« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

2016年2月28日 (日)

アンデルセン童話の想い出など

 先日、図書館からアンデルセン童話の翻訳本を借りて読みました。アンデルセンと言えば、「マッチ売りの少女」、「みにくいアヒルの子」、「人魚姫」、「親指姫」など、日本でもよく知られた作品が多いですね。今日は、アンデルセンの童話について、雑感や想い出などを書いてみます。

  児童文学という分野は、十九世紀中頃にヨーロッパで盛んになりました。今よりも遙かに乳幼児死亡率の高かった時代にあっては、子どもの死は身近な問題でした。早くに死んでいく子どもたちのことをどう考えるのか、自分を含めて、死んだ子どもの魂がどのように救済されるのか重要なテーマでした。
 ロマン主義の影響を受けたアンデルセンは、深いキリスト教の信仰に、土着の北欧神話を融合させ、神話や妖精物語を基盤とする豊かな詩情あふれる物語を紡ぎ出しました。
 その物語により、人々は、貧困や早死にといった生きる苦しみに意味を見出し、それを受容して心の安らぎを得ることができました。愛する子どもの死にあたっては、子どもの死は生命の終わりではなく、死後の世界で幸福に生きていると描きくことで、死の悲しみを癒やす働きも持っていました。
 十九世紀、児童文学といえるものの最初の幕を開けたのが、デンマークのアンデルセンだったのです。

 子どもの死について書かれたアンデルセン童話「天使」では、「よい子が死ぬと、そのたびに神様の天使がこの世におりてきます。」という書き出しで始まります。そして、最後に、死んだ子どもたちは天使となり、枯れた花さえも蘇り、すべてが一緒になって喜びの賛歌を歌うのです。この喜びに溢れた世界こそ、宇宙の中心にユグドラシルという巨木をすえる北欧神話の調和体系と、キリスト教的な神の愛とを融合させた、アンデルセン特有の世界なのです。

 「マッチ売りの少女」は、実に悲劇的に死んだ貧しい少女の話ですが、どこか明るく救われるような感覚が湧き上がってきます。これは、現実の死の悲しみを超えて、喜びに溢れた世界への魂の救済を描こうとしたアンデルセンの死生観によるものと思います。
 「マッチ売りの少女」の最後の部分をみるとよく分かります。書き出してみます。

 ~♪ おばあさんは、少女をそのうでに抱きました。 二人は、輝く光と喜びに包まれ、高く、高くのぼっていきました。そこはもう寒くもなく、空腹もなく、不安もないところ――神さまのみもとにめされたのです。
 けれど、夜明けの寒さの中、かわいそうな少女は壁にもたれて座っていました。 薔薇のように頬を赤くし、口もとには微笑みを浮かべ、死んでいたのです。――凍えるほど寒い大みそかの夜のことでした。
 その子は燃え尽きた一束のマッチをぎりしめていました。「あったかくしようと思ったんだね」と人々は言いました。だれも知らなかったのです。 少女の見たものがどんなに美しく、どんな光につつまれて、おばあさんといっしょに、新しい年の喜びをお祝いしにいったかを! ♪~
 
  私が最初にアンデルセン童話に接したのは、小学の低学年の頃だったと思います。
 私の出身は、僻地と呼ばれるような小さな田舎町です。この町には、今でもあるかどうか定かではないですが、小さな教会がありました。この教会の日曜学校に参加していた友達の「お菓子がもらえる」という言葉に誘われ、日曜学校なるものに初めて行きました。ここで、スライドを使って一つの物語を聞かされました。断片的な記憶しかないですが、次のような話です・・・・。
 ・・・綺麗な服を着た可愛い女の子がいて、この子は、服が汚れるのを嫌がって、持っていたパンを踏みつけてにして、水溜まりを歩こうとしたのです。たちまち神により地獄に落とされ、身動きできない状態で蛇やムカデと暮らすことになるのです・・・・。

 「可愛い女の子に何とうことをするんだ~! 神は悪すぎる!」 これが私の感想でした。以後、二度と日曜学校に行ったことはなかったです。私は、このころから「可愛い女の子好き」だったようです。神より女の子ですね。やがて少女は小鳥になり、自分が踏んだと同じ量のパンを集めて、他の小鳥に分け与えたとき、許されて天へと登っていくのですが、こんな結末は私の頭にはまったく残っていなかったです。
 この物語が、アンデルセン童話の「パンを踏んだ女の子」であることを知ったのは、恥ずかしいですが、人生の後半になってからのことです。キリスト教に触れたこともなく、粗野な小学生だった私には、アンデルセン童話の理解は難しすぎたようです。
 
