芦原が凄いですね。
また夕日はいつもダントツです。
1度行ってみたいと思いながらなかなか夕方は。。。

この時期何故かおセンチになって、ものの哀れ
とか感じます。冬は嫌いです。寒がりで何処へも
行きたくない。最低気温が零下2度位になる時
があるでしょ。あれが嫌ですね。

最近の暑さにも困ったものですが。
もう暫く、秋の風情を楽しみましょうね。

投稿: 輝子 | 2016年11月29日 (火) 18時51分

輝子さん、こんばんは。

今日は何か薄ら寒い日でしたね。
図書館に本を借りに行っただけで、あとは引きこもり生活でした。
輝子さんは寒いのは苦手でしたか。私も、近年寒さ嫌いになっています。
冷えると足が痺れてきます。
明日の朝は冷えるらしいですよ。

輝子さんの宇治田原写真続いていますね。良いですね。

投稿: 墓石 | 2016年11月29日 (火) 20時53分

墓石さま こんばんは。

葦とオギの風景に、圧倒されました。
寂寥感というか…近づき難いというか…
でも実際は、暖かくて柔らかい風景なのでしょうか。
お散歩している人や犬を、やさしく包んでいるようにも見えます。

それにしても、いろいろな詩を御存じなのですね。
風景にぴったりで、教えられることが多いです。

私も小春日和のお散歩、
空を眺めてボ~っとする時間が好きです。
寒くなったらポットのコーヒーでも飲んで…
でも、世間も国会も忙し過ぎますね。
すっかり置いてけぼりです。

この冬も、どうかお元気で過ごされますように。

投稿: ひかる | 2016年12月 2日 (金) 22時04分

ひかるさん、こんばんは。
写真を見ていただきありがとうございます。

貧血の体調不良で苦しんでいます。
今日は、久しぶりに良い天気だったので、無理して出かけてきました。
児童公園で落ち葉と遊んだり、ゆっくり、のんびり、
空を眺めてきました。ちょっと心の洗濯になりました。

詩はよく読んでいますが、抽象的な現代詩はどうも苦手ですね。

IR法案あっという間に採決終わりましたね。
年金カット法案も。
何だか危険な方向ですね。何か気分が落ち着かないです。

ひかるさんも、元気にお過ごし下さいね。


投稿: 墓石 | 2016年12月 2日 (金) 22時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522242/64554711

この記事へのトラックバック一覧です: 二十四節気「小雪」2016続き:

« 二十四節気「小雪」2016 | トップページ | 定期診察(120)・貧血と病気進行 »