« 二十四節気「寒露」追加写真① | トップページ | 二十四節気「寒露」追加写真② »

2015年10月23日 (金)

外科の診察・脾臓の腫瘍

 今日は、KS病院の外科の診察を受けてきました。この診察で、胆石手術の日程が決まる予定でしたが、決まりませんでした。(内心、ちょっと予感はしていましたが・・)

 少し暗い報告になりますが、診察結果を冷静に箇条書き的にまとめまてみます。
  ★胆石の手術そのものは難しい手術ではなく、いつでもできるのだが・・・、
  ★胆石よりも、脾臓の腫瘍の方が重要である。
  ★治療の優先度は脾臓の方が高い。
    ★造影剤を入れたCT検査をみて、治療方向をはっきりさせる必要がある。
  ★その結果で、総合的に治療方針を決めたい。
  ★脾臓や肝臓を専門にやっている医師(外科)に予約を入れておきます。
ということでした。
 したがって今後は、造影剤CT検査→血液内科の主治医の判断→外科(脾臓専門)という診察の流れになります。
 脾臓のMRI画像を見せられ、前回見たときはチラッと見ただけですが、ゆっくり見てみると、あらためて腫瘍の大きさに驚きました。
 この医師(外科部長さん)は、「これから患者として、いろいろ選択を迫られる場面もあると思いますよ。」と言っておられました。
 「いろいろ選択」とは、どんな選択か、この一言の意味は、私には痛いほどよく理解できます。しかし、即座に反応できず、「はぁ~」と気の無いような返事しかできませんでした。子どもの頃から、重大な場面に直面しても、「はぁ~」という気のない返事をするのは私の特徴です。       では。また。

|

« 二十四節気「寒露」追加写真① | トップページ | 二十四節気「寒露」追加写真② »

コメント

墓石さん おはようございます。(*^_^*)

昨夜も親しいネット友と電話で話してたのです。
その方の御主人も転移の有る大腸癌。
この頃身辺で余りにも多い癌!

でもその友人は家族も癌が多く、熟知してます。
この頃は癌も癒される病になったと。

墓石さんも最善の治療法で癒されますように。

投稿: 輝子 | 2015年10月24日 (土) 10時32分

輝子さん、おはようございます。

高齢化社会になってきているので、癌による死亡率が増えているのは、
当然の成り行きですね。
嫌なことですが、運命は、受け入れるしかありませんね。

ありがとうございます。

投稿: 墓石 | 2015年10月24日 (土) 10時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522242/62535543

この記事へのトラックバック一覧です: 外科の診察・脾臓の腫瘍:

« 二十四節気「寒露」追加写真① | トップページ | 二十四節気「寒露」追加写真② »