 「貧困」や「死」ということが身近ではない現代の子どもには、「マッチ売りの少女」は、単なる悲劇の物語でしかないような気がしますが、どうなんでしょうね?
 アンデルセン童話、子どもよりも大人の方が楽しめるかも知れません。
    お薦めします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年2月24日 (水)

二十四節気「雨水」2016

2月19日は、二十四節気の「雨水」でした。冬型が崩れて周期的に低気圧が通過していく時期で、春一番という嵐の吹くのもこの時期です。
 今年は、特に目まぐるしく天気が変化します。季節の進み方は一直線ではなく、行きつ戻りつです。

 20日は、雨の一日になりました。まさに「雨水」です。この時期の雨が地面に染み込み、春の豊かな芽生えを準備してくれます。近所の鴻ノ巣山に「雨水」を探しに出かけてきました。
 雨に濡れて梅が咲いています。樋口一葉の一首です。
   ~♪ 見わたしの 林はかすむ春雨に 野みちしめりて 梅が香ぞする ♪~
2016usui1022016usui1012016usui103  

 

 

 

   山道で枯れ葉が一枚雨に濡れています。クロガネモチの赤い実も雨の中です。
温かい本格的な春は、冬を引きずりながら、まだしばらく先になりそうな気配です。
2016usui2012016usui2032016usui202  

 

 

 

   19日の「雨水」当日は、春らしい良い天気になりました。自転車に乗り、木津川土手の大榎方面を目指して春の散歩です。
  クロガネモチの赤い実をつけた街路樹の並ぶ道を進みます。
 道路脇のイチジク畑では、敷き藁が敷かれ、春の準備が完了です。
 イチジクの木が、「ヨーッ!」と挨拶をしてくれています。
2016usui3012016usui301_022016usui301_01  

 

 

 

   田んぼの畦道では、オランダミミナグサです。ヨーロッパ原産で明治時代に帰化してきたそうです。
 タネツケバナは、「種漬花」と書き、種もみを水に漬けて苗代の準備を始める頃咲くので、この名があるそうです。今頃咲いているのは、在来種のタネツケバナではなく、外来種のミチタネツケバナというらしいです。
 オオイヌノフグリも咲き出しました。
      ~♪ いぬふぐり 空を仰げば 雲もなし ♪~       高浜虚子
      ~♪ 犬ふぐり 星のまたたく 如くなり ♪~       高浜虚子
      ~♪ かく生きて イヌノフグリに 逢着す ♪~     前田普羅
2016usui401_012016usui4012016usui402  

 

 

 

   古川沿いの柳も、芽が少しずつ薄緑色になってきました。
 猫柳の芽も白い姿になり始めました。 ~♪せせらぎや 光を浴びて 猫柳♪~
2016usui5022016usui5032016usui501  

 

 

 

   万葉集から一首。(作者不詳です) 万葉の頃、猫柳は河楊(かはやぎ)と呼ばれていたようです。古くからある植物ですね。
~♪山の際に 雪は降りつつ しかすがに この河楊(かはやぎ)は 萌えにけるかも♪~
意味:山の間に雪が降っているけどこの河楊は芽吹いています。もう春なんだなあ。
2016usui6022016usui6032016usui601  

 

 

 

 

    さあ、土手に上がります。春の空が大きく広がっています。土手の梅は、もうどこでも満開です。大榎の傍の梅も満開です。春の歌でも歌いたい気分です。
 谷川俊太郎の合唱曲「春に」。これはなかなかいいですね。
 明日への希望と憬れ。喜びと悲しみ。いらだちと安らぎ。矛盾し、せめぎ合う心。言葉にできない、溢れ出るような青春の気持ちが歌われます。
  ~♪ この気持ちは何だろう
この気持ちは何だろう
目に見えないエネルギーの流れが
大地から足の裏を伝わって
この気持ちは何だろう
この気持ちは何だろう
ぼくの腹へ胸へそしてのどへ
声にならない叫びとなってこみ上げる
この気持ちは何だろう
  ・・・・・(略)
地平線のかなたへと歩き続けたい
そのくせじっとしていたい
この草の上でじっとしていたい
声にならない叫びとなってこみ上げる
この気持ちは何だろう ♪~
2016usui7012016usui7022016usui701_01  

 

 

 

   シューベルトが、エルンスト・シュルツェの詩に作曲した「春に」も有名です。これは、失われた恋の歌です。喜びと悲しみは、いつも裏表です。 春は真っ直ぐにはやって来ませんね。

