« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

2016年8月29日 (月)

二十四節気「処暑」2016後半

 「処暑」の後半です。木津川土手までの田んぼや街の中に咲く花が中心です。
 今年は処暑と言っても、暑い日が続いています。

 季節はいつも、新たにやってくるものと去ってゆくものが行き交う交差点です。出会いと別れの交差点です。
 では、去りゆく夏の風景から紹介します。
 盛り上がる入道雲。夏の花、向日葵。ちょっとうつむき加減に見えるのは気のせいでしょうか?
Shosho2016k101_02Shosho2016k101Shosho2016k101_01_2
  

 

 

  
  水性植物を専門とするT園芸社の栽培田に、アメリカミズアオイ、スイレンなどが咲いています。空には夏の雲、水面に雲が映り夏らしい雰囲気です。
Shosho2016k201Shosho2016k201_01Shosho2016k202  

 

 

 

   文化パルク城陽の池にも睡蓮が咲いています。スイレンは涼しげで、夏にの水辺には最適ですね。
Shosho2016k303Shosho2016k301Shosho2016k302  

 

 

 

   親子がスイレンの池を覗きにやってきました。桂の木の黄葉が始まっています。桂の木は秋を語り、少女の麦わら帽は夏を語っています。 夏の終わりの一コマ。
 こちらのイチョウの葉は、まだまだ青いです。
Shosho2016k401Shosho2016k401_01Shosho2016k401_02  

 

 

 

   今年は、蓮の花がまだまだ元気です。夏を演じてくれています。
Shosho2016k501_01Shosho2016k501Shosho2016k502  

 

 

 

   蓮の葉の上で蛙が哲学中です。蓮の花の出荷はお盆までで、もう間もなく蓮の季節は終わりです。疲れ果てた蓮の花托も目立ってきました。
Shosho2016k601Shosho2016k601_01Shosho2016k601_02  

 

 

 

 

   田んぼでは、稲の穂がついて花が咲いています。間もなく実りの時期に入ります。稲が黄色くなれば秋本番です。
 稲にまぎれて、水田雑草たちもチャッカリ生活しています。次の一枚目の写真は、カンガレイと言うそうです。不思議な姿をしています。「イ」は、イ草の「イ」です。
 二枚目と三枚目はヒレタゴボウ(?)です。休耕田などは、あっという間にこの植物に占領されてしまいます。私たち人間は、大地を使わせていただいている存在です。使わなくなれば、あっという間に草たちに権利が移っていくのです。
Shosho2016k701_02Shosho2016k701Shosho2016k701_01  

 

 

 

   畑の雑草、嫌われもののワルナスビが咲いています。ナスの花に似た可愛い花ですが、全身が針で覆われ、除草剤も効かず、刈っても刈っても、根の一部が残っているだけで、次の年には再生してくるそうです。西欧では、悪魔のトマト(devils tomato)と呼ばれているそうです。
旧約聖書創世記によれば、禁断の実を食べたアダムとエバは楽園から追放されます。
 【第3章、17,18,19節 ~(神は)更に人に言われた、「・・・・食べるなと、わたしが命じた木から取って食べたので、地はあなたのためにのろわれ、あなたは一生、苦しんで地から食物を取る。地はあなたのために、いばらとあざみとを生じ、あなたは野の草を食べるであろう。あなたは顔に汗してパンを食べ、ついに土に帰る、あなたは土から取られたのだから。・・・・」。】
  この時以来、人は茨や薊などの雑草に苦しめられることが運命づけられたようです。ワルナスビも、この時に生じた雑草に違いないですね。 試練の雑草?
 茨も薊もワルナスビも花は可愛いです。 可愛い悪女? 
Shosho2016k801Shosho2016k802Shosho2016k801_01  

 

 

 

   嫌われものの花と言えば、ヘクソカズラです。あまりにもひどい名前ですが、この呼び名は、万葉の頃からの伝統です。万葉集では、屎葛(くそかずら)で登場します。
 高宮王(たかみやのおおきみ)の歌です。
  ~♪ さう莢(けふ)に 延(は)ひおほとれる屎葛  絶ゆることなく宮仕へせむ ♪~
 「さう莢」は、棘の有る植物。そんな植物にからみついてでも、宮仕えしますよという、ゴマすり官僚の歌ですね。繁殖力は旺盛。  今も同じ?
 マルバルコウソウも咲いています。この花は、江戸時代に観賞用として日本来たそうですが、今では野生化しています。姿に似合わず、たくましい野生派指向です。
Shosho2016k901Shosho2016k902Shosho2016k901_01  

