« 二十四節気「立冬」2016前編 | トップページ | 定期診察(119)・再び貧血 »

2016年11月12日 (土)

二十四節気「立冬」2016後編

 二十四節気「立冬」2016の後編です。
 もう少し、土手近くの田んぼの散歩を続けます。

 休耕田にジュズダマが実をつけています。下から見上げると、青空に祈っているように見えます。子供の頃、これを糸に刺して数珠のようにして遊びました。今の子は、たぶん誰も知らないと思います。ジュズダマの栽培種は、ハトムギ茶のハトムギですね。
 田んぼの上で虫を探すセキレイ。 至近距離。
 枯れた蓮田で、寒そうな蓮の花托を発見。
Rittou2016b201Rittou2016b201_01Rittou2016b201_02  

 

 

 

 

   蓮田のわずかに残された水溜まりに、アメリカザリガニ。間もなく水が枯れます。冬眠に入るのでしょうか? 枯れ草で刺激すると、怒ってはさみを振り上げています。
 カマの穂も、風が吹くと盛んに種子をまき散らしています。
 水の豊富な水路では、まだまだミゾソバの花が咲いています。
Rittou2016b101Rittou2016b101_02Rittou2016b101_01  

 

 

 

   耕作放棄地の草むらは、もう完全に冬枯れ状態です。小春日の光を乱反射して光っています。夕陽の頃になると一層、侘びしさがつのります。こんな場所に立つと、芭蕉の辞世の句が思い出されます。
    ~♪ 旅に病んで 夢は枯れ野を かけめぐる ♪~   (芭蕉)
Rittou2016b301Rittou2016b302Rittou2016b301_01  

 

 

 

   では、ここからは、土手の写真を紹介します。
 最初は、コブシの実です。拳のように握られたコブシの実から、赤い種子が紐付きで出てきます。まるで、これは人の誕生と同じですね。
 吉野弘さんの詩を思い出します。次女・万奈さんが生まれたときの詩です。
  ~♪  「創世記」     (吉野弘)
「お嬢さんですよ」
両掌の上にお前をのせて
産婆さんは私の顔に近づけた

お前のおなかから
ふとい紐が垂れ下がり
母親につながっていた
 ・・・・
あれは、たのもしい命綱で
多分
母親の気持を伝える電話のコードだったろう
   ・・・・
そのコードの切れ端は
今、ひからびて
「万奈臍帯納」と記された桐の小箱の中にある

小箱を開くたびに私は思いえがく
ちいいさな創世記の雲の中
母親から伸びたコードの端で
空を漂っていたお前を                ♪~

 土手の上には青い空が大きく広がり、遠い憬れを産み落としそうな白い雲が流れていきます。
Rittou2016b401Rittou2016b401_01Rittou2016b402  

 

 

 

   土手下の畑にコスモス。土手を見上げて撮ります。ランニングの女性が行きます。
  土手の上から見ると、冬への準備は着々と進んでいます。傾きかけた日の色は赤みを帯び、初冬のもの悲しさを演出してくれます。
Rittou2016b501Rittou2016b502Rittou2016b503_2  

 

 

 

   夕方の土手は、けっこう賑やかです。犬の散歩。ランニング。
Rittou2016b601_01Rittou2016b602Rittou2016b603  

 

 

 

   夕陽の時、薄雲が広がっていて彩雲が見られました。
 オギ原に潜み、夕陽を見守っているように見えるスズメ。 孤独?
 オギも雲も夕陽も一体となって、オギ原に夕陽が沈んでいきます。
Rittou2016b703Rittou2016b701Rittou2016b702  

 

 

 

   夕陽で金色に輝くオギ原です。
 いつの季節の夕陽もいいものです。夕焼けの情景は、文学や絵画や歌などに取り上げられています。例えば、夕焼けは一日の労働の終わりの時です。安息、祈りです。ミレーの「晩鐘」の世界ですね。
 また、夕焼けは、郷愁を呼び起こしてくれます。日の暮れるまで遊んでいた子供時代。その時見た夕焼け。「赤とんぼ」や「夕焼け小焼け」の世界ですね。
  明日への希望、別離、祈り、安息、郷愁、憧憬、漂泊感・・・・。
Rittou2016b801_02Rittou2016b802Rittou2016b801  

 

 

 

   オギ原に沈む夕陽と夕焼け雲。
 夕焼けは夏の季語だそうですが、これには、少し異議ありです。
 清少納言も書いています。「春は曙・・・夏は夜・・・秋は夕暮れ」と…。
  初冬の夕焼けもなかなかなものです。
Rittou2016b901_01Rittou2016b901Rittou2016b901_02  

 

 

 

   日が沈むと、しだいに夜の闇が迫ってきます。
 ある詩の一節です。        谷川俊太郎「ある世界」。
  ~♪ 夜のおとずれを待ちながら
     夕焼雲のかなたに
          私はひとつの世界を見る      ♪~
 次の節気は、「小雪」です。     では。また。
Rittou2016b9101Rittou2016b9102Rittou2016b9101_01

|

« 二十四節気「立冬」2016前編 | トップページ | 定期診察(119)・再び貧血 »

コメント

墓石さん こんばんは。(*^-^*)

季節と共に変わる夕方の風情いいですね。
アメリカザリガニの威喝、凄い!
ススキも綺麗になりましたね。小鳥が止まり
旨くキャッチできましたね。

夕焼け、、、秋のものです。土手に人々が
行き交いいいですね、、、
夕日もススキと相まって面白い。

私も画像が無くなすのに、宇治田原もなかなか
行けなくなりました。眼を注意するでしょ。
夫を待ってたらなかなか行けないですワ。

投稿: 輝子 | 2016年11月12日 (土) 18時10分

輝子さん、こんばんは。

今日は良い天気でしたね。紅葉も始まってきました。
宇治田原の柿の撮影に行きたいですが、まだ行けていません。
やはり、体調(貧血)が思わしくないです。
今日も自転車で流れ橋まで行ってきましたが、息が切れて
休み休みでした。カメラを捨てる日が近づいているような
気がします。ちょっと弱気です。

今年は、自転車で背割り堤は、ちょっと無理なような気がしています。

投稿: 墓石 | 2016年11月12日 (土) 19時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522242/64478080

この記事へのトラックバック一覧です: 二十四節気「立冬」2016後編:

« 二十四節気「立冬」2016前編 | トップページ | 定期診察(119)・再び貧血 »