« 二十四節気「小暑」2016 | トップページ | 二十四節気「大暑」2016 »

2016年7月17日 (日)

二十四節気「小暑」2016・後半

二十四節気「小暑」2016の後半です。土手の上の散歩を続けます。

 土手の斜面にカワラナデシコが咲き始めました。カワラナデシコは、秋の花と思っている人も多いですが、実際には今頃から咲き始めています。
  ナデシコは、清少納言の「枕草子」にも登場します。(第六四段「草の花は」)
  「草の名は撫子(なでしこ)、唐のは更なり、大和のもいとめでたし。・・・」
  「唐のは」とは、カラナデシコで、現代名はセキチクのことらしいです。
  万葉集にも登場します。 (作者不詳)
   ~♪ 野辺見れば 撫子の花 咲きにけり 我が待つ秋は 近づくらしも ♪~
Shousho2016a101Shousho2016a102Shousho2016a103  

 

 

 

   細い茎の上に可憐な花を咲かせ、しかも丈夫なヤマトナデシコは、江戸時代には華奢で美しい女性を指す言葉になり、明治以降は、理想的な日本女性を象徴する言葉となりました。しかし、国威発揚の悲しい過去を背負った花でもあります。
 沖縄の「ひめゆり隊」の悲劇は余りにも有名ですが、「なでしこ隊」というのもありました。知覧高等女学校の校章はなでしこの花だったため、女生徒は「なでしこ隊」として、特攻隊の知覧基地での奉仕を命じられ、死にゆく若者を見送り続けました。
  今は「ナデシコジャパン」ですね。
Shousho2016a201Shousho2016a202Shousho2016a203  

 

 

 

   土手では、草刈りが始まりました。刈り取った草を焼く煙が立ちこめています。
 この草たちも刈り取られ、焼かれる運命です。しかし、草刈りが行われることにより、背の高い優勢な草が刈り取られ、かえって植物の多様性が確保されているというから不思議ですね。
Shousho2016a302Shousho2016a301Shousho2016a301_01  

 

 

 

   「青田」とは夏の季語です。今の時期の田んぼは、「青田」というのにふさわしいです。「青田風」・「青田波」・「青田道」・「青田時」という季語もあります。
    ~♪ 涼風や 青田の上の 雲の影 ♪~   許六
  青田の上を渡っていく涼やかな風を写そうと頑張りましたが、ちょっと難しいです。
Shousho2016a401Shousho2016a401_01Shousho2016a402  

 

 

 

   土手を降りて、田んぼ道を進みます。
    ~♪ 楽しさや 青田に涼む 水の音  ♪~   芭蕉
  ガマの穂は晩夏の季語のようですが、今頃からもう立派な穂が出ています。俳句を読む人は、梅雨の時期のガマには興味がないらしいです。 異議アリ。
Shousho2016a501Shousho2016a501_02Shousho2016a501_01  

 

 

 

 

   田んぼの畦道にはツユクサです。万葉の頃は、月草と呼ばれていました。
  ~♪ 月草の 借れる命にある人を いかに知りてか 後も逢はむと言ふ ♪~
  意味:月草のように、この世のはかない命の私たちなのに、どうして、後で逢いましょう、なんて言うのですか。   (作者不詳)
Shousho2016a601Shousho2016a602Shousho2016a603  

 

 

 

   水路の斜面に、アカバナユウゲショウ(?)。 タンポポの綿毛。
Shousho2016a702Shousho2016a701_01Shousho2016a701  

 

 

 

   芹の花。
 サツマイモの花は、一見、朝顔と見間違うほどです。サツマイモを知らない人はいないですが、花を見たことがない人は、案外多いかも。
Shousho2016a803Shousho2016a801Shousho2016a801_01  

 

 

 

   蓮田では、水草の絨毯の上に蓮の葉の影が落ちています。あちこちで蓮の花も咲き始めました。 「ヤットサキマシタヨ~!」と言っているような蓮の花
Shousho2016a901Shousho2016a901_01Shousho2016a902  

 

 

 

   夏と言えばヒマワリですが、ヒマワリを求めてウロウロしました。
 一枚目のヒマワリ(?)は、ちょっと見かけない品種? 品種改良?
Shousho2016a9101Shousho2016a9101_01Shousho2016a9102  

 

 

 

   お別れの三枚。
  「オッチャン! メダカ捕れたよ!」
  ねじれて咲くネジバナ。 私はねじれたもの好き。 心が素直だから??
    夕暮れのナデシコ。    次の節気は、いよいよ「大暑」。  では。また。
Shousho2016a9201Shousho2016a9201_01Shousho2016a9201_02

|

« 二十四節気「小暑」2016 | トップページ | 二十四節気「大暑」2016 »

コメント

墓石さん こんにちは。(*^-^*)

案外涼しく感じるのは私だけでしょうか。
土手に撫子が咲いているのには驚きです。
大きな土手に感じますが、いろんな花が
咲くものですね。

城陽と言えば蓮ですが、私も行きたいのですが、
ままならずです。近い内に行ってみたいですよ。
新名神の工事ですか?今までのようには
行けないですね。長池の方が良さそうでしょうか。

投稿: 輝子 | 2016年7月18日 (月) 11時31分

輝子さん、こんばんは。

今日は梅雨明けでしたが、風があってけっこう過ごしやすい日でした。
木津川の土手は、現在草刈り作業が行われており、ヤブカンゾウなど、
花はほとんど刈り取られてしまいました。

蓮の花はかなり咲いてきました。城陽のハスは、蓮池に観賞用として
植えられているわけではないので、お寺などのハスには負けますね。
朝早いとミツバチが来ているので良いですが、朝起きられません。
 西城陽中学校付近のハスは、工事で行けないように思います。
 奈島か観音堂ですかね。

投稿: 墓石 | 2016年7月18日 (月) 21時46分

墓石さま こんばんは。

参院選も意外な?結末で…
何かと暑苦しいニュースばかりでめげそうですが、
爽やかな写真に、心が癒されます。
ありがとうございます。

ところで、私も20年程前にひとりで広島に行きました。
当時、在日の被爆者の方の慰霊碑は平和公園外にありました。
日本は好きですが、日本で暮す外国人をのけ者にする
のはどうかと…思いました。
平和公園で「ダイイン」をしてきました。
私も「ネジバナ」系だと思います。

土手の可憐な草花は、外来種ともうまく共生していますね。
「置かれた場所で」美しく咲く野の花たちを、うらやましく思います。

貧血がおありだと、暑さがいっそうこたえるかと思います。
どうぞ、お大事にお過ごしくださいねpenguin

投稿: ひかる | 2016年7月19日 (火) 21時34分

ひかるさん、おはようございます。

平和公園で「ダイイン」ですか。
イヤ~、いつも少数者の立場に眼差しが向いているひかるさんには、
頭が下がる思いです。
改憲派が国会で2/3を占める時代になりました。
ネジバナは、ますますねじれて生きることになるかもです。

今日の朝は、早起きして近くの蓮田に行ってきました。
癌で闘病中の写真家と話をすることができました。
ミツバチがたくさん来ていて、心癒やされる一時でした。
今から、再び寝ます。ありがとうございました。

投稿: 墓石 | 2016年7月20日 (水) 08時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522242/63928746

この記事へのトラックバック一覧です: 二十四節気「小暑」2016・後半:

« 二十四節気「小暑」2016 | トップページ | 二十四節気「大暑」2016 »