 

 

 

   お別れの三枚は、エノコログサ、水路脇の赤まんま、第ニ名神工事現場。
     次の節気は、「白露」です。   では。また。  
Shosho2016k9101Shosho2016k9101_02Shosho2016k9101_01   

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2016年8月26日 (金)

二十四節気「処暑」2016

 8月23日は、二十四節気の「処暑」でした。江戸時代の暦便覧によれば、「 陽気とどまりて、初めて退きやまんとすれば也」です。今年は暑い日が続いていましたが、ようやく残暑も先が見えてきたようです。
 早速、今の時期の木津川土手をご案内しましょう。

 土手の上に、一本のコブシの木があります。その木に赤い実ができました。
 私は花の名前などにはまったく興味のない人間でしたので、初めてコブシの花を知ったのは、笠木透というフォークシンガーが作詞・作曲した「私の子供たちへ」という曲からでした。        この曲を聴きたい方は → こちらから
      ~♪ 生きている鳥たちが
      生きて飛びまわる空を
      あなたに残しておいて
      やれるだろうか 父さんは
      目をとじてごらんなさい
      山が見えるでしょう
      近づいてごらんなさい
      コブシの花があるでしょう ♪~

 コブシはモクレン科の花。つぼみは、その中に固く花を握りしめている・・・、子どもの未来や平和の願いを込めて・・・、とかってに思いこんでいました。しかし、少し後になって、コブシの実を見てすべてが理解できました。コブシの名前の由来は、つぼみではなく実だったのですね。固く握られた拳のような実から、やがて赤い種子が現れてきます。コブシは、幼い命の種をしっかりと握りしめているのです。
Shosho201601Shosho201602Shosho20162  

 

 

 

 

   原発事故や安保法が施行された現代の世にあって、私の拳の中には、しっかりとした何かが握られているのでしょうか? ・・・。 子供たちの未来や平和や豊かな自然と言ったような何かが・・・?
 時期外れのつぼみのようなものが、日の光に輝いています。
Shosho2016203Shosho2016201_01Shosho2016201_02  

 

 

 

 

   ヤマボウシの実も、どんどん赤くなり始めました。
 今頃、時期遅れのヤマボウシの花が咲いています。どうやらこの花には、季節の便りが少し遅れて届いたたようです。茨木のり子さん流に言えば、へまな郵便配達夫のせいなのでしょうね。
 この小さな花を見ていると、何故か神奈川県の障害者施設の大量殺人事件が頭をよぎりました。犯人は、自分の行為は社会から支持されていると供述しているそうです。犯人は、どこでそのような考えを抱くようになったのでしょうか? 人間の価値が経済的価値のみにより測られ、人権よりも経済的利益が優先される、そんな社会になっているのではないのか・・・。私は不安です。
 この花は、ものすごく小さい花ですが、確かにヤマボウシの花ですね。
Shosho2016301Shosho2016302Shosho2016301_01  

 

 

 

   詩人の吉野弘さんは、春に顔を出す土筆のことを次のように詠いました。
  ~♪ つくし
     土筆
     土から生えた筆
     ・・・・
     つくし 土筆
     光をたっぷりふくませて
     光を春になすっています   ♪~
 春にはつくし、秋になると土手に出てくるのはツルボです。ほんとに筆みたいな形をしています。
Shosho2016501Shosho2016501_01Shosho2016401_03  

 

 

 

   ツルボは、初秋の空に何という文字を書いているのでしょうね?
 しみじみと夏の遺言? 秋の実り? それとも、虫への応援歌? 
Shosho2016402_3Shosho2016401_3Shosho2016501_02  

 

 

 

 

   土手を散歩する人がいます。暑いですが、空の青さが秋を知らせています。
Shosho2016601Shosho2016603Shosho2016602  

 

 

 

   夏の終わりと言えば、子どもたちにとっては夏休みの終わり、宿題が気にかかる時期です。宿題大丈夫ですか~~?
Shosho2016701_01Shosho2016701Shosho2016701_02  

 

 

 

   日が傾いてきました。茶畑のシートが金色に輝き始めました。
 ツルボやアカツメグサも金色に照らされています。
Shosho2016801Shosho2016802Shosho2016803  

 

 

 

   ツルボは直立して、暮れてゆく空に向かって一斉に習字を始めました。
 一日の出来事。楽しかったこと。悲しかったこと。今日も生きられたこと。
Shosho2016901_01Shosho2016902_01Shosho2016901Shosho2016902  

 

 

 

 

