« 二十四節気「夏至」・雨の鴻ノ巣山 | トップページ | 定期診察(113)・貧血進行 »

2016年7月 8日 (金)

突然の広島見学

 突然ですが、先日、日帰りで広島へ行ってきました。夏空の広がる暑い日でした。
 
 私の人生も終りが近づいています。何とか動ける間に、行っておきたい場所がいくつかありますが、広島はそのうちの一つです。
 広島へは、過去に何度も行ったことがあります。修学旅行の引率、原水禁の世界大会、教育研究会などです。しかし今、平和資料館がどんなだったか、原爆ドームがどんな姿だったか、遙か遠いかすかな記憶しか残っていないのです。
 私たちの世代は、憲法と原爆、反戦と平和の声の中で少年時代を過ごしてきたという思いがあります。それこそが、私自身の人生の原点だと思っています。
 鮮やかな記憶といえば、修学旅行で資料館の近くに生徒を整列させた時、コンクリートの隙間にコケが生えていたことだけです。なぜそんな記憶しか残っていないのか、いったい、今まで自分は何をしてきたのか、どう生きてきたのか、自分の原点を考える広島行きです。

 路面電車に乗り、原爆ドーム前へ。 保存工事中。
Hiroshima101Hiroshima102Hiroshima103  

 

 

 

   原爆ドームの撮影は、アングルが限られます。巨大な商業ビルが建設され、ドームを青い夏空に抜くことができないからです。景観とは、空の表情も含めたものだと思います。広い空があって初めて風景が成立するように思うのですが・・・、景観論争は無かったのでしょうか、今や原爆ドームも単なる観光資源なのでしょうかか、気になります。
Hiroshima201Hiroshima202Hiroshima203  

 

 

 

    原爆死没者慰霊碑へ。
 外国人観光客は大変多いです。世界的に広がっているようです。良いことですね。
 慰霊碑のドームの向こうに、丁度、原爆ドームが見える仕掛けになってぃます。だったら、この景観は保全したかったですね。ビルがちょっと邪魔です。経済優先の世の中だから仕方がないのかも・・・。
Hiroshima301Hiroshima302Hiroshima303  

 

 

 

   「原爆の子の像」へ。
 白血病にかかり病床で折り鶴を折り続けた佐々木禎子さん。湯川秀樹博士の筆による「地に空に平和」の文字が彫られた銅鐸型の鐘。祈りの折り鶴。修学旅行生と思われる生徒たちの黙祷。
 「義務教育の平和学習の総仕上げとして広島・長崎への修学旅行を・・・」、そんなことが教育界の常識のように語られていた時代は終わり、私の住む地域では、教育現場から「平和教育」という言葉すら消えようとしています。修学旅行に広島・長崎を選択する学校は、一校も無くなったと聞きます。
Hiroshima402Hiroshima403Hiroshima401  

 

 

 

 

    ~ 原爆詩集   序     (峠三吉)
         ちちをかえせ ははをかえせ
    としよりをかえせ
     こどもをかえせ
    わたしをかえせ わたしにつながる
         にんげんをかえせ
         ・・・・    ~

 平和資料館へ。資料館前の噴水。
 展示室の入り口正面の写真。 助け合う人々の様子。
Hiroshima501Hiroshima501_01Hiroshima501_02  

 

 

 

   戦後70年。70年前に間違いなくあった事実に向き合います。
    ~ 八月六日  (峠三吉)
    あの閃光が忘れえようか
    瞬時に街頭の三万は消え
    圧しつぶされた暗闇の底で
    五万の悲鳴は絶え
        ・・・・      ~
Hiroshima602Hiroshima603Hiroshima601  

 

 

 

   影を残して逝った人も、焼けた三輪車の子供も。 弁当を食べるることなく熱戦に焼かれた人も、何処へ行ってしまったのでしょうか? 問いかけても展示物は無言です。

   ~にんげんの にんげんのよのあるかぎり
   くずれぬへいわを
   へいわをかえせ   ~
Hiroshima701_01Hiroshima701_02Hiroshima702  

 

 

 

   戦争の責任は曖昧にされ、その後の原発事故でも、誰も責任を問われることなく、憲法が公然と無視され始めた今の時代、反戦・平和の原点に帰ることが必要だと思うのは、私だけではないはずです。

   ~   その日はいつか  (峠三吉)  
     ・・・・
     原爆の光りが放たれ
     国民二十数万の命を瞬時に奪った事実に対し
     底深くめざめゆく憤怒を誰が圧さええよう
    この図のまえに自分の歩みを誓わせ
     この歴史のまえに未来を悔あらしめぬよう     ~

 お別れの写真は、黒い雨の痕。祈りを捧げる浄土宗青年部の皆さん。 では。また。
Hiroshima801Hiroshima802  Hiroshima803

|

« 二十四節気「夏至」・雨の鴻ノ巣山 | トップページ | 定期診察(113)・貧血進行 »

コメント

墓石さん こんにちは。(*^-^*)

湿気が多いですが、今日は気温は少し低くて
凄しやすいですね。
広島までお出かけでしたか。行けて良かった
ですね。よくTV等で見ますが、資料館では大きな
衝撃では?私は長崎で見ましたが若い時だったので、
怖かったです。
平和でありたいですね!これからの日本がどうなる
のでしょう。この数年で大きく変わる気がします。

原爆も原発も段々考えなくなったでしょうか。以前は
夏休みの登校で決まって原爆の様子を生徒に見せました
ね。それも無くなったのでは?

確かに隣国の脅威はありますが、日本が急変する
得も言われぬ不安を感じます。

投稿: 輝子 | 2016年7月 9日 (土) 12時44分

輝子さん、こんにちは。
今日は少し暑さはマシです。家でゴロゴロしています。

原爆も原発も選挙の争点からは遠いですね。
原発の再稼働もどんどん進められようとしています。
このままでは、心配ですね。

以前は、8月6日を夏休み中の登校日にしている学校が普通でしたが、
この慣例がなくなって久しいです。今は、一校も無いと思います。

憲法が変わる日も、現実のものになってきていますね。

投稿: 墓石 | 2016年7月 9日 (土) 14時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522242/63887904

この記事へのトラックバック一覧です: 突然の広島見学:

« 二十四節気「夏至」・雨の鴻ノ巣山 | トップページ | 定期診察(113)・貧血進行 »