« 二十四節気「立夏」2016 | トップページ | 定期診察(109)・膵臓の腫瘍マーカー »

2016年5月13日 (金)

二十四節気「立夏」2016追加写真

   二十四節気「立夏」の写真、追加版です。

 雑草をこよなく愛した俳人に、種田山頭火がいます。山頭火は、雑草について次のように述べています。
「存在の世界、あるがままの世界。それを示現するものとして私の周囲に雑草がある」
  ~♪ 身のまわりは日に日に好きな花が咲く ♪~     (山頭火)
  ~♪ 雑草そのままに咲いた咲いた ♪~             (山頭火)
  ~♪ 生えて伸びて咲いている幸福 ♪~             (山頭火)

  では、山頭火さんの真似をして、初夏の雑草たちと出会いに、木津川土手方面に出かけましょう。
  田んぼの畦道にカタバミです。今年は、なぜかよく見かけます。
 コバンソウ。まだ幼い。これから小判色になります。金の欲望に目覚める?
Rikkatuika101_02Rikkatuika101Rikkatuika101_03  

 

 

 

 

   群生するコバンソウ。
 田んぼの畦道に母子草。草餅に入れるのはヨモギですが、聞くところによると明治くらいまでは母子草を使っていたそうです。食べたことはないですが・・・。農家の方が田植え準備の草刈りをしています。この母子草、食べられる心配はないですが、草刈り機で刈り取られる危機が迫っています。  長塚節の一首。
    ~♪ はるの田を 耕し人のゆきかひに 泥にまみれし ははこくさの花 ♪~
Rikkatuika201Rikkatuika202Rikkatuika201_01  

 

 

 

   土手に到達です。土手は感動的に花盛りです。
 土手の上を雲が流れていきます。散歩の夫婦が通りました。お喋りなおばさんたちが通ります。
Rikkatuika301Rikkatuika303Rikkatuika302  

 

 

 

   黄色く咲いているのは、セイヨウヒキヨモギです。セイヨウヒキヨモギは、ヨーロッパ原産の帰化植物で、1970年代に日本にやってきたそうです。
 去年までこの斜面には、こんなにも群生してなかったです。今年突然、大群生となりました。急速に勢力を広げているようです。
 今日は子供の日。子供も群れになっています。
Rikkatuika401Rikkatuika402Rikkatuika403  

 

 

 

 

   茅花が風に揺れています。この茅花が、白い種子を飛ばす頃は梅雨です。この晴れた日も間もなく終わり、すぐ梅雨入りです。
 土手の縁には、ノビルも姿を見せ始めました。若いノビルは真っ直ぐに背を伸ばして大空を目指しています。
Rikkatuika501Rikkatuika501_01Rikkatuika501_03  

 

 

 

 

      ~♪  道のべに よろめきて咲く 野蒜かな ♪~        (村上鬼城)
  ノビルは強いのか、弱いのか? いつのまに頭を下げることを憶えるのか?
 処世術? 人の世も同じ? ・・・・?
Rikkatuika601_04Rikkatuika601_02Rikkatuika601  

 

 

 

   ノビル君たちは夕陽の中で哲学者のように考えています。「私は何者ですか?」と。
  ウーン。 ただの頭でっかち? それとも・・・。
Rikkatuika701Rikkatuika702Rikkatuika701_01   

 

 

 

 

       ノイバラの花が咲いています。イバラの蔓とクサフジの蔓が絡み合って、鉄条網状態です。この場所は、人は立ち入り禁止です。   木下利玄の一首。
 ~♪ほのほのと わがこゝろねのかなしみに 咲きつづきたる 白き野いばら♪~
 ニワゼキショウが咲いています。他の草に押されて、けなげに咲いています。
Rikkatuika803Rikkatuika802Rikkatuika801  

 

 

 

 

    ~♪土手のすかんぽ、ジャワ更紗。 昼は螢が ねんねする。
   僕ら小学、尋常科。 今朝も通って、またもどる。
   すかんぽ、すかんぽ。川のふち。夏が来た来た、ド、レ、ミ、ファ、ソ。♪~
 北原白秋の「酸漠の咲く頃」です。この歌を歌ったのは、遙か遠い昔です。
 子供が、土手の斜面を自転車で駆け下る遊びをしていました。
Rikkatuika901Rikkatuika902Rikkatuika901_01  

 

 

 

  では、5月のGWの頃にふさわしい写真を。 文化パルク城陽です。
Rikkatuika9103Rikkatuika9102Rikkatuika9101  

 

 

 

    お別れは、文化パルクの城陽のタニウツキ。初夏の花。
 哲学するノビル君です。   では。また。
Rikkatuika9202Rikkatuika9201Rikkatuika9201_01

|

« 二十四節気「立夏」2016 | トップページ | 定期診察(109)・膵臓の腫瘍マーカー »

コメント

墓石さん こんばんは。(*^-^*)

土手は花盛りですね!よくこんなにあったものです。
毎年頻繁に撮ってられるならこそですね。
何処にどんな花が咲くか解るのがいいですね!
始めて行ってもウロウロするばかりだと思いますよ。

ノビル君が何と面白いのでしょう。
夕日になるとなおさら!
いやー土手には魂げました。植物の宝庫です。

投稿: 輝子 | 2016年5月13日 (金) 19時31分

輝子さん、こんばんは。

土手は、いろんな植物があるので面白いです。
ただ、どうも帰化植物系が多いような気がします。

これから夏になっていくと、セイバンモロコシなどの
背の高い草に覆われて、可愛い花には出会えなくなります。

木津川でも茶摘みが始まりました。
宇治田原の茶畑に行きたいですが、どうも体調が今一つで、
出かけられていません。

投稿: 墓石 | 2016年5月13日 (金) 20時59分

墓石さま こんばんは。
今日の診察結果、膵臓の腫瘍マーカーが正常範囲で
よかったですね。

連休からこの方、10年に一度?の超多忙が続きました。
せっかくの良い季節にお散歩もままならない日々でしたが、
夜、ホッとしたときに写真を拝見して心が安まりました。
ありがとうございます。

野の花、土手の風景はいいですね~
初夏の花々、とっても美しいです。
自由闊達なノビル君、ステキです(*^-^)

天候が安定しない日々が続いていますが、
どうぞボチボチ、無理をなさらずにお過ごしくださいね。

投稿: ひかる | 2016年5月17日 (火) 21時50分

ひかるさん、こんばんは。

お忙しいところ、写真を見ていただきありがとうございます。

体調が今一つ良くないので、長時間の散歩には行けていませんが、
時々、ブラリと出かけています。出かけるたびに、季節が
進んでいくのに驚きます。
茶摘みも真っ盛りです。田植えの準備も日に日に進んでいきます。
取り残されていくような気分に襲われています。
もう少し、頑張ります。

投稿: 墓石 | 2016年5月17日 (火) 22時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522242/63621652

この記事へのトラックバック一覧です: 二十四節気「立夏」2016追加写真:

« 二十四節気「立夏」2016 | トップページ | 定期診察(109)・膵臓の腫瘍マーカー »