   日が沈みました。見上げると、鳥たちが群れとなり、ねぐらへと急いでいます。
 ツルボもセイバンモロコシも、揺れながら別れを告げています。
   今日はここまでです。        ・・・後半もあります。
Shosho20169102Shosho20169101Shosho20169103

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2016年8月22日 (月)

定期診察(115)・貧血改善せず

 今日はKS病院血液内科の定期診察でした。残暑の厳しい一日でした。
 暑さと貧血のため、駅の階段で足がだるくて止まりそうになりました。貧血はかなり厳しい検査結果が予想されます。

 さて、診察結果です。
 Hbは8.6で、過去最低水準の横ばいです。赤血球数は、前回より減少しました。
 アグリリンを隔日で1錠に減らしたにもかかわらず、貧血は続いています。
 かなりつらいです。家でゴロゴロ生活している分については、特に困ることはないですが、長時間の散歩となるとつらいです。
 血小板の方は、アグリリンを減らしたにもかかわらず37万/μlで、前回より減少しました。

  血小板の減少と貧血が、徐々に進んでいることはちょっと心配です。
  「これは病気進行のサインですか?」と、あらためて質問してみましたが、
 「なぜそんな質問をするんですか?」と、逆に質問を返され言葉に詰まりました。
 結局、薬の副作用によるものという説明でしたが・・・。
 ウーン!! かみ合った質問は難しいですね。ズバリといかないと・・・。
 
  LDH、γGTP、尿素窒素、クレアチニンなどは、相変わらず異常値のまま。医師からのコメントは無しです。

  薬は合計6種類。アグリリン2cap/dayと1cap/dayを交互に。バイアスピリン(抗血小板剤)。アマリール(血糖降下)。ミカルディス(血圧降下)。ガスター(胃薬)。フェブリク錠(尿酸降下)。

 帰りは前回同様、京都駅前の大垣書店で本を購入しました。
                    では。 また。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2016年8月13日 (土)

二十四節気「立秋」2016後半

 「立秋」後半の写真です。
 今の時期、土手の斜面は、セイバンモロコシなどの背の高い草で覆い尽くされています。まさに「夏草」と呼ばれる草たちです。何かを拒むかのように、荒涼として生い茂る夏草。この草たちを好きな人は少ないと思います。
  芭蕉は、~♪ 夏草や兵どもが夢の跡 ♪~ と詠みました。栄華の夢破れ、その跡に、人の世の無常感を湛えて生い茂る夏草たちです。
 長田弘さんの詩にも、「草が語ったこと」という詩があります。
 ~♪ 草が語ったこと      
   空の青が深くなった。
   木立の緑の影が濃くなった。
   日差しがいちめんにひろがって、
   空気が一団と透明になった。
   どこまでも季節を充たしているのは、
   草の色、草のかがやきだ。
   風が走ってきて、走り去っていった。
   時刻は音もなく移っていった。
   ・・・・
   ひとが一日と呼んでいるのは、
   ただそれきりの時間である。
   ただそれきりの一日を、
   いつから、ひとは、慌しく
   過ごすしかできなくなったのか?
   ・・・・ひとは、
   なにも壊さずにいることができない。
   草は嘘をつかない。うつくしいとは、
   ひとがそこにいない風景のことだ。
   ・・・・ 人は未だ、
   この世を讃える方法を知らない。   ♪~
Risshu2016a101_01Risshu2016a102Risshu2016a101  

 

 

 

   大榎に向かいましょう。
 近鉄の鉄橋を横切ります。夏草の間から、電車が行くのが見えます。
 土手の斜面に生い茂る夏草の上を風が渡ります。風に揺れる葉が、太陽の光を反射して白く燦めいています。夏草は、無言の燦めく言葉で何を語っているのでしょう。人の世の儚さ? 人間の愚かさ? それとも・・・?
Risshu2016a105Risshu2016a103Risshu2016a104  

 

 

 

   青い空をまん丸い雲が流れていきます。あの雲に乗っているのは、ノンちゃん? それとも・・・? 懐かしい人は、みんな雲に乗ってやって来てくれます。
  水主神社の小さな鎮守の森。
 田の上を渡っていく風。  どれも夏と秋のはざまの風景です。
Risshu2016a202Risshu2016a203Risshu2016a201  

 

 

 

