« 二十四節気「夏至」2016後半 | トップページ | 突然の広島見学 »

2016年7月 2日 (土)

二十四節気「夏至」・雨の鴻ノ巣山

 「夏至」の頃、それは梅雨の時期でもあります。
 雨の風景を求めて、雨の降る鴻ノ巣山に出かけてきました。

  神と死に向き合った夭逝の詩人八木重吉は、雨の詩をいくつか作っています。
     ~♪ 「雨」   八木重吉
       雨の音がきこえる
       雨が降っていたのだ
       あのおとのようにそっと世のためにはたらいていよう
       雨があがるようにしずかに死んでいこう   ♪~

  この詩には、曲がつけられています。この曲を聴きながら(ただし心の中で・・・)、鴻ノ巣山に向かいます。今日の散歩は、夭逝の詩人、八木重吉さんがご一緒です。
   この曲を聴きたい方は→ こちらからYoutube

 鴻ノ巣山の入り口、水渡神社の参道にトキワツユクサが咲いています。雨がよく似合う花です。
  枯れ木にキノコが顔を出しています。雨の季節ですね。
Geshiknos101Geshiknos101_01Geshiknos104  

 

 

 

    ~♪ 「雨」   八木重吉
   雨は土をうるおしてゆく
   雨というもののそばにしゃがんで
   雨のすることをみていたい  ♪~

 すべてを自然にゆだねようとする八木さん。
 自然はすべて神のなせるわざ? 雨もまた・・。 
 しだいに心が澄んでいくように感じられますね。
 降った雨は、コナラやシイの葉に集められ、幹を伝い大地を目指します。
 そして、大地を潤していゆきます。
Geshiknos201Geshiknos203Geshiknos202  

 

 

 

 

 

   ~♪ 「雨の日」  八木重吉
    雨が すきか
    わたしはすきだ
    うたを うたおう  ♪~

 八木さん、誰のために歌を? 自分に? 何の歌を? ウーン、私には悩ましい。
 木々の葉に、カエデの葉にも雨が降ります。薄く赤みを帯びたカエデの種子ができています。雨に濡れながらも、くっきりと立ち上がっています。
Geshiknos303Geshiknos302Geshiknos301  

 

 

 

   苔むした地面の上で、カエデの芽生えが始まっています。
 朽ちた切り株の上では、椎の実が芽を出し始めました。出始めた小さな葉が、自らの存在を知らせる小旗のように見えます。  命のありかを知らせる小旗ですね。
Geshiknos401Geshiknos402Geshiknos403  

 

 

 

 

   ~♪ 「雨の日」  八木重吉
    しろい きのこ
    きいろい きのこ
    
    あめの 日
    しずかな 日   ♪~

  雨の季節は、やはりきのこです。 キノコを見ていると、人間とは違う生き方をしている命の存在に気付きますね。 静かな日。 しずかな生き方?・・・。
Geshiknos501Geshiknos502Geshiknos503  

 

 

 

   ~♪ 「雨」  八木重吉
    雨がふっている
    いろいろのものをぬらしてゆくらしい
    こうしてうつむいてすわっていると
    雨というものがめのまえへあらわれて
    おまえはそう悪いものではないといってくれそ
      うなきがしてくる    ♪~

  「おまえはそう悪いものではない」ですか。私もそんな気がしてきます。
  八木さん、今日は、ありがとうございました。
 お別れの三枚は、雨に濡れるシダの幼葉。 名前も知らない薄薔薇色のキノコ。
  落花する雫。       では。また。 次は「小暑」です。
Geshiknos603Geshiknos602Geshiknos601_01

|

« 二十四節気「夏至」2016後半 | トップページ | 突然の広島見学 »

コメント

墓石さん こんにちは。(*^-^*)

今日の暑さには参った!
夫の前立腺の検査だったので、いつも
着いて来てくれと。月曜で凄い患者でした。
帰りの暑い事。何とか今のところ良い方向
なので感謝です。でもどう向くか?まぁ、すべて
を受け入れまきゃと思っています。
今日を感謝しつつです。

神社の緑、雫、キノコいいですね。苔も
素敵です。雨の日こそ素晴らしい。
八木重吉さんはクリスチャンの詩人でしたか?
随分昔の方で、何かで読んだ気がします。
素敵な詩人だったのでしょうか。

投稿: 輝子 | 2016年7月 4日 (月) 14時50分

輝子さん、こんにちは。
暑さにやられて引きこもり生活です。

ご主人の病気の方、良い方向とのことで良かったですね。

八木重吉は、クリスチャン詩人です。結核で29才で亡くなりました。
熱心な信者だったようです。
このように生きた人がいるかと思うと、心が洗われる
思いがしますね。

投稿: 墓石 | 2016年7月 4日 (月) 18時29分

墓石さま こんばんは。
蒸し暑いですね~。涼しげな鴻ノ巣山の風景、ありがとうございます。

八木重吉の「雨」が歌になっていたなんて知りませんでした。
最後のフレーズはちょっと物悲しいですが、
雨のように生きるって、ステキですね。
きのこやカエデや椎の実の赤ちゃんを育ててそっと消えていくなんて、
かっこよすぎます。
大雨になると悪者扱いされますが、わたしも雨が好きです。

どうぞご自愛なさって、この夏も乗り切ってくださいね。

投稿: ひかる | 2016年7月 8日 (金) 21時31分

ひかるさん、こんばんは。

毎日暑いですね~。
今日は、突然雨が降りだして、引きこもり生活です。

静かな雨は良いですね。しかし、梅雨末期の雨は、要注意です。
九州の方では、大雨の被害が出ているようですね。

この夏も頑張って乗り切りたいです。
ありがとうございます。


投稿: 墓石 | 2016年7月 8日 (金) 22時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522242/63858635

この記事へのトラックバック一覧です: 二十四節気「夏至」・雨の鴻ノ巣山:

« 二十四節気「夏至」2016後半 | トップページ | 突然の広島見学 »