« 二十四節気「穀雨」2016 | トップページ | 定期診察(108)・膵臓の腫瘍 »

2016年4月28日 (木)

二十四節気「穀雨」2016追加

 4月20日は、二十四節気「穀雨」でした。その頃撮影した追加の写真を紹介していきます。前回は、カラシナの写真が多かったですが、今回は、目についた花を心のままに撮ります。晴れた日の花散歩です。さて、どんな植物が待っていてくれるでしょうか。

 今の時期、至る処ハナミズキの花が満開です。ハナミズキは、1912年にワシントンへ桜を贈った返礼として贈られたのが始まりだそうです。日本でも最近すっかり定着してきました。日米親善の花ですね。親善は良いですが、日米同盟の方は、集団的自衛権行使とか、ずいぶんときな臭くなってきています。花とは無関係ですが・・・。
  万葉の頃からの花、山吹も満開です。拾遺和歌集より菅原輔昭の歌。山吹の花よ、春風に春を謳歌せよ。隣町の井手町、橘諸兄ゆかりの玉川では、山吹が満開らしいです。
    ~♪春風は のどけかるべし やへよりも かさねてにほへ 山吹の花 ♪~
Kokuutuika101Kokuutuika101_01Kokuutuika101_02  

 

 

 

   レンゲの花は田んぼの準備が進むにつれ、田んぼの中に鋤き込まれて姿が少なくなっています。前ボケと後ろボケを使って、1本だけ主役にしてみました。
 散歩の女性が二人通ります。 すぐに目移り。 花より女性?・・・。
Kokuutuika201Kokuutuika202Kokuutuika203  

 

 

 

   田んぼの畔や土手の上にマツバウンランです。うす紫の優しいそうな花です。遠くから見ると、うす紫の雲のようです。
 この花が日本に上陸してきたのは60年前だそうです。京都で最初に発見され、その後あっという間に関西を制覇し、現在関東圏にも広がりつつあるそうです。木津川土手でもどんどん勢力が広がっています。弱々しい雰囲気ですが、実は恐るべき繁殖力。
Kokuutuika301_01Kokuutuika302Kokuutuika301  

 

 

 

   土手の縁を黄色く彩っているのはミヤコグサ。なかなか趣のある名前です。京都で最初に発見されたから、その名前が付いたという説も・・。
Kokuutuika401Kokuutuika401_01Kokuutuika402  

 

 

 

  古川土手で面白い味をだしているのはヘラオオバコ。ひょうきん者? 新型兵器?
Kokuutuika501Kokuutuika503_3Kokuutuika502  

 

 

 

 

   兵器と言えば、スズメノテッポウ(?)。これでどうやって戦争するのでしょうね?
  オニタビラコ(?)。 鬼とはひどくないですか?
 やがて梅雨の頃に土手の主役となるチガヤ(茅花)。飄々と風に揺れる様は、漂泊感満点。今はまだ、恋愛中。おしべの葯が見えています。  大伴旅人の歌。
    ~♪ 浅茅原 つばらつばらに 物思へば 故りにし郷し 思ほゆるかも ♪~
Kokuutuika601Kokuutuika601_02Kokuutuika601_01  

 

 

 

 

                               アカバナユウゲショウ。名前の通り美しい花です。南米原産の帰化植物で、明治時代に観賞用に日本に来たそうです。今は野生化してよく見かけます。 野生の美人?
 キュウリの臭いがするキュウリグサ(?)。あまり注目されてないですが、紫の小さな花で、よく見ると美しいです。ワスレグサとは、同じムラサキ科の花で、親戚筋にあたるらしいです。可憐。
 田んぼの水路の脇に待宵草(?)。 何待宵草か? 誰を待っているのか? 謎。
Kokuutuika701Kokuutuika701_01Kokuutuika701_02  

 

 

 

 

