« タックス・ヘイブンを考える | トップページ | 二十四節気「芒種」2016・後半 »

2016年6月 7日 (火)

二十四節気「芒種」2016・前半

6月5日は、二十四節気の一つ「芒種」でした。 暦便覧には、「芒(のぎ)ある穀類、稼種する時也」とあります。稲や粟などの芒のある種子を播く頃という意味です。この節気は、丁度、梅雨の時期にあたります。 蛍が飛びかい、梅の実も熟す頃です。
 では、この時期の木津川土手を散歩しましょう。体調が悪く久しぶりの散歩です。

 季節はいつも交差点に立っています。来るものと去るものの行き交う交差点です。通り過ぎてゆく季節の花や風景にはいつも驚かされます。
 土手に上がるときには、季節に合わせ空が大きく広がります。空は、季節を語る風景の舞台装置です。今日は、絹層雲が迎えてくれています。
 春に、あんなにも土手を黄色く染めていたカラシナは、今は枯れてノアザミに席を譲り、そのノアザミの背後には栗の花が咲きました。この花が散り始めると梅雨入りです。
 「栗花落」と書いて、つゆ又はつゆりと読みますね。
Boushu2016001Boushu2016001_01Boushu2016001_02  

 

 

 

   土手のネズミムギも赤茶色に変色して、種を付けています。麦秋という感じです。アカツメグサも少し黒ずんで風に吹かれています。こんな風を「麦嵐」、「麦の秋風」と言うんでしょうね。ノアザミも、多くは白い種を付けています。残された花に蜜を求めて蝶が来ています。
Boushu2016001_03Boushu2016001_05Boushu2016001_04  

 

 

 

   今の時期、新たに土手の主役としてやって来たのは、ヒメジョオン(姫女菀)です。よく似た花にハルジオン(春紫苑)というのがありますが、ジョとジと、言葉遣いまでよく似ていますね。北米原産で、明治の頃日本にやってきてすっかり定着しました。1個体あたり数万の種子をつくり、その種子の寿命が35年と、驚異的な繁殖能力の持ち主らしいです。要注意外来生物で、侵略的外来種ワースト100にも選定されているそうです。
 見かけによらず悪女?。 悪男? 土手はヒメジョオンの花盛りです。
Boushu2016101Boushu2016101_01Boushu2016101_02  

 

 

 

   ヒメジョオンは、北米から遙かな旅をしてきた放浪の花です。鉄道線路に沿って日本全国に広がったので、ヒメムカシヨモギと共に、鉄道草と呼ばれたりしています。
  hobo(ホーボー)という古い英語があるそうです。放浪者という意味だそうです。
 19世紀末から20世紀の初めの頃、鉄道に無賃乗車しながら職を求め、大陸を根無し草のように放浪した人々がいたそうです。多くは、鉄道建設に従事する未組織の季節労働者だったようです。この人たちの中には、日本からの移民も含まれていました。「ホーボー」とは、日本語の「方々に行く」が語源だという説もあるそうです。
  鉄道の広がりと共に、建設労働者として自由を求め、方々に渡り歩いた人々。鉄道線路に沿って広がった放浪の花。 花も人も原点は放浪? 人生は旅?
Boushu2016201Boushu2016201_01Boushu2016201_02  

 

 

 

   古川の土手も、ヒメジョオンが花盛り。土手の風景にすっかり溶け込んでいます。
Boushu2016301Boushu2016302Boushu2016303  

 

 

 

   土手下の広場で遊ぶ子供。
 夕陽の中のヒメジョオン。遠い放浪の果てに、故郷を思出しているのでしょうか。
Boushu2016401_02Boushu2016401_01Boushu2016401  

 

 

 

   ホーボーhoboと呼ばれた人たちは、風にまかせて日々を生きました。土手にも、風に身を任せて生きているように見える雑草がいます。漂泊感を漂わせるツバナです。白い穂が風に揺れています。風になびくことへの罪の意識にじっと耐えているのか、それとも、風と共に生きることを信念としているのか・・・。お前の場合は?と問い返されても、私にあるのは、ただ・・・。
Boushu2016501Boushu2016503Boushu2016502  

 

 

 

   ツバナの穂を吹き散らしていく、梅雨入りの頃に吹く湿った南風を「茅花流し」というそうです。「茅花流し」の吹き渡る土手に夕陽の時間が迫ってきました。
 カラスムギの穂も揺れています。   漂泊の歌人山頭火の言葉。
 ~♪ 私は雑草的存在に過ぎないけれどそれで満ち足りている。
    雑草は雑草として、生え伸び咲き実り、
    そして、枯れてしまえばそれでよろしいのである。♪~
   ~♪ 雑草そのままに咲いた咲いた ♪~
Boushu2016601Boushu2016601_01Boushu2016601_02  

 

 

 

   土手の茶畑では、茶摘みもほとんど終了しました。この茶畑が最終のようです。
 黒いシートが風に揺れています。  
 では、「芒種」前半はこの辺で。
Boushu2016703Boushu2016702Boushu2016701  



|

« タックス・ヘイブンを考える | トップページ | 二十四節気「芒種」2016・後半 »

コメント

墓石さん こんにちは。(*^-^*)

土手の四季の花々も次々と変わって行くもの
ですね。ヒメジョオンの多い事!
子供の頃、田んぼに群生してまして、たまごの
花といってよく遊んだものです。
ままごとに丁度いい(笑)

何よりも土手は空が広くて羨ましい限りです。
こんなに空が広い所は少ないでしょうね。
夕日が美しいです。過って木津川大橋を早朝
通った時、朝霧が出て美しかったです。

投稿: 輝子 | 2016年6月 9日 (木) 16時04分

輝子さん、こんにちは。

ヒメジョオンはたまごの花ですか。目玉焼きですね。
遠い少女時代の想い出ですね。
最近は、ママゴト遊びをしている子は見ませんね。
時代も変わりました。

輝子さんは、宇治植物園へ行かれたり、梅雨時の花を
楽しまれているようですね。
私も、真似をしてアジサイなどを捜してみようと思います。

投稿: 墓石 | 2016年6月10日 (金) 11時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522242/63744613

この記事へのトラックバック一覧です: 二十四節気「芒種」2016・前半:

« タックス・ヘイブンを考える | トップページ | 二十四節気「芒種」2016・後半 »