   大榎到着です。ここで遅い昼食です。
 大榎の下に入ると、大榎が集める風が涼しいです。
 長田弘さんは、巨木の出てくる詩をたくさん作っておられます。「人はかって樹だった」という詩集も出しておられます。
 ~♪ むかし、私たちは          (長田弘)
   木は人のようにそこに立っていた。
   言葉もなくまっすぐ立っていた。
   立ちつくす人のように、
   ・・・・・
   物語の家族のように、
   母のように一本の木は、
   父のようにもう一本の木は、
   子どものように小さな木は、
   どこかに未来を探しているかのように、
   遠くを見霽かして、
   凛とした空気のなかに、
   みじろぎもせず立っていた。
   私たちはすっかり忘れているのだ。
   むかし、私たちは木だったのだ。   ♪~ 

 ~♪ 大きな木
    大きな木をみるとたちどまりたくなる。
    ・・・・・
    おおきな木の下に、何があるのだろう。
    何もないのだ。何もないけれど、
    木の大きさとおなじだけの沈黙がある。
Risshu2016a301Risshu2016a301_02Risshu2016a301_01  

 

 

 

   樹に向かって手を合わせている人がいます。何を祈っているのでしょうか?
 長田弘さんの詩です。
 ~♪  立ちつくす
   祈ること。ひとにしか
   できないこと。祈ることは、
   問うこと。みずから深く問うこと。
   問うことは、ことばを、
   握りしめること。 そして、
   空の、空なるものにむかって、
   災いから、遠く離れて、
   無限の、真ん中に、
   立ちつくすこと。
   大きな森の、一本の木のように。 
   ・・・・ ♪~
Risshu2016a401Risshu2016a401_02Risshu2016a401_01  

 

 

 

   さすが夏休みです。捕虫網を持った少年がやって来て、樹の下の影に入っていきました。私も子どもの頃、蝉取りによく行きました。
 ~♪ 森のなかの出来事        (長田弘)
   森の大きな樹の後ろには、
   過ぎた年月が隠れている。
   日の光と雨の滴でできた
   一日が永遠のように隠れている。
   ・・・・
   音のない音楽が隠れている。
   言葉のない物語が隠れている。
   ・・・・
   しかし、大きな樹の後ろには、
   いまでも子どものきみが隠れている。
   ・・・・
   森の大きな樹の後ろには、
   影を深くする忘却が隠れている。
Risshu2016a501Risshu2016a501_01Risshu2016a501_02  

 

 

 

   土手には、百日紅の花も盛りです。赤も白もあります。
 ~♪ 百日紅の 花のさかりとなりにけり  眺めて居らな  寂しがりつつ ♪~
                                         (北原白秋)
Risshu2016a602Risshu2016a601Risshu2016a601_01  

 

 

 

   ヤマボウシの木に実ができました。丸い宇宙船のようです。まだ、数が少ないですが赤くなった実もあります。
 写真を撮っていると、突然、アブラゼミが目の前にやってきて鳴き始めました。あまりの至近距離で驚きました。
Risshu2016a701_01Risshu2016a701Risshu2016a702  

 

 

 

   お別れは、夕方の3枚です。なにしろ西の空に雲の多い日ばかりですので、あまり美しい夕陽とは言えませんが・・・。それに、体調不良のためあまり撮影にも出かけられていませんもので・・・。(言い訳です。)  では、次は「処暑」です。
Risshu2016a801Risshu2016a801_02Risshu2016a801_01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年8月 9日 (火)

二十四節気「立秋」2016

  8月7日は、二十四節気「立秋」でした。江戸時代の暦便覧によれば、「初めて秋の気立つがゆへなれば也」です。この日から暦の上では秋です。しかし、しばらくは猛暑が続きます。

  「立秋」の当日、京都府南部は好天で、高温注意情報の出る暑い一日となりました。
 貧血で体調が悪くても出かけなくてはなりません。自らが自らに課した二十四節気の散歩写真の日ですので・・・。しかも、こんなに暑いのに「立秋」の写真とは・・・。
 自分を呪いながらも、出かけることにしました。妻は朝から用事で留守のため、自分でゆで卵を作るなど、簡単な弁当を用意して出発です。弁当は、土手の大榎の木陰で食べる予定です。

  住宅街を抜けて田園地帯に出ると、何と涼しい風が、稲の葉を揺らしながら青田の上を吹き渡っていきます。目には見えない風の形が、青田の上に姿を現しています。
 蓮田では、大きな葉が裏返り、風の通り道を教えてくれています。
 曲がった田んぼ道は続き、遠くに京都市の最高峰愛宕山、青く澄んだ空には白く浮かぶ雲が見えます。風や雲が秋の兆しを運んできているのです。古今和歌集で藤原敏行が詠っているとおりです。有名な一首ですね。
 ~♪ 秋来ぬと目にはさやかに見えねども 風の音にぞおどろかれぬる ♪~
Risshu2016101_01Risshu2016102_02Risshu2016101  

