« 二十四節気「立冬」2016後編 | トップページ | 久々の流れ橋2016 »

2016年11月14日 (月)

定期診察(119)・再び貧血

 今日はKS病院血液内科の定期診察でした。今日は、駅が大混雑。どうやら紅葉の観光シーズン到来のようです。帰り、少々雨に遭いました。貧血で息が切れるので、走ることができず濡れました。

 さて、診察結果です。
 貧血症状が強く出ていたので、Hbは低いことを予想していましたが、やはりHbは8.6に減少していました。
 赤血球の数の変動とHbの数値の変動が一致していないことについて質問してみましたが、これは、血液の病気の人にはごく普通のことらしいです。

 血小板は、40万/μlで横ばいです。
  LDH、γGTP、尿素窒素、クレアチニンなどは、相変わらず異常値のまま。LDHは、過去最高の超高値更新。
 診察の後に気付きましたが、なぜかCRPも高値になっていました。これは、どういうことでしょうか? 次回に質問してみます。
  引き続き、薬は合計6種類。アグリリン4cap/3day。バイアスピリン(抗血小板剤)。アマリール(血糖降下)。ミカルディス(血圧降下)。ガスター(胃薬)。フェブリク錠(尿酸降下)。

   【Hbのグラフ】
 Nagarebashi301_03
Hb値の数年分をグラフにしてみました。
 上がり下がりをくり返しながらも、長期低落傾向であることがよく解ります。アグリリンの開始は、2015年の8月からですが、グラフの変化から、アグリリンもかなり貧血の副作用があると思われます。
 右下がりのグラフを延長していくと、来年の4月あたりでHb=8.0になると予想されますね。このあたりで輸血とか始まるのかな? 予想が外れてほしいですが、さてどうなるんでしょうね。           では。また。

|

« 二十四節気「立冬」2016後編 | トップページ | 久々の流れ橋2016 »

コメント

墓石さん こんにちは。(*^-^*)

貧血は息切れがして難義ですね。
医学が進み早く癒されてほしいですね。
まだ癒されない病が多くあるのを知り、
祈っています。私もそうですが。

今朝、連れて貰ってですが、宇治田原へ行きました。
禅定寺に高速が通るとは聞いていましたが、
いつもの右折する道があり、柿の多い
場所があるでしょ。お向かいに高速が通るのか、
工事してました。多分高尾からここへ入るのか?
高尾の上は大丈夫でしょう。

行けるように心から祈っています。

投稿: 輝子 | 2016年11月16日 (水) 16時23分

輝子さん、こんにちは。

宇治田原に行かれましたか。それは、良かったですね。
私も、近々行きたいと思います。
自転車で背割り堤より、車で宇治田原の方が体の負担が少なそうです。
宇治田原に高速道路ですか。
しばらく行ってないうちに、ずいぶん変わっているかもしれないですね。
情報をありがとうございました。

投稿: 墓石 | 2016年11月16日 (水) 18時04分

墓石さま こんばんは。
満員電車と雨降り、大変でしたね。

今年はアッという間に冬を迎えました。
このままアッという間に春になって欲しい気もしますが、
Hbは、どうかこれ以上下がることがありませんように
お祈りいたします。

厳しい時代、美しい風景に本当に心が慰められます。
そうそう、こぶしのへその緒には、びっくりしました。
私の2016年度の「びっくり大賞」です。
来春は是非「こぶしの花」を見つけて、実が成るところを見届けたいです。

どうかご無理をなさらず、お元気でお過ごしくださいね。

投稿: ひかる | 2016年11月17日 (木) 21時32分

ひかるさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

Hbが下がると、ほんとに病人だという自覚が高まり、
少々落ち込みます。今年の冬が乗り切れるだろうかと
弱気が出てきたりします。なんとか頑張りたいです。

こぶしの実は、直ぐに鳥に食べられて、気がつかないうちに
無くなってしまいますので、ご注意を。

ひかるさんも、元気でお過ごし下さい。

投稿: 墓石 | 2016年11月17日 (木) 22時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522242/64493542

この記事へのトラックバック一覧です: 定期診察(119)・再び貧血:

« 二十四節気「立冬」2016後編 | トップページ | 久々の流れ橋2016 »