« 青谷梅林の梅 | トップページ | 定期診察(105)・貧血症状進行 »

2016年3月18日 (金)

マイナンバー制度の狙いと本質は?

  マイナンバー制度について、テレビなどで盛んに報道されていました。便利になるとかならないとか、詐欺に使われる危険があるとかないとか、いろいろ言われていますが、どれも本質から外れているように思います。マイナンバーの導入にかかる総費用は、数千億円、関連する費用は1兆円~から3兆円かかると言われています。こんな大金をつぎ込んで、なにか良いことがあるのでしょうか? ついに業を煮やし、自分の手と頭を使い、ネットを駆使して調べてみました。

  マイナンバー制度は、納税者番号と小泉内閣が導入しようとしていた社会保障番号とを合わせ、これを住民票票コードにのせる形で導入されたものです。
 この社会保障番号なるものを企画し、導入しようとしたのは、どんな人たちで、どんな目的を掲げていたのでしょうか?それが問題ですね。
 この国の進路を握っているのは財界です。日本経済団体連合会(経団連)の政策提言の中に、社会保障番号制度が提言されています。この文書は、ネット上で自由に読むことができます。
   ★「社会保障制度等の一体的改革に向けて」  2004年9月21日
                           (社)日本経済団体連合会

 この文書には、次のようなことが提言されています。
   ・・・・
    (1) 社会保障・福祉制度に共通する個人番号の導入
       ・・・・
   (2) 社会保障個人会計(仮称)の導入
 社会保障・福祉制度に共通する基盤整備として、個人番号制を拡充・徹底し、社会保障個人別の会計を導入する。・・・・
 生活保護制度については、所得・資産、稼働能力を十分調査の上、真に生活に困窮している者への給付に限定すべきで、親族による扶養が可能であれば、それを優先すべきである。
 あわせて、財産相続時における、社会保障受給額(特に年金給付)のうち本人以外が負担した社会保険料相当分と相続財産との間で調整を行う仕組みも検討すべきである。            ・・・・
 当前のことですが、経団連の提言は、社会保障費を増やそうという方向の提言ではないです。社会保障費をいかに減らしていくかという提言です。

 まず、家族や親族の財産状態を調べ、家族親族間で自助努力をさせて、生活保護費を減らすために社会保障番号を使おうというわけです。今でも、生活保護申請者から見て3親等以内の親族には、援助ができるかどうかの扶養照会が届きます。現在は断ることはできますが、マイナンバーで財産を知られてしまえば断れないです。付き合いが無くても親族に金持ちがいれば、生活保護を申請できなくなるかも知れないですね。

  また、社会保障は個人会計にして、本人の死後に精算する仕組みを作ると提言しています。具体的に言えば、長生きして自分が掛けた掛け金以上に年金を受け取った人からは、その差額を遺産の中から、死後に差し引こうというわけです。早死にすると掛け金が返ってくる制度などは、もちろん視野外ですね。 
 死後精算! なんとも恐るべき提言。掛け金以上は支払われない悪徳保険制度?

 経済界からの要請を受け、毎年2200億円の社会保障費削減をめざした小泉内閣は、社会保障個人会計の導入を計画しました。2006年4月に内閣府より発表された経済財政諮問会議の文書で確認することができます。これも、ネット上で簡単に確認することができます。
       ★「歳出・歳入一体改革」中間とりまとめについて
                     平成18年4月   内閣府
社会保障給付のさらなる重点化・効率化を推進する。その一環として、社会保障の効率化に寄与する社会保障番号、社会保障個人会計を導入する方向で早急に検討を進める。
   ・・・・

 以上のように、マイナンバー制度の一番の狙いは、社会保障個人会計を導入して、社会保障費の削減をすることです。決して、社会保障を発展、充実させようというものではないですね。これは、社会保障の趣旨にも反しています。
 そもそも「資本主義」は、「資本が利潤を生む」という仕組みです。資本を持っている人の側に利潤が蓄積され、放置すれば貧富の格差が拡大します。「社会保障」とは、資本の側に蓄積した利潤を、累進課税により国家が吸い上げ、貧しい側へ移動させることです。つまり福祉国家での所得の再配分作業です。平たく言えば、「社会保障」とは、累進課税で金持ちからたくさん税金を取り、国民の教育、医療、福祉を支える仕組みです。資本主義社会では、社会保障は必須の基本的仕組みです。

 その他、産業競争力会議で論議されている気になる文書も見つけました。
 ★「健康増進・予防への取り組みを促すためのインセンティブ処置について」(2014年)です。ここでは、マイナンバーに様々な健康情報や医療情報をセットして、保険料率や医療費自己負担割合を個人ごとに変化させるような提案も行われています。(例えば、特定検診を受診しない人は保険料が増えるとか。)低賃金で検診に行く暇も無く働かねばいけない人は、どうなるんでしょうね。 病気も自己責任? 

  マイナンバー制度のネットワークシステムを百数十億円で、無競争受注した企業(日立、富士通、NEC、NTTデータ)は、自民党の政治資金団体「国民政治協会」に対し、2009年から2013年の5年間に2億4千万円を超える献金をしたとの記事も見つけました。
 実に胡散臭い話ですね。  マイナンバー反対です。

|

« 青谷梅林の梅 | トップページ | 定期診察(105)・貧血症状進行 »

コメント

こんばんは。(*^-^*)

マイナンバー、こんなの必要なのか?と不信感が多い
ので、役所から届いたけど、閉ってるだけですよ。

何ごとも庶民でなく、金持ちに優遇ですね。政治家が
金持ちが多いから、人は自分の欲の方に向きますよね。

3%の消費税で物価の上がった事!年金は上がらない。
生命線の食品が上がってるので、辛い!

アメリカでも1%の金持ちへの反発心が強いですね。
その1%が国の財産の45%では魂げますよ。

投稿: 輝子 | 2016年3月20日 (日) 23時25分

輝子さん、おはようございます。

マイナンバー、私も封筒に入ったまま、置きっぱなしです。
そのうち、無理矢理必要とされる場面が出てくるような気がします。

格差社会は、確実に進んでいると思います。
非正規で働く人は4割を超えました。5割越えも近いですね。
次第に悪い方向へ進んでいるように思います。
ちょっと嫌な世の中になってきているような?

投稿: 墓石 | 2016年3月21日 (月) 10時45分

墓石さま こんにちは。

得体のしれないマイナンバーの問題点を教えてくださってありがとうございます。
住基の時は受け取りませんでしたが、このたびはややこしそうなので受け取りました。
でも、わが家も封筒を開封せずそのまま置いてます。

「死後清算」って、ホントにびっくりです!!
政府はいいことしか言いませんから、まったくもう!
いやな時代になりそうですね… 
でも、何とかしたい…
ようやくちらほら咲き始めた桜と青空が、慰めです。

どうかお元気でお過ごしくださいね!

投稿: ひかる | 2016年3月22日 (火) 17時56分

ひかるさん、こんばんは。

私たち国民は、あまりにも事実を知らされていないように思います。
マスコミも、なかなか本質的なところまで報道してくれません。
自分で調べるしかないですね。困ったことです。

春になって、花が溢れ出しました。木津川土手では、桜が咲き出しました。
ただし、ソメイヨシノではなく、早咲きの桜ですが・・。
近所の児童公園では寒緋桜(?)が満開です。
良い季節になりましたね。

投稿: 墓石 | 2016年3月22日 (火) 20時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522242/63362941

この記事へのトラックバック一覧です: マイナンバー制度の狙いと本質は?:

« 青谷梅林の梅 | トップページ | 定期診察(105)・貧血症状進行 »