« 二十四節気「春分」2016 | トップページ | 山城地蔵院の桜 »

2016年3月28日 (月)

二十四節気「春分」2016・追加

 二十四節気「春分」2016の追加写真です。
 今の時期、家の近所の児童公園では、「 寒緋桜 (かんひざくら)」という早咲きの桜が満開になっています。「緋寒桜」とも言うらしいです。中国南部から台湾にかけて分布する桜だそうです。沖縄で桜と言えば、この桜のことを言うらしいです。
 子どもが、ラジコン車を走らせています。少子化を感じさせる静かな公園。花だけが賑やか。子どもにとっては、花よりラジコン。
2016shunbtuika1012016shunbtuika1022016shunbtuika103  

 

 

 

   しばらくすると、メジロがやって来ました。蜜を舐めにやってきたようです。岸田衿子流に言えば、♪ソナチネの木♪。
 こちらの木には、モズですね。目には黒いマスク。モズは、トカゲなどを食べる肉食なので、花には無関心なようです。
2016shunbtuika2022016shunbtuika2032016shunbtuika201  

 

 

 

 

   木津川土手にも早咲きの桜が咲き始めました。奈島という地区の土手です。
 「陽光桜」という品種だそうです。桜のまわりには、なぜか雲も、人も、蜜蜂も集まってきます。
2016shunbtuika3032016shunbtuika3012016shunbtuika302  

 

 

 

   花を見上げていると、散歩の老夫婦がやってきて雑談。おばあさんの方が、「この花はヨーコーザクラと言って、たぶん、ヨーは城陽の陽だったと思いますよ。」と教えてくれました。私が、「コーは、花が赤いから当然、紅ですね。」と言ったところ、「憶えていないけど・・。しあわせの幸だったらいいなぁ~。」と、なんとも少女のような一言。
 その後しばらく経って、このおばあさんが、こちらに急ぎ足で近づいてきました。
「向こうの看板に、ヨーコーのコーは、光だと書いてありますよ。」と、わざわざ私に漢字を教えるために、引き返して来てくれたのです。「陽光桜!」 思わず、「ありがとうございます。」と頭を下げました。 深々と・・・。
 私も、少年のように瑞々しく、穏やかに老いてゆきたいものです。
2016shunbtuika4012016shunbtuika4022016shunbtuika4032016shunbtuika401_01  

 

 

 

 

   木津川土手では、ユキヤナギも満開を迎えています。春の雪という感じです。これらはすべて人の手によって植えられたものですが、自然に自生しているものはどんどん数を減らしているようです。絶滅危惧になっている県もあるとか。
2016shunbtuika5012016shunbtuika5032016shunbtuika502  

 

 

 

   大榎の前にもユキヤナギ。大榎の芽吹きはまだ先のようですね。
 土手のつくし。夕日が差してきました。おばあさんと孫が散歩です。
2016shunbtuika6032016shunbtuika6012016shunbtuika601_01  

 

 

 

 

   近鉄富野鉄橋付近では、カラシナも咲き始めました。桜と共に、これから土手の主役を務めます。
2016shunbtuika7012016shunbtuika701_012016shunbtuika702  

 

 

 

   お別れの三枚です。
 一枚目。茶畑です。このあたりの茶は、浜茶と呼ばれる高級品です。上から藁をかけて光を遮り、甘みのあるお茶に育てます。
 二枚目。知らない人は、この作物を予想できないと思いますが、城陽特産イチジクです。芸術的な剪定です。敷き藁をして、芽吹きを待ちます。
 おばさんたちの賑やかな声と陽光桜でお別れです。  では。また。
 次の節気は、「清明」です。
2016shunbtuika8012016shunbtuika801_012016shunbtuika801_02


  

|

« 二十四節気「春分」2016 | トップページ | 山城地蔵院の桜 »

コメント

綺麗な桜が咲いたのですね。
実は今日、寺田のいつも蓮の時に行く古川へと
向かいました。土筆は?見つかりません。夫が
話していたおじいさんは鳥を撮ってられ、木津川に
桜が咲いてますよ、とのこと。寺田の方の土手は
まだみたいでした。でも沢山の桜の木がありますね。

流れ橋が完成したとのこと。近くまで行きパチリ。
それから井出の地蔵院へ。あそこも桜は以前ほどでは
ないですワ。でもまだソメイヨシノはまだですから
綺麗な桜ではありました。

投稿: 輝子 | 2016年3月28日 (月) 16時29分

輝子さん、こんにちは。

古川や流れ橋、地蔵院にも行かれたのですね。
古川は、桜とカラシナの咲く頃が一番かな?

昨日、流れ橋の渡り初めだったらしいです。私は、体調が今一つで諦めました。
カラシナが咲き出してから行ってみようと思っています。

実はさっき、買い物のついでに井出の地蔵院へ様子を見に行ってきました。
木の勢いが衰えて、花の数が少ないので驚きました。
天気も良くなかったので、なおさらそう思ったのかもしれませんが・・・。
老木なので、だんだん衰えてゆくんでしょうね。

投稿: 墓石 | 2016年3月28日 (月) 17時18分

墓石さま おはようございます。
「陽光桜」!
「城陽」の「ヨウ」?おばあさんは城陽が大好きなのですね。そして…
「幸せ」の「コウ」?すてきなおばあさんが「光」の「コウ」だと発見されたときの感動が伝わってきました(*゚▽゚)ノ

私は初めてこの桜を見た時「これは梅?桜?」と思ったほどの花音痴ですが、「これは陽光桜!」と誰かに自慢して教えてあげたくなりました。まさに、しあわせを感じる名前ですね。

きっと、「あの季節がやってくるたびに、おなじ歌しかうたわない 鳥のように」… 陽光桜や白い花を思い出すと思います。ありがとうございます。

投稿: ひかる | 2016年3月30日 (水) 10時53分

ひかるさん、おはようございます。

 このおばあさんは、ほんとに少女のようなことを言うので、なんだか微笑ましい
というか、なんとなく惹かれました。
歳をとっても、心はそんなに変わらないということなのでしょうね。
歳はとっても、心はみずみずしく生きたいものです。

昨日、映画を見に行って、本屋に行って、活動量が多かったせいか、
朝起きられず、昼前の今起きたばかりです。
どうも無理ができない体調のようです。歳かも?

投稿: 墓石 | 2016年3月30日 (水) 11時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522242/63406768

この記事へのトラックバック一覧です: 二十四節気「春分」2016・追加:

« 二十四節気「春分」2016 | トップページ | 山城地蔵院の桜 »