~♪ 丘の斜面に静かに腰をおろす
空は澄み渡り
風は緑の谷間で戯れ
そこは 早春の光の中で
かって ああ とても幸せだった
  ・・・・・・
思いや憬れはうつろい
楽しさはは反目に変わってしまった
愛の喜びは遠く消え去り
愛したことだけが残された
愛と、そして悲しみだけが     ♪~
2016usui8012016usui8022016usui801_01  

 

 

 

   梅の花の向こうに、農作業をするお年寄りが見えます。
 散歩中のお年寄りから声を掛けられました。「すぐそこで、ウグイスの声を聞きましたよ。」 最近なぜか、お年寄りからよく声を掛けられます。
 梅の木にメジロを見かけました。標準ズームなので、少し小さいですが・・・。
2016usui9012016usui9022016usui901_01  

 

 

 

 

   夕日の時間になりました。枯れたセイタカアワダチソウが、真っ直ぐに背筋を伸ばし、冬の終わりを告げています。 さようならと。
 今日もまた、こうして早春の一日は終わりました。
2016usui91022016usui91012016usui9103  

 

 

 

   2016usui9101_01次は、「啓蟄」です。 たくさんの虫たちに出会えることでしょう。
    では。また。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年2月22日 (月)

定期診察(103)・尿酸値異常

 今日はKS病院血液内科の定期診察でした。病院に着くと、いつも最初に血液検査です。結果が出るまで50分くらいかかるそうです。
 採血の看護師さんが超小声で、「息子が結婚して北海道勤務になりました。」と教えてくれました。最後の勤務校の保護者の方でした。 ウーン! とっさのことで、うまくお祝いの言葉を言えなかったような気がします。たぶん・・・。

 【血液内科診察】
 さて、診察結果です。
 血小板は33万に減少し、二十数年ぶりの正常値範囲になりました。その結果、アグリリンは1錠減量で、3cap/day になりました。
 Hbは9.3。やはり貧血です。

 今回、尿酸値が9.3の異常値に。クレアチニンも高値。次回まで様子をみることになりましたが、このままだと尿酸値を下げる薬が必要ということです。血圧を下げる薬のミカルディスも尿酸値を上げる副作用があるそうです。この薬を止めるのも選択肢ということです。水分をたくさん摂って、次回の診察で判断するそうです。薬が次々と別の薬を呼んでくるようです。薬漬けになりそうですね。
 これ以上いろんな薬と友達になりたくないですね~。

 
  毎日記録している血圧は、正常範囲です。
 HbA1c は6.5でした。少々高めです。毎日測定している血糖値について、朝に異常値になるという症状は、最近無くなりました。
 これからも、アグリリン3cap/day。バイアスピリン。アマリール。ミカルディス。ハルナール。ガスター(胃薬)、の服用が続きます。
                                                では。また。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年2月11日 (木)

二十四節気「立春」2016・追加

 前回、木津川土手に到着する前に紙面が尽きましたので、今回は、木津川土手の写真を追加します。「二十四節気・立春・木津土手編」です。

 土手の斜面を登ります。土手の上に立ち、真っ直ぐに顔を上げると、遠くに京都市の最高峰愛宕山や信仰の山比叡山を望むことができます。この時、不思議な開放感のようなものが湧き上がってきます。
 見上げると、宇宙へとつながる青い空が大きく広がります。青い空の奥にはいったい何があるのでしょうか。人は時として、青い空に自分の思いを投げかけてきました。ある詩人は、次のように書いています。
  ~♪・・・・・
    空の青さを見つめていると
    私に帰るところがあるような気がする
        ・・・・・♪~
 また、石川啄木も「一握の砂」の中に、次のような歌を書き残しています。
    ~♪ 来ず方の お城のあとの草に臥て 空に吸われし 十五のこころ ♪~
2016risshuntuik1022016risshuntuik1012016risshuntuik103  

 

 

 

   寒さの中で繊細な枝を空に広げ、叫び声を上げているように見えた土手の欅は、今は空に向かって積極的に投網を打って、白い雲を捕まえにかかっているように見えます。
 土手下を散歩する人も、春の光を浴びて何となく温かみを感じます。
2016risshuntuik2022016risshuntuik2012016risshuntuik201_01  

 

 

 

   土手の梅は、紅梅も白梅もかなり咲きました。脊椎カリエスで長い闘病生活を続けた正岡子規も春の訪れを喜んでいたでしょうか。
      ~♪ いたつきの 長き病はいえねども 年の始と さける梅かも ♪~
2016risshuntuik3012016risshuntuik301_012016risshuntuik302  

