« 散歩写真を考える | トップページ | 定期診察の日(101)・腎臓病? »

2016年1月22日 (金)

二十四節気「大寒」2016

1月21日は、二十四節気の「大寒」でした。一年中で一番寒い頃です。今年も寒波がやってきて、北風の吹きつける寒い一日となりました。では、今の時期の木津川土手をご案内しましょう。

 まずは、木津川土手の大榎に新年の挨拶です。
 大榎は、葉をすべて落とし、激しく乱れる冬の雲の下で、悠然と立っています。大空に向かって何かを求めているのか、空を支えようとしているのか・・・。
 寺田堤の欅も葉を完全に落としています。近くの高校生が耐寒走の最中のようです。
2016daikan1012016daikan101_012016daikan101_02  

 

 

 

   葉を落とした冬の欅をはじめとして、影のように立つ木々の姿は、人の心を捕らえる何かがあるようです。多くの詩や歌に詠まれています。
 国木田独歩は、武蔵野を散歩しながら名作「武蔵野」を残しました。今はもう見ることはできない武蔵野です。その一節から。
 ~♪ 日が落ちる、野は風が強く吹く、林は鳴る、武蔵野は暮れんとする、寒さが身に沁む、その時は路をいそぎたまえ、顧みて思わず新月が枯林の梢の横に寒い光を放っているのを見る。風が今にも梢から月を吹き落としそうである。突然また野に出る。君はその時、 ~山は暮れ野は黄昏のすすきかな~ の名句を思いだすだろう。 ♪~

 あくまでも純粋な信仰を求め続けた夭逝の詩人、八木重吉の場合は、少し痛々しさを感じさせてくれます。
    ~♪  空を指す梢   八木重吉
    そらを 指す
    木は かなし

    そが ほそき
    こずえの 傷(いた)さ      ♪~
2016daikan2012016daikan2022016daikan203  

 

 

 

   欅は、ほうきを逆さにしたような特徴ある姿をしているので、「サカサボーキ」などと呼ばれたりします。まど・みちおさんの詩です。
   ~♪ ケヤキ    (まど・みちお)
   地球の一住民が立っている
   夕やけの
   はるかな地平線に 小さく
   ぽつんと…

   でも あんなに紛れもなく
   ケヤキとわかるケヤキの枝ぶりで!

   おお あれはたずねているのか
   おなじ一住民 このぼくに
   ~おうい
   きみの枝ぶりはあ?…  と    ♪~

  遠くにぽつんと一本のケヤキ。ケヤキは空を掃くホーキ。では、同じ地球の住人である私という木は、どんな枝振りで生きているのでしょうか。 ウーン! 言葉に詰まりますね。 堂々と真っ直ぐに立つ一本の木であってほしいですが・・・。 さて?
2016daikan3012016daikan3022016daikan301_01  

 

 

 

   葉を落とし裸となった木に、たくさんのムクドリが群れています。夕焼け空の中に、今日のねぐらを求めて、次々と飛び立っていきます。
2016daikan302012016daikan30222016daikan3024  

 

 

 

   寺田堤では、冬の花「水仙」も咲き始めました。花の乏しい時期に、寒さに耐えて清楚に咲く水仙の花は、欧米ではナルシスと言うそうです。ギリシャ神話にも登場し、ナルシストの語源になっています。
 ここで木下利玄の一首です。この人の歌は分かりやすいですね。水仙の黄色い部分を杯に見立てていすます。酒好き?
   ~♪  真中の 小さき黄色のさかづきに 甘き香もれる 水仙の花  ♪~
2016daikan4012016daikan401_012016daikan402  

 

 

 

   土手の梅の花も咲き始めました。まもなく立春。今年も、季節の約束は着実に果たされようとしていますね。
2016daikan502_32016daikan5032016daikan501_6  

 

 

 

   晴れた日の土手は、風が少し冷たいですが、気持ちが良いですね。
2016daikan6012016daikan6022016daikan603  

 

 

 

   古川では、農家の方が河原に捨てた蕪から、黄色い花が咲いていました。ど根性大根というのが以前話題になりましたが、これはど根性蕪です。必死に花を着けました。
 その花の向こうにカモがやってきました。
 河原の草むらには、ハルノノゲシが一本、ひっそりと花を着けています。静かに春が近づいてきている気配ですね。
2016daikan7012016daikan701_022016daikan701_01  

