« 宇治田原町高尾の残り柿 | トップページ | 定期診察の日(99)・外科最終診察 »

2015年12月27日 (日)

胆石手術無事終了しました

 21日に入院し、22日に胆嚢摘出手術を受け。昨日、26日に退院することができました。6日間の病院生活でした。今日は、まだ傷口に痛みが少し残っているのと、活動すると貧血で目まいや疲労感が出てきます。というわけで、しばらくは散歩写真などには出ずに、家でおとなしく引きこもり生活をするつもりです。

  入院や手術についての感想などを少々書いてみます。
 朝早く、入院受付で入院手続きをする人の多さに、まずはビックリです。
 私は、20数年前に4ヶ月ほどの入院経験がありますが、その頃に比較すると、病院の体制も様変わりです。電子化がものすごく進んでいます。入院の時、パーコード付きのリストテープをはめられました。なにか商品にされた気分ですね。
 ナースステーションにもパソコンが並び、看護師さんたちがパソコンの前で作業されています。見回りに来る看護師さんも、ワゴンの上にパソコンを載せてやってきて、看護内容や体温などのデータは、電子化して共有されるような仕組みのようです。
  看護師さんの対応がにこやかで、丁寧なので驚きました。この病院だけなのでしょうか?対応がマニュアル化され、研修がゆき届いているからなのでしょうか?
  執刀医から手術内容についての説明がありましたが、過去に撮影した画像などをパソコンで見ながらの説明でした。情報の利用も効率的ですね。
  医療機器の進歩も凄いです。
 手術の次の日、まだ十分歩けない状態なのに、「今から腹のレントゲンを撮ります。」と言われました。一階のレントゲン室まで行くなどとても無茶だと思いましたが、超小型のレントゲンの方がベッドのところまでやって来ました。エコー検査も、パソコンに繋げる携帯型エコー装置で検査をしていただきました。驚きでした。

 全身麻酔を初めて体験しました。「今から、麻酔の点滴が入ります。」という声が聞こえました。それ以後の記憶は全くありません。
 麻酔が覚める瞬間は感動的でした。
 突然、全身に熱い液体が流れ込んでくるような感覚がして意識が戻りました。全身が熱く興奮状態になりました。その時の感覚は言葉では表せません。強いて言えば、「生きていることの喜び」といったものでしょうか。誰とでも握手がしたくなるような、すべてに感謝したくなるような、そんな感情が激しく湧き上がってきました。看護師さんの「手術は無事終わりました。ご苦労様。」という声も聞こえました。
 この世に生まれてくるすべての赤ちゃんも、言葉にはできない生命の興奮状態、喜びと感謝に満ちあふれた興奮状態でこの世に誕生してくるのではないか、生きていることそのものが喜びなのではないか、病室へ運ばれる途中、そんなことを考えていました。もしかして、いや、たぶん、生きていることの本質は「喜び」なのかも知れませんね。
 不思議な感動体験でした。
 病室に着いてからは、痰が絡んだ息苦しさと腹の痛みで、苦痛の連続でした。この場面は、「生きることは苦しみ」という感じでした。次の日も過酷でした。
 
 

 同室のちょっと変わった患者さんと看護師さんのやりとりの妙、手術を見学した研修医さんのズバリ解説など、書きたいことはいろいろありますが、これぐらいにしておきます。
      では。また。

|

« 宇治田原町高尾の残り柿 | トップページ | 定期診察の日(99)・外科最終診察 »

コメント

墓石さま おはようございます。
無事手術が終わってご退院、おめでとうございます。

今朝は冷え込みましたが、お目覚めはいかがですか?
毎朝、麻酔から覚めた時のようだったらいいですね。
体験した人にしかわからない喜び!でも、私にまで感動が伝わってきました!

まだ痛みや貧血の症状などで大変かと思いますが、ゆっくり養生なさってくださいね。

投稿: ひかる | 2015年12月28日 (月) 09時37分

墓石さん 退院おめでとうございます。(^^♪

麻酔から覚めた時には感動的で喜びでしたか。
良かったですね。ほとんどの手術で目覚めた
時は痛いと聞きますが。

今は医療が進みましたね。18年前の私の手術でも
進んだと思いましたもの。特に麻酔の進み方と
言ったら!なんでもコンピューター。

私は腎臓で23センチの傷でしたから、麻酔から覚めれば
痛い事!3日は管だらけ。今は簡単に取れるとか。

これから写真は置いといて、ゆっくり休んでくださいね。

投稿: 輝子 | 2015年12月28日 (月) 11時13分

ひかるさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
今日は、朝早くから病院に行ってきました。
胆石関係は、これで終了ということでした。
貧血が少々つらいです。

麻酔から覚めるときに感じた感動は、何だったのか、思い返しています。
他の人も感じるものかどうか、知り合いにもいろいろ聞いてみようと
思っています。
しばらく家でゆっくりします。ありがとうございました。

投稿: 墓石 | 2015年12月28日 (月) 14時54分

輝子さん、ありがとうございます。

輝子さんは、麻酔から覚めると、痛みが先でしたか。
私は、病室へ帰るまでは痛みを忘れていました。再び寝ていたのかも・・・。
部屋に帰ってから、かなりの痛みでした。
麻酔も進歩しているのでしょうね。

しばらくカメラは置いてゆっくりします。
雪が降って慌てないように、今年は冬用タイヤに交換していないです。
これなら、諦めがつきますね。 悔しさは残るかも知れませんが・・・。

投稿: 墓石 | 2015年12月28日 (月) 15時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522242/62950472

この記事へのトラックバック一覧です: 胆石手術無事終了しました:

« 宇治田原町高尾の残り柿 | トップページ | 定期診察の日(99)・外科最終診察 »