 

 

 

   曲がったたんぼ道を散歩する人がいます。
 田んぼに供給される水音が、涼しげに聞こえます。
 稲には穂がついて、花が咲いています。 間違いなく秋は近づいています。
Risshu2016201Risshu2016201_03Risshu2016201_01  

 

 

 

    休耕田にホオズキです。ホオズキはお盆に墓などに供えられます。先祖の霊は、ホオズキを提灯の代わりにして帰ってくると言い伝えられています。
 盆花と呼ばれるミソハギも咲いています。各地方によってボンバナと呼ばれる花は、キキョウ、オミナエシ、ヒヨドリバナなどですが、ミソハギはその代表格です。禊萩(ミソギハギ)が転じてミソハギになったようです。
Risshu2016301Risshu2016301_01Risshu2016302  

 

 

 

   「ようこそ!蓮田へ!」と言ってくれているような蓮の花。
   寄り添うように咲く蓮の花。
Risshu2016401Risshu2016403Risshu2016402  

 

 

 

   青い空。湧き上がる白い雲。夏の空をバックにした蓮の花もいいものです。
 眩しい陽ざし。大きな葉。その下には、涼しい影。
Risshu2016501Risshu2016502Risshu2016501_01  

 

 

 

   蓮田の住人、糸トンボがやって来ました。蓮のやさしい葉影でちょっと休憩です。
Risshu2016601Risshu2016602Risshu2016603  

 

 

 

    ~♪ 蓮咲く あたりの風もかをりあひて 心の水を 澄ます池かな ♪~
 これは藤原定家の歌です。蓮は、泥の中から生まれながらも、人の心を澄ますように咲く高貴な花ですが、私の写す蓮は、どうも高貴さとは縁遠いです。申し訳ないです。
Risshu2016702Risshu2016701Risshu2016703  

 

 

 

   蓮田に別れを告げて、木津川土手に上がります。見上げると、土手の上を雲が流れていきます。
 土手の上では、遠くにいる人も、亡くなった人も、幼なじみも、みんな雲に乗ってやって来てくれます。何だかそんな気がします。
Risshu2016801Risshu2016801_02Risshu2016801_01  

 

 

 

   今の時期の土手は、草刈りのため茶色い地面が露出しているか、草刈りの終わっていない場所では、セイバンモロコシなどの背の高い草に覆われて、咲いてる花はきわめて少ないです。目立つ花と言えば、アカツメグサです。ずっと長く咲いています。
Risshu2016903Risshu2016901Risshu2016902  

 

 

 

   木の枝でホオジロが鳴いています。もう子育ては終わったのでしょうか?
 二十四節気「立秋」の写真、前半はここまでです。
 後半は、大榎方面に向かいます。
Risshu20169101Risshu20169102Risshu20169101_01


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年8月 1日 (月)

定期診察(114)・貧血進行2

 今日はKS病院血液内科の定期診察でした。蒸し暑い一日でした。夏休みに入っているせいか、電車は割合空いていて座れました。

 さて、診察結果です。
 血小板は38万/μlで、ほぼ横ばいでした。

  問題は貧血です。Hbは8.5に減少し、ついに過去最低に並びました。大腸から大量出血した時と同じ値です。これは、かなりつらい数値です。駅の階段30段で息が切れて止まりたくなります。いつも体がだるく横になりたい衝動にかられます。
 貧血対策として、一日に2錠飲んでいたアグリリンを隔日で1錠に減らすことになりました。つまり2錠と1錠の日を交互にくり返します。
 主治医は、「Hbが8を切ると内臓(主に心臓)に負担がかかりすぎるので、輸血を考える。」ということでした。
 血液癌フォーラムの時、講師を務めた医師の「貧血か病気進行の目安。あなたの場合これから貧血が進んでゆきますよ。」という言葉を思い出しました。

 LDH、γGTP、尿素窒素、クレアチニンなどは、相変わらず異常値のまま。医師からのコメントは無しです。肝臓の数値はまだ正常値内なので、薬による肝機能障害は出ていないようです。
 
  薬は合計6種類。アグリリン2cap/dayと1cap/dayを交互に。バイアスピリン(抗血小板剤)。アマリール(血糖降下)。ミカルディス(血圧降下)。ガスター(胃薬)。フェブリク錠(尿酸降下)。

 帰りは、京都駅まで出て大垣書店で本を購入しました。最近は、散歩にも行かず引きこもり生活なので本は必要です。
                    では。 また。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »