« 二十四節気「大暑」2016 | トップページ | 定期診察(114)・貧血進行2 »

2016年7月27日 (水)

二十四節気「大暑」・朝の蓮田

 二十四節気「大暑」2016の後半です。
 久しぶりに早起きして、近所の蓮田に行ってきました。朝の光の中で、蓮と蜜蜂さんたちと遊びました。朝はいいですね。心が洗われます。

 東の空が金色に輝き始めました。蓮は黒い影となり、静かに太陽の出現を待ちます。
 蓮たちの微かな、一瞬の緊張が伝わってくるようです。
 蓮の花は、夜の間にゆっくりと開花し、この朝の一瞬を待っていたのです。
Taishohasud101_01Taishohasud102Taishohasud101  

 

 

 

    日が昇り、あたりには金色の朝の光が満ち溢れます。
 谷川俊太郎さんの「朝のリレー」という詩があります。「・・・この地球では/ いつもどこかで朝がはじまっている/ ぼくらは朝をリレーするのだ /緯度から 緯度へと/ そうしていわば交替で地球を守る・・・」 地球的広がりを持った詩ですね。
 今日のこの朝は、世界の何処からリレーされてきたのでしょうね? リオデジャネイロ? シリア? それとも・・・?
Taishohasud201Taishohasud202Taishohasud201_01  

 

 

 

   蓮の花の上に待機していた糸トンボにも朝の光が配られました。
 何処からともなく現れた蜜蜂さんたちも活動開始です。
  花から花へ朝の挨拶です。「蓮さん、蜜をもらいま~す!」。
Taishohasud301Taishohasud301_01Taishohasud301_02  

 

 

 

 

   今から一億数千万年前、地球に被子植物が登場しました。この時以来、被子植物と動物たちとは深い絆で結ばれました。気の遠くなるような時間を掛けて、花と動物・昆虫たちの共進化が進んだのです。人類が登場する遙か昔のことです。
Taishohasud401Taishohasud403Taishohasud401_01  

 

 

 

   地球上に蜜蜂が進化するのは、4千万年前と言われています。
 蜜蜂が集団として社会生活を始めるのは、3千万年前と言われています。
 その後登場した古代人は、蜜蜂の巣から、ちゃっかり蜜を手に入れたことでしょう。
スペインのアラニア洞窟の壁画にその様子が描かれているそうです。
 養蜂の歴史は相当に古いようです。日本では、日本書紀にすでに養蜂の記録があるそうです。人は、蜜の誘惑には弱いですね。
Taishohasud501Taishohasud503Taishohasud502  

 

 

 

 

   近年では、蜂群崩壊ということが起こっているそうです。地方丸ごとの蜜蜂全滅現象です。ネオニコチノイド系農薬が疑われているようです。
 レイチェル・カーソン「沈黙の春」が予言した世界ですね。
 蜜蜂さん、2匹登場。
Taishohasud601Taishohasud701Taishohasud702  

 

 

 

   蜜蜂さん、3匹登場。 数が多いと何かうれしですね。
 長い歴史的時間と世界的広がりの中にある蜜蜂さんたち。いや、私たちも・・。
 私たちは、どんな朝を未来にリレーできるのでしょうね?
Taishohasud801_03Taishohasud802_01Taishohasud801_01  

 

 

 

   蜜蜂に夢中になっている間に、日も少し高くなってきました。蜜蜂が急にいなくなりました。どうやら蜜蜂さんの蓮田での勤務が終わったようです。
 蓮の花そのものを美しく撮るという課題もありますが、これは、ちょっと苦手。目の付け所がわからないです。
Taishohasud901Taishohasud901_01Taishohasud901_02  

 

 

 

   今度は蓮の花の下に潜り込んで、蓮を空に抜きます。
 夏の太陽も入れてみました。大空へ向かう蓮です。いや、光合成する蓮かな・・?
Taishohasud9102Taishohasud9103Taishohasud9101  

 

 

 

   朝ご飯も食べず、顔も洗わず、この時間まで粘りました。
 腰も痛くなりました。もう、このへんが限界です。  
    次回は、「立秋」です。  もう秋!  早い!  では。また。
Taishohasud9202Taishohasud9201_01Taishohasud9201_2

|

« 二十四節気「大暑」2016 | トップページ | 定期診察(114)・貧血進行2 »

コメント

墓石さま こんばんは。

朝のリレーを繋いでいた蓮の凛とした姿、
なんとも神秘的!
蜜蜂も包み込み、おちゃめな顔になる種を抱いて、
青空にも映えて、蓮がこんなにも魅力的だなんて
知りませんでした。

きっと、蓮が墓石さまに話かけてきたのですね。
また、花たちとの話を聞かせてください。
貴重な写真をありがとうございました。

投稿: ひかる | 2016年7月27日 (水) 22時03分

ひかるさん、おはようございます。
写真を見ていただきありがとうございます。

夏の朝は魅力的ですが、なかなか起きられません。
朝の田んぼにいる糸トンボにも会いたいですが、
なかなか出かけられません。
結局、引きこもり生活になっています。
近々、糸トンボと出会うための早起きを決行するつもりです。
どうなることか分かりませんが・・・。

投稿: 墓石 | 2016年7月28日 (木) 10時01分

墓石さん こんにちは。(*^-^*)

寺田の蓮はいまいちでしたが、南部は
立派ですね。
蜂たちは食物にあずかるので、喜んで吸って
ますでしょ。3匹位集まる事があって、
払いのけたくなります。

朝日が当たり、良い雰囲気ですね。顏も洗わずに
ですか。正直、私も蓮に出かける時は一大決心です。
日の出が早いし、7時になれば花が萎れて来るし、
蓮撮りは大変ですね。

長池は寺田よりは花はましですね。

投稿: 輝子 | 2016年7月28日 (木) 15時37分

輝子さん、こんにちは。

蜂も多すぎると、絵になりにくくて困りますね。
おしべの中に潜り込まれると、黒いゴミにしか見えないです。
空中にいるときは、動きが速くてシャッターのタイミングが
難しいです。

田んぼに糸トンボを撮りに行く予定です。
朝陽の綺麗な晴れた日が良いですね。

投稿: 墓石 | 2016年7月28日 (木) 16時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522242/63974157

この記事へのトラックバック一覧です: 二十四節気「大暑」・朝の蓮田:

« 二十四節気「大暑」2016 | トップページ | 定期診察(114)・貧血進行2 »