« 定期診察(112)・横ばい状態 | トップページ | 二十四節気「夏至」・雨の鴻ノ巣山 »

2016年6月29日 (水)

二十四節気「夏至」2016後半

二十四節気「夏至」の続きです。梅雨晴れの土手の散歩を続けましょう。
 アカツメグサは、いたるところでまだまだよく咲いています。晴れ間を利用して、散歩する人の姿も見られます。
Geshi2016tui101_01Geshi2016tui101Geshi2016tui101_02  

 

 

 

   アカツメグサに蝶がきています。二匹が接近。恋の駆け引きも大変そうです。
 羽根がボロボロな蝶。恋に破れたのか? 生活に疲れたのか?
Geshi2016tui102Geshi2016tui102_01Geshi2016tui101_03  

 

 

 

   ヒメジョオンも、夏雲の下で咲いています。
 奈島の土手には、桑の木が実をつけています。この地では、かって養蚕が盛んに行われていました。その名残の木です。
 この地ばかりでなく、かって日本全国で養蚕は盛んでした。殖産興業方針により富岡製糸場が作られ、1930年代には農家の40%で養蚕が行われ、世界一の生糸輸出国になりました。桑の木のある風景は、日本の農村の原風景だったのです。
 しかし今、養蚕業は100分の1以下に衰え、今の子供は、この黒い実が食べられることすら知らないようです。
~♪夕焼け小焼けの赤とんぼ・・・山の畑の桑の実を小駕籠摘んだはいつの日か♪~
 この歌の風景が広がっていたのは、いつのことだったのでしょうか。今は、桑の実が風に揺れているばかりです。
Geshi2016tui301_01Geshi2016tui302Geshi2016tui301  

 

 

 

 

   桑の木のある場所を過ぎ、大榎のすぐ近くにシモツケの花が咲いています。シモツケは、コデマリ、ユキヤナギの仲間ですね。紅いコデマリという感じです。
Geshi2016tui403Geshi2016tui402Geshi2016tui401  

 

 

 

   さらに北へ進むと、水主神社です。鎮守の森が見えています。稲は順調に生長しているようです。なぜか子供が走っていきます。この子どもたちはこの後、水路を渡り、団地のフェンスを乗り越えて帰っていきました。元気な子供はいいですね。
Geshi2016tui501_01Geshi2016tui502Geshi2016tui501  

 

 

 

   寺田さくら堤付近では、ヒメジョオンが土手の斜面に勢力を張っています。この辺りは、駐車スペースも広いため、車でやって来て、犬を散歩させる人、子供を遊ばせる人も多く賑わっています。
Geshi2016tui601Geshi2016tui603Geshi2016tui602  

 

 

 

   ヒメジョオンをクローズアップして、遊んでみました。花の写真は難しいです。
Geshi2016tui701Geshi2016tui702Geshi2016tui703  

 

 

 

   土手の斜面を降りて河原の草むらにはいると、ハマハナセンブリ(?)が咲いています。ヒメコバンソウが霞みのように、花にからみついて良い効果を出しています。
Geshi2016tui801Geshi2016tui802Geshi2016tui803  

 

 

 

 

   さらに北へ進むと、比叡山がよく見えてきます。田んぼに夏の雲が映っています。
 夏の雲を見ると、なぜか少年時代を思い出します。
Geshi2016tui901_2Geshi2016tui903_4Geshi2016tui902_4  

 

 

 

   アマサギ。この辺では、今の時期だけに見られる茶色の鷺です。この後、九州方面へと渡っていくらしいです。
 お別れは、夕陽とヒメジョオン。      では。また。
Geshi2016tui9101_01Geshi2016tui9101


|

« 定期診察(112)・横ばい状態 | トップページ | 二十四節気「夏至」・雨の鴻ノ巣山 »

コメント

墓石さん こんにちは。(*^-^*)

晴れかと思えば降って来て、やはり
梅雨ですね。

土手では夏を迎え、夏雲も出てすっかり
夏模様でしょう。ヒメジョオンは全国区に
生えてるのでしょうか?近畿は多いですね。

マクロを使ってられないのに、花写真がお上手で
びっくりですよ。マクロばかりでは飽きて
私も普通レンズで風景的に撮るのも好きです。

体調は落ち着いていて良かったですね。
貧血も辛いですよね。大事にして下さい。
年と共に故障しますね。

投稿: 輝子 | 2016年6月30日 (木) 10時51分

輝子さん、こんにちは。

雨がよく降りましたね。
明日から暑くなるらしいですよ。
蒸し暑くなると、出かけるのが嫌になります。
体の方は、数値的には横ばいなのですが、体調は良くないです。
撮影回数も、めっきり減りました。

花の写真については、私が輝子さんのレベルに達するのは、
まだまだ先のことです。100mmマクロを持っているのですが、使えてないです。

ブログの方、拝見しております。
琵琶湖に保養に行かれたようですね。
いいですね。

投稿: 墓石 | 2016年6月30日 (木) 16時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522242/63843913

この記事へのトラックバック一覧です: 二十四節気「夏至」2016後半:

« 定期診察(112)・横ばい状態 | トップページ | 二十四節気「夏至」・雨の鴻ノ巣山 »