 

 

 

   お別れは、夕日の写真を三枚。長谷川河口の残り柿。対岸のサイクリングロード。
 次の節気は、いよいよ「立春」です。
2016daikan801_012016daikan8012016daikan802

|

« 散歩写真を考える | トップページ | 定期診察の日(101)・腎臓病? »

コメント

墓石さん おはようございます。(*^-^*)

寒かったですが、また寒波がやって来るとか。
20日は雪がちらつき宇治田原はたぶん雪だった
でしょうが、検診前で控えました。
昨日木津川堤防へ行かれたのですね。

冬の木もこうしてみると寒さにさらされ健気さが
あって良いものですね。
写真の8段目の右、前ボケが入り好きです。

明日や明後日が雪の様ですが、さて用事もあるし、
雪の写真が撮れるかどうか?雪日は凄く冷たくて
体に堪えると思いません?

投稿: 輝子 | 2016年1月23日 (土) 08時54分

輝子さん、おはようございます。

この寒波では、城陽はまったく雪は無しでした。
宇治田原なら、うっすらと雪化粧していると思いましたが、
出かける元気がなかったです。
寒波が、またやってきそうですね。
月曜日に病院へ行かねばなりません。予約が早いので遅刻できません。
交通機関に障害が出ないか心配しています。JR奈良線は、よく遅延しますからね。

雪の写真は、明日とあさってが最後のチャンスになりそうですね。
遠くまで出かけるなら別ですが。寒い中で無理をするのは、
体には悪そうですね。
気力もいります。さて、どうするか迷いますね。

投稿: 墓石 | 2016年1月23日 (土) 11時36分

墓石さま こんにちは。
寒い中、大寒のお散歩で見つけられた健気な花に感動します。素敵な香りがしたでしょうね。ど根性蕪、美しい!たくましい!えら~い!。見習いたいです。

私はどんな木だろうか?考えましたよ。ケヤキ君に笑われそうな芽を出したばかりのどんぐり?枝を伸ばせず、根も枯れかけた枯れ枝?いやいやまだ「生木」の間は頑張ろうと思いました。
土手の夕日は、とってもきれいですね。「明日」が希望のある日に思えてくるのが不思議です。

月曜日、天候が守られますように。

投稿: ひかる | 2016年1月23日 (土) 11時55分

ひかるさん、こんにちは。

月曜の朝は、ちょっと今から心配しています。
JRは、雪に弱いですからね。

ひかるさんは、生き方がなんだか前向きな感じがしますね。
私なんぞは、冬欅を見ていると、なんだか悲壮感が湧いてきてしまいます。
まどさんの詩の欅からは、元気を出せと笑われているような気がします。

これから春に向かって、花の数もどんどん増えて行くことと思います。
さて、どんな花に出会えるか・・。

投稿: 墓石 | 2016年1月23日 (土) 12時27分

墓石さん、おはようございます。

冷ゆることの至りて甚だしきとき「大寒」が
やってきましたね。
寒いのは苦手で、通勤以外、
家に引きこもりがちになります(笑)

ガンバレナイけどいいでしょう、
私なりのペースでもいいでしょう~♪
なぁんて歌いながら...

ケヤキさんに、「きみの枝ぶりはあ?」なんて
聞かれるとちょっと恥ずかしいです..(笑)

墓石さんの撮られる木津川土手の風景や
草花の写真のファンですが、特に土手を
行く人々が生き生きと写しだされていて
元気づけられます。

寒い日が続きます。お身体どうぞお大事に。

投稿: yasubee | 2016年1月24日 (日) 10時56分

yasubee さん、コメントありがとうございます。

今日は特別に寒いですね。
いつ雪が降りだすのか空ばかり気にしています。
今日は一日引きこもり生活です。
以前なら、雪を求めて何処かへ出かけたと思いますが・・。

今日は、コーヒーでも飲みながら家でおとなしくしておきます。

投稿: 墓石 | 2016年1月24日 (日) 11時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522242/63102088

この記事へのトラックバック一覧です: 二十四節気「大寒」2016:

« 散歩写真を考える | トップページ | 定期診察の日(101)・腎臓病? »