   土手の竹藪にシャガ。アイリス・ジャポニカ(日本の虹)。漢字で胡蝶花と書くらしいです。三ヶ島葭子の歌です。雨に濡れ、葉が光るのが良いらしいですね。
  ~♪ 雨に濡るる うすむらさきの胡蝶花の花 なびける葉さへ 濡れ光り見ゆ ♪~
  土手の上では、到るところにタンポポ。
Kokuutuika801Kokuutuika801_01Kokuutuika801_02  

 

 

 

   土手の斜面や空き地にクサフジ。本物の藤の花には負けますが、藤色が美しいです。テントウムシ君も食事中。
Kokuutuika901Kokuutuika903Kokuutuika902  

 

 

 

 

     いたる所シロツメクサ。いたる所アカツメクサ。
Kokuutuika9101_01Kokuutuika9101Kokuutuika9102  

 

 

 

   キンポウゲと柿若葉。
  ~♪ あるけばきんぽうげ すわればきんぽうげ ♪~      (山頭火)
  ~♪  だんだんに 己かがやき 金鳳花  ♪~             (中村汀女)
   ~♪ 柿の若葉のかがやく空を 死なずにいる  ♪~      (山頭火)
Kokuutuika9201Kokuutuika9201_01Kokuutuika9202  

 

 

 

   では、お別れの三枚。
    水が光る水路の傍のカタバミ。
    キンポウゲとノアザミの土手。
    カラスムギの夕暮れ。
  花の写真は苦手なのですが、今回は花を中心にしてみました。  では。また。
Kokuutuika9301Kokuutuika9301_02Kokuutuika9301_01

|

« 二十四節気「穀雨」2016 | トップページ | 定期診察(108)・膵臓の腫瘍 »

コメント

墓石さま こんにちは。
わぁ~ どれもこれもすてきですね!
前の、からし菜も、踊るアザミも…
野の草花、大好きです。ありがとうございます。

ススキの赤ちゃん?初めてまじまじ見ました。
いっちょまえに、かわいいですね。

「あるけばきんぽうげ すわればきんぽうげ」
「水路のカタバミ」ああ、なんていいんでしょう!

私のパソコンに取り込んでもいいですか?
悪用はしませんので。(写真集作って儲けるとか…)

独身生活、どうか順調でありますように。
 

投稿: ひかる | 2016年4月30日 (土) 11時00分

ひかるさん、こんにちは。
写真を見ていただきありがとうございます。

私の写真は、著作権を主張するような写真ではないです。
利用はご自由にどうぞ。
なにしろ適当に撮った散歩写真ですので。画像を圧縮していますので、画質も悪いです。
もう少し、画質を上げればいいのですが、
ブログのスペースもありますもので・・・。

今日は、良い天気なのに朝寝坊しました。
今から洗濯に取りかかります。

投稿: 墓石 | 2016年4月30日 (土) 11時47分

墓石さん こんばんは。(*^-^*)

若葉が美しく、花々は咲き、最も美しい
季節ですね。土手も多くの野草が咲き、
美しい!墓石さんの撮り方がお上手だからですが、
こんなに綺麗な花があったのか、と思いますよ。

また近鉄電車がそばを通るのは何処だろう?
と方向音痴は思います。
寺田駅は奥西木工の隣だから。。。

投稿: 輝子 | 2016年5月 1日 (日) 19時27分

輝子さん、こんばんは。

青葉、若葉の季節ですね。なかなか撮影に行く気になれなくて、
遠出はしてないし、宇治田原も行けてないです。
以前は、週に三日は行っていたと思います。琵琶湖にもよく行きました。
やっぱり微妙に体調が良くないです。貧血もありますし・・・。
輝子さんは、宇治田原に行かれたようですね。
茶畑方面で転倒されたんですね。
私は、天ヶ瀬で崖から転落して、指を骨折したことがあります。

写真の公園は、寺田駅の南です。文パルの向かいになります。
花は、輝子さんの方が私より数段上ですね。

投稿: 墓石 | 2016年5月 1日 (日) 21時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522242/63549671

この記事へのトラックバック一覧です: 二十四節気「穀雨」2016追加:

« 二十四節気「穀雨」2016 | トップページ | 定期診察(108)・膵臓の腫瘍 »