 

 

 

   明るい梅の花の向こうで、畑仕事をする人も見えます。知り合いが、春を前にして病気で亡くなりました。
      ~♪ 人逝きて また巡り来る 梅の花  ♪~
2016risshuntuik4022016risshuntuik4012016risshuntuik401_01  

 

 

 

   この時期、水仙の花はまだまだ咲いています。岡橙里の歌です。
    ~♪ 冷たくも底びかりするわが春に さきのこりたる水仙の花 ♪~
2016risshuntuik5012016risshuntuik5022016risshuntuik503  

 

 

 

   土手下の枯れ草の中に雀たちが群れています。タネツケバナやタンポポも枯れ草の間から顔を出しています。私などは、春の花を単純に喜んでいますが、詩人の目は深いです。再び石垣りんさんの登場です。
  ~♪ たんぽぽ
    土手に咲いた
    たんぽぽが
    綿帽子をかむり
    花嫁の姿で立っています。

    そよ風が迎えにくると
    この春もゆくばかり
    花のいのちは
    どこへ送られてゆくのでしょう。

    たくさんな種子のうち
    ・・・・・
    生まれ出るものと
    そうでないものと。

    飛んでゆく綿毛に
    キラリと光るものは
    太陽の涙です。     ♪~ 

 詩人の牟礼慶子さんも、「見えない季節」という詩の中で、くらい土の中から春はやってくると書いています。
~♪ できるなら/日々のくらさを 土の中のくらさに/似せてはいけないでしょうか
 ・・・・・/くらい土の中では/やがてくる華麗な祝祭のために/数かぎりないものたちが生きているのです / ・・・・・   ♪~
2016risshuntuik6012016risshuntuik601_012016risshuntuik602  

 

 

 

 

   日が傾き、赤味を帯びた光線が差してきました。土手に並んだ棒杭が、時の流れを刻むように、一日の終わりを告げています。行き交う人は、何を思っているのでしょうか。夕日の時間は、ゆったりとした一日の特別な時間です。
2016risshuntuik7012016risshuntuik701_012016risshuntuik702  

 

 

 

   枯れてゆく葦たちも、精一杯金色に輝いています。風景に光と影が強く刻まれ、春の始まりの日が暮れてゆきました。
2016risshuntuik801_012016risshuntuik8012016risshuntuik801_02  

 

 

 

   明日もきっと晴れるに違いないという期待を残して、日が沈みました。
 急に風が冷たく感じられます。これで、立春の頃の散歩は終了です。
    次の節気は、「雨水」です。    では。また。
2016risshuntuik901_012016risshuntuik9012016risshuntuik902


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2016年2月 9日 (火)

定期診察(102)・泌尿器科診察

 昨日は血液内科の定期診察で、今日は泌尿器科の診察でした。連日の病院行きでした。今日は寒い一日で、病院へ行く途中、冷たい雨に降られました。

 【血液内科診察】
 いきなり診察結果です。
 血小板は40万に減少しました。アグリリンが減らせるか聞いたところ、もう少し安定するまで薬の減量はなしです。このままの数値だと次回は期待できそうです。アグリリン4cap/day が続きます。この量だと、心臓のドキドキ感がすごいですね。
 Hbは9.1に減少。やはり貧血。駅の階段で、少し息苦しさがあります。
 クレアチニン、尿酸値などは下降。ちょっと安心です。
 毎日測定している血糖値は、朝の空腹時で220になるなど、時々異常値が発生。これについては、もう少し様子をみさせてほしいということで、次回まで様子見を見ます。
 大きな変化がないので、まあ良しとします。

   【泌尿器科診察】
 心配していたPSA検査は正常値。尿検査も異常なしでした。
 エコー検査で、前立腺肥大症という診断でした。
 頻尿解消のため、ハルナールDとい薬を引き続きしばらく続けるということです。
 その後は、血液内科の主治医に任されることになりました。
                                                では。また。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年2月 5日 (金)

二十四節気「立春」2016

 2月4日は、二十四節気の「立春」です。暦の上での春が始まりました。京都府南部では、朝から晴れて立春にふさわしい一日となりましたが、はたして、春は始まっているのでしょうか。では、最近の木津川土手周辺をご案内しましょう。

