« 二十四節気「清明」追加① | トップページ | 二十四節気「清明」追加③ »

2016年4月15日 (金)

二十四節気「清明」追加②

  二十四節気「清明」の追加写真です。「清明」の頃、城陽市の東部にある鴻ノ巣山には、三ツ葉ツツジが咲きます。三ツ葉ツツジは、清楚な感じのする紫の花で、岩場の痩せた土地や雑木林の中に自生しています。痩せた土地でも生えるからなのでしょうか、花言葉は「節制」だそうです。節制している割には、華やかですね。
 鴻ノ巣山では、桜の花が少し衰え始めた頃、三ツ葉ツツジが主役として登場してきます。つぼみは、濃い紫の宝石のようです。
2016seimeiknos1012016seimeiknos1022016seimeiknos101_01  

 

 

 

 

      
   山道を散歩の人が通ります。
 花が終わると、三枚の葉が出てきます。それで、三ツ葉ツツジと言うようです。葉の柔らかな緑もなかなか美しいです。
2016seimeiknos2012016seimeiknos2022016seimeiknos203  

 

 

 

   緑と紫のコントラストもなかなか良いですね。
 では、ここで万葉集より一首。不幸にも若くして亡くなった草壁皇子に仕えていた舎人の歌です。(作者不詳)
  ~♪ 水伝う 磯の浦みの 岩つつじ 茂(も)く咲く道を またも見むかも ♪~
 意味:水が伝う池のほとりに(怨みにぬれた)岩つつじが咲いている。この花が咲き乱れる道を再び見ることがあるだろうか。
2016seimeiknos3012016seimeiknos3022016seimeiknos303  

 

 

 

   上品そうな夫婦が散歩にやって来ました。私が、「桜も終わりですね。」と声を掛けて雑談しました。「先日の雨で、桜はほとんど駄目になってしまった。去年は、桜と三ツ葉ツツジが同時に見られたのに。残念。」と言っておられました。
2016seimeiknos4012016seimeiknos4022016seimeiknos403  

 

 

 

   ベンチに誰か座って欲しいなと思っていると、犬の散歩の人が座りました。早速、声を掛けてシャッターを切りました。良い場面です。本日のベストショットかも(?)
2016seimeiknos5022016seimeiknos5032016seimeiknos501  

 

 

 

   三つ葉ツツジの花のアップです。花の数が多いので、前ボケは入れやすいですね。
2016seimeiknos601_012016seimeiknos602_012016seimeiknos601  

 

 

 

   蜜蜂まで撮影に協力してくれました。カメラがデジタル化してからは、空中でホバリングする蜜蜂や蝶の写真が撮りやすくなりました。フィルムカメラではコストがかかりすぎます。フィルムと現像代で一枚60円くらいだったかと・・・。
2016seimeiknos603_012016seimeiknos6032016seimeiknos602  

 

 

 

 

   だいぶ日も傾いてきました。この辺で撮影は終了です。
    ~♪ 夕暮れに 紫つつじ咲きにけり 甘きかおりに 人なつかしき ♪~  
  お別れの三枚です。帰り道、鳩に出会いました。  では。また。
2016seimeiknos7012016seimeiknos701_012016seimeiknos702

|

« 二十四節気「清明」追加① | トップページ | 二十四節気「清明」追加③ »

コメント

墓石さま
うわ~きれいですね!
「清明」の春の風景を堪能しました。
ありがとうございます。

ところで恥ずかしながら、「尾生の信」って知らなくて
調べたら…
忍耐強くすてきな場面が登場するのを、
じっと待っていてくださったのですね。
改めて感謝します。

でも、流れ橋で大雨が降ったら逃げてくださいね。
草むらで、ヘビと目が合っても逃げてくださいね。
地震が来たら、机の下に逃げてくださいね。
ご無事で過ごされますように、お祈りしています。

投稿: ひかる | 2016年4月16日 (土) 11時11分

ひかるさん、こんばんは。

「尾生の信」は、気に入っている割には、あまり詳しく知らないんです。
たぶん、中国の春秋戦国時代に、魯や宋の国の人をバカにするために作られた話
という理解をしています。融通の利かないバカ正直な男を皮肉っているわけです。
「待ちぼうけ」という歌に歌われている話も、同じ時代の同じ系列の話だと思います。
バカ正直で何が悪い、という反骨、いやあまのじゃくな私の性格によるものと思います。

地震怖いですね。うちは地震対策を何もしていないので
逃げ場所がないです。妙に楽観的です。困った性格です。

投稿: 墓石 | 2016年4月16日 (土) 21時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522242/63491079

この記事へのトラックバック一覧です: 二十四節気「清明」追加②:

« 二十四節気「清明」追加① | トップページ | 二十四節気「清明」追加③ »