« 二十四節気「寒露」2016 | トップページ | 楜澤能生著「農地を守るとはどういうことか」 »

2016年10月16日 (日)

二十四節気「寒露」2016続き

 「寒露」の続きです。田んぼ道の散歩をさらに続けましょう。
 野菊(ヨメナ)が咲いています。周囲には、ツユクサも広がっています。草むらは、明るい秋の陽を受けて、秋の花の二重唱です。 曲名は、「純愛」?
Kanro2016a101Kanro2016a102Kanro2016a101_01  

 

 

 

   日本の秋の野に欠かせないは、やはり野菊です。野菊といえば、私の世代では、伊藤左千夫の「野菊の墓」ですね。   ちょっと抜き書きしてみます。
 ~♪ 
 野菊がよろよろと咲いている。・・・・
 僕は一寸脇へ物を置いて、野菊の花を一握り採った。・・・・
 「まア政夫さんは何をしていたの。私びッくりして……まア綺麗な野菊。・・・政夫さん、私ほんとうに野菊が好き」
「僕はもとから野菊がだい好き。民さんも野菊が好き……」
「私なんでも野菊の生れ返りよ。野菊の花を見ると身振いの出るほど好もしいの。どうしてこんなかと、自分でも思う位」
「民さんはそんなに野菊が好き……道理でどうやら民さんは野菊のような人だ」
 民子は分けてやった半分の野菊を顔に押しあてて嬉しがった。・・・・
 二人はしばらく無言で歩く。・・・真に民子は野菊の様な児であった。・・・♪~

 純粋な愛を育む政夫と民子。封建社会の壁が、身分の違う二人を引き裂き、不幸な死をとげてしまう民子。悲しみと後悔を湛え、民子の墓の周囲に咲き乱れる野菊。・・。
  「野菊の墓」、今でも読まれているんでしょうかね?
Kanro2016a201Kanro2016a202Kanro2016a203  

 

 

 

   水路の脇にニラの花が咲いています。 セセリチョウ(?)
 エノコログサにもチョウが来ています。 蝶の名前は、ちょっとお手上げ。
Kanro2016a301Kanro2016a302Kanro2016a301_01  

 

 

 

   古川の土手に、一本の楠が植えられています。市の名木の二代目を移植したものだそうです。まだまだ小さい木ですが、良い雰囲気で立っています。
 ここで、八木重吉の詩を一つ。
  ~♪ 「木」  八木重吉
     はっきりと
    もう秋だなとおもうころは
    色色なものが好きになってくる
    明るい日なぞ
    おおきな木のそばにへ行っていたいきがする  ♪~

 八木さんの第一詩集は、「秋の瞳」でした。八木さんにとって秋は特別な季節だったようです。秋の明るく透明な光。青い空。流れる白い雲。果実。草花。
 四季折々の自然の営みと一体化し、自然を通して神の存在を感じとっていた八木さん。「宗教詩人」であると同時に、「自然派詩人」と言えそうです。
 エノコログサも、マルハルコウソウも木に寄り添って咲いています。
Kanro2016a401Kanro2016a402Kanro2016a401_01  

 

 

 

   今年は、ちょっと異常気象だったようです。古川土手のしだれ桜が、季節はずれの花をつけました。秋に桜とは珍しいです。
Kanro2016a501Kanro2016a502Kanro2016a503  

 

 

 

   コスモスが咲いています。空は一面のうろこ雲です。うろこ雲は、雨を知らせる雲。悲しみをはらんだ雲。 八木さんなら、この雲を見てどんな詩を紡ぎ出すのでしょうか? ちょっと近い詩を拾ってみます。 
 ~♪ 「彫られた 空」 八木重吉  
 彫られた 空の しずけさ
 無辺際の ちからづよい その木地に
 ひたり! と あてられたる
 さやかにも 一刀の跡    ♪~

  八木さんの詩は、すじ雲のイメージですね。空を彫刻するもの。 神?
Kanro2016a601Kanro2016a702Kanro2016a703  

 

 

 

   土手で撮った写真も紹介しましょう。
 ~♪ 「白い 雲」   八木重吉
   秋の いちじるしさは
   空の 碧を つんざいて 横に流れた白い雲だ
   なにを かたっているのか
   それはわからないが
   りんりんと かなしい しずかな雲だ  ♪~

  風になびくオギの上に青い空が広がり、白い雲がながれていきます。「りんりんと かなしい しずかな雲」? 八木さんの言う雲はどんな雲? 
 ヌスビトハギと雲。  地には季節はずれのブタナ。 異常気象?
Kanro2016a801Kanro2016a801_01Kanro2016a802  

 

 

 

   今の時期、土手の主役はセイタカアワダチソウです。
 コブシの実も赤く秋を演出。遠くに稲刈りの人も見えます。しかし、この辺りではコブシは、この木一本だけ。
Kanro2016a901Kanro2016a902Kanro2016a901_01  

 

 

 

   夕陽の時間になりました。エノコログサもオギも金色に輝き始めました。
  少しひんやりとして、虫の声に気付きます。
Kanro2016a9101_01Kanro2016a9101_02Kanro2016a9101  

 

 

 

    一本の巨木の中に、日が沈みます。今日の一日が、終わろうとしています。
   明日も充実した一日でありますように・・・。     次の節気は、「霜降」です。
Kanro2016a9201Kanro2016a9202Kanro2016a9201_01


|

« 二十四節気「寒露」2016 | トップページ | 楜澤能生著「農地を守るとはどういうことか」 »

コメント

墓石さん こんばんは。(*^-^*)

野菊、、、いいですね。私も大好きな花です。
野道にひっそりと咲いていじらしいですね。
民さんもきっとそんな女性だったのでしょうね。

八木重吉さんの詩がまたいいですね。
自然を賛美し、神を賛美されたのでしょう。

1年で過ごしやすい季節です。
体調は如何ですか。
私は遠出していちじ食欲がなく、どうしようかと
心配しましたが、美しい自然を見たら、元気になりました。
爽やかな秋を健やかに過ごされますように。

投稿: 輝子 | 2016年10月16日 (日) 23時30分

輝子さん、こんにちは。

輝子さんは、志賀高原方面に行かれたようですね。
すばらしい写真を拝見しました。
今後、徐々にアップされることと思います。
期待しております。

私の方は、相変わらず近所をウロウロしています。
帯状疱疹にかかり、チクチクした痛みで苦労しています。
撮影は、休業状態です。

投稿: 墓石 | 2016年10月17日 (月) 14時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522242/64356729

この記事へのトラックバック一覧です: 二十四節気「寒露」2016続き:

« 二十四節気「寒露」2016 | トップページ | 楜澤能生著「農地を守るとはどういうことか」 »