« 定期診察の日(98)・眼科の診察 | トップページ | 宇治田原町高尾の残り柿 »

2015年12月18日 (金)

二十四節気「大雪」2015追加

 先日の二十四節気「大雪」2015の追加写真です。家の近所から木津川土手までの、散歩しながら目に付いたものを紹介していきます。いつもの単なる散歩写真です。

 まず、近所にある文化パルク城陽(文化会館みたいなもの)です。ここの紅葉も最後をむかえています。イチョウはほとんど葉を落としました。コナラの葉がが茶色く紅葉しています。
Taisetutuika201Taisetutuika202Taisetutuika101_02  

 

 

 

 

   灌木類もよく紅葉しています。二枚目の黄葉は、シロヤマブキといって、垣根などによく使われる木ですが、自生しているものは絶滅危惧種だそうです。
 水溜まりに落ち葉が沈んでいます。私なら、想い出や夢の断片、はかなさ、悲しみですが、夭逝の詩人、八木重吉にとってはちがいますね。ウーン、この違いはどこから?
  ~♪ 落ち葉   (八木重吉)
   葉が落ちて
   足元にころがっている
   すこしの力ものこしてもっていない
   すこしの厭味もない   ♪~
Taisetutuika101_01Taisetutuika101Taisetutuika203  

 

 

 

   
   街路樹や庭木の葉も、最後をむかえています。冬芽がしっかり準備されていますね。
Taisetutuika301Taisetutuika302Taisetutuika301_01  

 

 

 

   道ばたの草も、緑を失って枯れ草となり、後に残された種子は春を目指します。
  クロガネモチの実。冬を彩る赤い実ですね。
Taisetutuika401Taisetutuika402Taisetutuika403_01  

 

 

 

   ウワーッ!! 巨大なネズミのような動物が、古川を泳いでいます。ヌートリアですね。丸々と太っています。
 ヌートリアは、戦前、軍隊の防寒服用として、フランスから輸入され、飼育が行われたそうです。「勝利」にかけて「沼狸」(しょうり)と呼ばれていたそうです。今は、侵略的外来生物に指定されています。人間の身勝手に振り回されていますね。
土手に上がると、紅葉はほぼ終わり。「最後の一葉」です。
Taisetutuika502Taisetutuika501Taisetutuika501_01  

 

 

 

   河原は枯れたオギや葦の原っぱ。 流れ橋の修復工事が始まりました。
Taisetutuika601Taisetutuika602Taisetutuika603  

 

 

 

   土手の欅も、葉を落として冬の姿になってきました。
 欅(ケヤキ)は、「けやけき木」が由来だそうです。「けやけき」は「きわだって目立。すばらしい。」という意味の古語です。清水の舞台の柱は、欅が使われているそうです。私は、冬の葉を落とした欅が好きです。枝が、大空をつかむように広がっています。
Taisetutuika702Taisetutuika701Taisetutuika701_01  

 

 

 

   お別れは、木津川土手の大榎です。まだ、黄色い葉が少し残っています。散歩の二人が、なにやら大榎と語り合っています。心理学者のヴィゴーツキーは、「人間の高次心理機能は言語により媒介されている」ということを明らかにしましたが、大榎が語りかけてくる言語は、人間の使用する言語を遙かに超えているように思われます。人間は、言葉を使用するようになって、自然と対話するためのたくさんの能力を失ったと言われています。
 おまけの二枚は、土手下のアパート、第ニ名神城陽ジャンクション工事。
 これで、今年の二十四節気写真は終了です。
Taisetutuika801Taisetutuika801_01Taisetutuika801_02

|

« 定期診察の日(98)・眼科の診察 | トップページ | 宇治田原町高尾の残り柿 »

コメント

墓石さん、おはようございます。

木津川土手も、少しずつ冬支度ですね。
最後の一葉は、もの悲しく寂しいですが、冬芽が
しっかりと準備されているのに勇気づけられます。

流れ橋の修復工事が始まっているのですね。
完成が待ち遠しいです。
完成したら、また写真を撮りに出かけたいです。

風情ある流れ橋の存在を知ったのも、
墓石さんのブログでした。

投稿: yasubee | 2015年12月19日 (土) 07時27分

墓石さん おはようございます。(*^-^*)

城陽パルクから、古川、木津川とすっかり木々の

葉も落ちていますね。1枚の葉と人の写真が好き

です。そして川原の芦原がこの時期の風物

でしょうか。

私も山の紅葉と柿を映したかったけど、宇治田原へ行く

時間を逃しました。家族の病気でアタフタしてまして、

やっと落ち着いたかも?もう山の紅葉も

望めないでしょうね。ご自愛くださいね。

投稿: 輝子 | 2015年12月19日 (土) 10時03分

yasubeeさん、おはようございます。

寒くなって冬本番という感じになってきました。
歳をとると寒さが苦手になってきます。
冬が乗り切れるか心配になってきます。

流れ橋、早く復旧してほしいです。
流れにくいように、現在より75cmかさ上げして復旧するそうですよ。
待たれます。

投稿: 墓石 | 2015年12月19日 (土) 10時48分

輝子さん、おはようございます。

散歩写真は、何でも被写体にする強引さが必要ですが、
冬になると、雪でも降らないかぎり、やっぱり被写体に
は苦労します。

一週間ほど前に、短時間宇治田原の高尾に行ってきましたが、
柿は少なかったです。今年は不作の年だったかもです。
今年の紅葉の時期は、ほんとうに写真に行けませんでした。
体調が良くなるのを待ちます。

投稿: 墓石 | 2015年12月19日 (土) 10時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522242/62894415

この記事へのトラックバック一覧です: 二十四節気「大雪」2015追加:

« 定期診察の日(98)・眼科の診察 | トップページ | 宇治田原町高尾の残り柿 »