 私の家から、自転車で5分も走れば田園地帯に出られます。田んぼの畦道を進むと、おお! 空でヒバリがさえずっています。春の喜びと神への賛歌が歌われる、メンデルスゾーンの「おお、ヒバリ」を歌いながら先へ進みましょう。(私は、歌は下手くそなので、あくまでも心の中で歌いながら・・・・)
  ~♪ おお ひばり 高くまた / 軽くなにをか うたう / 天のめぐみ 地のさかえ/ そをたたえて うたう/ そをことほぎ うたう ~♪

 寒起こしされた田んぼが広がります。春に向けて人々の営みは、すでに始まっています。野焼きの煙。近くの幼稚園の子どもたちの歓声が聞こえます。
2016risshun101_012016risshun1012016risshun101_02  

 

 

 

   田んぼでは、田んぼの寒起こし作業も至る処で盛んになってきています。
 古川水路の脇で、再び幼稚園生の一団。ドジな子が落ちたら救助するつもり。
 子どもたちがが去った後に、サギがやって来ました。魚たちも動き出しているのでしょうか。
2016risshun201_012016risshun2022016risshun201  

 

 

 

   城陽市はイチジクの産地で、今は剪定作業が盛んに行われています。剪定された枝は、山積みにされ野焼きされます。イチジクの木は毎年枝を切られるため、異様な姿に変形しています。人面木は直ぐに見つかります。
2016risshun3012016risshun301_012016risshun302  

 

 

 

 

   
  ねぎ畑の隣の空き地にナズナが咲いていました。ペンペン草とも、三味線草とも言いますね。可愛いので、「撫で菜」が語源とか。
      ~♪ 良く見れば なずな花咲く 垣根かな  ♪~          芭蕉
      ~♪ 妹が垣根 三味線草の 花咲きぬ   ♪~            蕪村

 畦道を三人組の女の子が通ります。先頭を行く女の子の「私の今年の目標は、女子力を高めること!!」という声が聞こえました。 女子力? 男子を引きつける力?
 最近は、「○○力」という言葉をよく聞きますね。会話力、老人力、発想力、政治力、・・・。 政治力とは、国民を騙す力? 賄賂をもらう力? 定年力検定という試験もあるらしいです。力がないと生きにくい世の中のようですね。終活力と言う言葉も出てきそうな気がします。
2016risshun4012016risshun4022016risshun403  

 

 

 

   ホトケノザ。オランダミミナグサ。ナズナとともに、今の時期の主役です。
2016risshun5012016risshun501_012016risshun501_02  

 

 

 

   オランダミミナグサ。セイヨウタンポポ。小さな春がいっぱい地中から這いだしてきている感じですね。 もしかして、春は地中から? 地中には、春を準備するお母さんがいるそうです。石垣りんさんの詩です。
  ~♪ 二月のあかり   
        ・・・・・
   遠足の朝など
   夜明けの
   まだ暗い空の下で
   先に起き出したお母さんが
   台所のデンキをつけるように
   旅のしたくをはじめるように。

   二月にはぽっかり
   土の窓にあかるいものがともる。
   もうじき訪れる春を待って。

   草の芽や
   球根たちが出発する
   その用意をして上げるために
   土の中でも
   お母さんが目をさましている。 ♪~  
2016risshun601_012016risshun6012016risshun601_02  

 

 

 

   さあ、古川の土手に沿ってどんどん進みましょう。
 カモが泳いでいます。土手のヤナギもほんのりと芽吹きが始まってきましたね。
2016risshun7012016risshun7022016risshun703  

 

 

 

   土手にはアメリカセンダングサが種子をつけています。種子爆弾。服に着くと大変。
 土手の側の畑では、冬の終盤を告げるロウバイが、花をつけています。青い空を雲が流れていきます。雲が翼を広げているみたいですね。
2016risshun8012016risshun8022016risshun803

 


   畑では、春の日を受けて、蕪が黄色い花を付けました。菜の花と区別がつきませんね。蕪のご先祖は、4000年前、ギリシャ時代に遡ることができるそうです。その後、根を食べるカブやダイコン、菜を食べるハクサイ、コマツナ、芽を食べるブロッコリ-、芥子を作るカラシナ、油をとるアブラナなどに進化してきたそうです。春の七草のスズナは、カブのことだそうです。みんな花が似ているわけですね。
 手入れされた冬ネギの畑。
 農業のことは詳しくないですが、たぶん稲藁は、畑の敷き藁になります。
2016risshun9022016risshun9012016risshun903  

 

 

 

   たくさんの小さな春が見つかり、調子に乗りすぎました。木津川土手に到着する前に、ブログの紙面が尽きましたので、この続きの「立春・木津土手編」は次回にします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »