« KS病院の膵・肝外科診察 | トップページ | 上部消化管内視鏡検査 »

2015年11月 8日 (日)

「霜降」から「立冬」の頃

今日、11月8日は二十四節気の「立冬」です。いよいよ冬になりましたね。朝から雨が降って、薄ら寒いです。
 10月24日は、二十四節気「霜降」でしたが、体調不良のためお休みさせていただきました。しかし、体調不良ながらも、時々は木津川土手に散歩にでかけ、季節のうつろいを楽しんできました。そこで、今日までに撮した最近の写真を、【「霜降」から「立冬」の頃】としてまとめてみました。

  今は「晩秋」と呼ばれる時期です。近畿地方は、10月25日に木枯らし一号が吹きました。朝の冷え込みで雲海が見られたとか、紅葉が始まったとか、北国や高い山からは雪の便りも聞かれるようになりました。
 さて、「晩秋」は、いつから始まるのでしょうか。私の考えでは、稲刈りの終了と共に始まると思います。田園風景は、稲刈りが終わるとたちまち冬へ向かって一変するのです。干し藁の片付け、籾殻の処理などの作業も、どこか冬への準備を感じます。
Soukourittou101Soukourittou101_01Soukourittou102  

 

 

 

   野焼きの紫煙が、枯れ色の野を優しく包みます。小春日の中を漂う野焼きの煙、これが晩秋の空気感の源です。
Soukourittou201_02Soukourittou201Soukourittou201_01  

 

 

 

   田んぼの中に立ち並ぶ藁地蔵は、晩秋の物言わぬ語り部です。
Soukourittou301_01Soukourittou301_02Soukourittou301  

 

 

 

   野に咲く花も、しだいに数を減らし、セタイカアワダチソウの黄色が目立ちます。田んぼの畦道に沿って、温かい小春日を拾い集めるように赤まんまの花が広がっています。
 八木重吉の詩です。
 ~♪  秋の光
   ひかりがこぼれてくる
   秋のひかりは地におちてひろがる
      (ここで遊ぼうかしら)
    このひかりのなかで遊ぼう  ♪~
Soukourittou401_01Soukourittou401_02Soukourittou401  

 

 

 

   あんなにも夏を歌っていた蓮も、今ははうなだれて夏の夢を追っています。枯れ草に混じって、ヒメジョオンが最後をむかえています。温かい小春日を受けて、子どもたちが畦道を行きます。
Soukourittou501Soukourittou501_01Soukourittou501_03  

 

 

 

   土手に上れば、晩秋を歌っているのは木々の紅葉です。土手の大榎が、ゆっくりと黄葉を始めました。寺田桜堤では、桜や欅の木が紅葉しています。
Soukourittou601_01Soukourittou601Soukourittou601_02  

 

 

 

   シロという名前の大きな犬を散歩させる人が来ました。奥さんを亡くし、今は犬と二人暮らしだというこの人、この人の周囲にはゆっくりとした特別な時間が流れているように思われます。
Soukourittou701_01Soukourittou701_02Soukourittou701_03  

 

 

 

   夕日が射してくると紅葉たちは、ますます静かに晩秋を語ります。晩秋の夕暮れの時間は、静かにゆったりと流れています。一日の時間の流れは、一様ではないように思います。ゆっくりと流れる特別の時間帯があるのです。
Soukourittou801_01Soukourittou801Soukourittou801_02  

 

 

 

   土手に夕日が沈みます。一日の活動を終えた人も川鵜たちも、ねぐらへと急いでいます。日が沈むと急に風の冷たさを感じます。
Soukourittou901_02Soukourittou901Soukourittou9101  

 

 

 

   では、お別れの三枚です。なぜか惹かれる土手の杭。並んだ杭の続く先は冬? 
 夕日に揺れるオギ。手招きしているのか、さよならをしているのか? たぶん別れ?
   ~♪ 君が手も まじるなるべし 花すすき ♪~      去来
 穴だらけの桜の枯れ葉。秋の終わりを告げているような・・・。O・ヘンリーの「最後の一葉」を思い出しました。 何か人恋しい晩秋です。  では。また。
Soukourittou9101_03Soukourittou9101_01Soukourittou9101_02

|

« KS病院の膵・肝外科診察 | トップページ | 上部消化管内視鏡検査 »

コメント

墓石さま おはようございます。
秋から冬へ。ホッとするお散歩風景を楽しませていただきました。

秋のゆったりした風景、何ともいえません。懐かしい田んぼの景色から野焼きの香りがしてきます。草花も静かに冬を迎える準備。シロはなんてやさしく寄り添っているのでしょう!ふたりは心が一つみたいですね。

ふと、冬になると丹後半島はどんよりとした日が多いのかしら?光の見えない日が続くのかしら?と思って「丹後半島」の写真を拝見していました。丹後半島は本当に美しいですね。そして…輝く海!雲の切れ間から差し込む光!わたしはやっぱり光が大好きです。

手術や今後の治療もうまくいきますように(*゚ー゚*)

投稿: ひかる | 2015年11月 9日 (月) 10時24分

ひかるさん、こんにちは。
写真を見ていただきありがとうございます。
私のふるさと丹後半島の写真も見ていただきありがとうございます。
もう久しく丹後半島の写真撮影には行けてないです。
荒れ狂う日本海の荒波を写したいですが、体力的にどうも・・です。

昨日も、今日も天気が悪くて薄ら寒いですね。
物干し台読書はお休みです。やはり、温かい光がほしいです。

これから冬に向かいますが、どうなることやら。
ひかるさんも、風邪など引かないよう注意してください。


投稿: 墓石 | 2015年11月 9日 (月) 15時00分

こんにちわ
 
気持ちの良い小春日和ですね。優しい光に包まれて誰も彼も幸せそうです。
こんな日のように 穏やかな心持ちで過ごせたら嬉しいですね。
黄金色に包まれた様が 本当に素敵です。

今年は里の紅葉が素敵に色ずいていますね。


結婚30周年で鎌倉に行ってきました。
ホテルで本を読んだり 海を眺めたり お腹が空いたら散歩がてらご飯食べてぶらぶらしての、のんびり旅行。
うちにいる時と同じですね。(笑)
でも家には海がないもんで穏やかな海を見に行ってきました。
丹後半島の海も見てみたいです。


連日の検査お疲れ様です。嫌になりますよね。

無事手術がすみ、痛みが治まりますように。
穏やかな日常が1日も早く戻りますように。
優しい風景ありがとうございました。

投稿: J | 2015年11月10日 (火) 12時43分

Jさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

結婚30周年で鎌倉旅行ですか。いいですね~。
良い時間を過ごされましたね。
結婚30年ということは、真珠婚式ということですね。
おめでとうございます。

ここ二日間ほど雨でしたが、今は晴れてきました。
北風が少し吹き始めました。明日から少し寒くなると思います。
Jさんも、体を大切にしてくださいね。

投稿: 墓石 | 2015年11月10日 (火) 16時55分

墓石さん こんばんは。(*^_^*)

木津川土手と田んぼの風景。長閑な中にも
晩秋の哀愁が滲み出て素敵です。

いつの間にやら11月。京都も紅葉が進んで
来たでしょうね。寺田桜も随分きれいになりましたね。

様々な検査や不調で、たまにはパチリをして
気分転換しなきゃ。季節は刻々と変化して
面白いものです。遠出より近場の方が繊細な部分
までキャッチ出来、素晴らしい写真が撮れますね。

早く手術が済、痛みや苦しみが治まりますように。
快復を心から願っています。

投稿: 輝子 | 2015年11月10日 (火) 19時30分

輝子さん、こんばんは。
ありがとうございます。

季節がどんどん進んでいきますね。
冬型の気圧配置になってきたので、明日から少し寒いと思いますよ。
最近、すっかり寒さに弱くなってしまいました。
冬が心配になってきています。

最近は、ほとんど家の中で過ごすことが多くなりました。
今年はまだ、宇治田原の柿風景を撮れていません。
たぶん、今年はチャンスが無いような気がします。

投稿: 墓石 | 2015年11月10日 (火) 20時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522242/62639091

この記事へのトラックバック一覧です: 「霜降」から「立冬」の頃:

« KS病院の膵・肝外科診察 | トップページ | 上部消化管内視鏡検査 »