« 鈴木大裕著「崩壊するアメリカの公教育」感想 | トップページ | 二十四節気「秋分」2016続き »

2016年9月28日 (水)

二十四節気「秋分」2016

  9月22日は、二十四節気の「秋分」でした。
 今年は、台風の通過と秋雨前線の影響ですっきりしない天気が続きました。おまけに私は、微熱が続き、貧血の息切れもあり体調が悪かったです。二週間以上も散歩写真に出られていませんでした。
  23日は、天候が少し回復しました。体調は良くなかったですが、今を逃せば、今年は彼岸花を見ずに終わってしまうという危機感で、無理をして撮影に出かけてきました。別に彼岸花を見なくても一年は終わるんですけどね・・・。
 野の花も私を待ってくれているような気がしますもので・・・。 勝手に妄想?

 では、~♪ 野に咲く花のように ♪~を心の中で歌いにながら出かけましょう。
    ~♪ 野に咲く花のように風に吹かれて
     野に咲く花のように人を爽やかにして
     そんな風にぼく達も
     いきてゆけたらすばらしい
     時には暗い人生も 
     トンネルぬければ夏の海
     そんな時こそ野の花の
     けなげな心を知るのです ♪~
                   この曲を聴きたい方は→こちらから

  住宅街を出て田んぼに出ます。稲の穂は実りに感謝して深く頭を下げています。
 水田雑草のヒレタゴボウも、黄色い花を咲かせて応援です。 農家の方は大迷惑?
Shuubun2016102Shuubun2016101Shuubun2016103  

 

 

 

   ヌスビトハギやヒメジョオンの咲くたんぼ道を進みます。
 適当な草むらに入って、小さな花のアップを狙います。通りすがりのおばさんに怪しまれないように気を遣います。時々、「何か居るんですか?」と聞かれたりします。「ただの雑草です。」と言うと、呆れられたりします。
Shuubun2016201Shuubun2016202Shuubun2016203  

 

 

 

   この草むらでは、ヌスビトハギの薄いピンクが美しいです。
 イヌホウズキが咲いています。花びらがみんな反っくり返って、緊張感? 自己主張?に溢れています。ブドウのような美味しそうな実ができていますが、これは猛毒。食べると子どもには命の危険があるとか・・・。私は子どもの頃、ヤツデやウツギの実など、とにかく実は食べるなと、厳しく言われて育ちました。 田舎の知恵?
Shuubun2016301Shuubun2016302Shuubun2016303  

 

 

 

   水田雑草のイボクサも、チャッカリと稲穂にまぎれて薄紫の可憐な花をつけました。ツユクサと同じ仲間の花です。あまりにもけなげな野の花ですね。
 人は時として、野の花に自分の気持ちを重ね、自らの人生を見つめ直してきました。野の花との対話ですね。 ~♪ 時には暗い人生も・・♪~   
 ツユクサも水田に侵入すれば、立派な水田雑草です。けなげというより、チャッカリとして、ひょうきんな感じです。
Shuubun2016401Shuubun2016402Shuubun2016403  

 

 

 

   畑に植えられていた菊の花を画面いっぱい、着物の模様のように撮ってみました。
 道端には、ニラの花。見た目は清楚な感じです。 匂いはニンニク。
 いつもの土手下の田んぼです。この様子だと稲刈りも近そうです。
Shuubun2016501Shuubun2016501_01Shuubun2016501_02  

 

 

 

   ここで土手に上がります。いつもなら、寺田桜堤に彼岸花が咲いているはずです。
 桜堤で今年初の彼岸花に出会えました。まだよく咲いています。間に合いました。私を待っていてくれたようです。 ~♪ 野に咲く花のように人を爽やかにして ♪~・・・と、かってに感謝。 ただし、私は人を爽やかにするうな生き方はしてこなかったような気が・・・? 今更遅いですが。
Shuubun2016601Shuubun2016602Shuubun2016603  

 

 

 

   アゲハも来てくれました。
 二匹目のアゲハが接近!
Shuubun2016703Shuubun2016701Shuubun2016702  

 

 

 

   アッー! アゲハは、連れもってどこかへ飛び去って行きます。ウーン、残念。
 花よりも、やはり恋ですね。 人も同じ?
 散歩の人が通りました。  孤独なヌスビトハギ。
Shuubun2016801Shuubun2016802Shuubun2016803  

 

 

 

 

 

 

 

   桜堤から土手を南へと走ります。土手の下に水主神社が見えてきました。水主神社にも彼岸花があったはずです。ちょっと立ち寄ります。
 水主神社の入り口の田んぼは、ナナなんと、一面草はらです。 ・・・・!!
 以前、この田んぼの老夫婦に写真を撮らせていただき、自宅まで写真を届けたことがあります。 どうかされたのでしょうか? それとも単なる減反? 気になります。
 水主神社でも彼岸花に出会えました。    次回に続きます。
Shuubun2016901Shuubun2016902Shuubun2016903

|

« 鈴木大裕著「崩壊するアメリカの公教育」感想 | トップページ | 二十四節気「秋分」2016続き »

コメント

墓石さん こんばんは。(*^-^*)

ウカウカしてる間に、秋もたけなわ?
随分蒸し暑く豪雨でしたね。
私は昨日は網膜注射しての帰りは豪雨で
怖かったですよ。JRも普通だったとか。
今日も心配しましたが、晴れて良かったです。

野草も墓石さんの☚にかかると何と美しい!
彼岸花に出会え良かったですね。
宇治田原にもあるでしょ。行きたいですが、
自分での運転はこの目では心配もあるので、
如何なものかと。

これから秋を撮って下さいね。体調が整えられ
ますように。

投稿: 輝子 | 2016年9月29日 (木) 17時47分

いつもの間違えです。
普通でなく、不通です。
そそっかしく失礼おば。

投稿: 輝子 | 2016年9月29日 (木) 17時54分

輝子さん、こんばんは。

彼岸花を撮りに行った後は、再び引きこもり生活です。
宇治田原に行きたいですが、なかなか行く気になれないです。
もうすぐ柿のシーズンです。その頃までには体調が良くなって
ほしいものです。

輝子さんは、目に心配があるとは、写真をするには困ったものですね。
私もパソコンの画面を見ていると、ものすごく目がかすんで困っています。

 最近、雨が多いです。雨もいいですが、秋晴れの澄んだ青空を
希望します。

投稿: | 2016年9月29日 (木) 20時25分

墓石さま こんばんは。

彼岸花、なんと美しい!
相棒の田んぼがなくなっていくのは淋しいですが、
アゲハ蝶のデートの待ち合わせ場所にぴったりですね。
それにしても、蝶?の恋路はじゃまできませんね。

♪ 野に咲く花のように~ 雨に打たれて
 …時にはつらい人生も
  雨のちくもりで また晴れる~♪ 

早く晴れの日が来ますように。
貧血もよくなられますように。

投稿: ひかる | 2016年9月29日 (木) 22時02分

ひかるさん、おはようございます。
コメントありがとうございます。

今日は涼しい朝です。日差しも少しあるようです。
少し散歩に出たいと思いますが、めまいがして、
結局、今日も引きこもり生活になりそうです。
また、台風が接近中とか。彼岸花は終わりそうな気がします。
秋晴れの下を風を感じながら散歩したいものです。

投稿: 墓石 | 2016年9月30日 (金) 10時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522242/64269094

この記事へのトラックバック一覧です: 二十四節気「秋分」2016:

« 鈴木大裕著「崩壊するアメリカの公教育」感想 | トップページ | 二十四節気「秋分」2016続き »