« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

2015年10月29日 (木)

風を考える

  最近体調不良で、毎日ゴロゴロと日を送っています。暇に任せ、「風」についていろいろ書いてみました。

  人はどこから来て、どこへゆくのでしょうか。人はいつの間にかこの世にあり、やがてどこかへ消えていきます。風もまた、絶えることなく、どこからか吹いてきて、どこかへ吹き去ってゆきます。人の一生は、風のようなものではないかと思えてきます。
 徳富蘆花は、「湘南雑筆」の中で、雨と比較して、風は「過ぎ行く人生の声なり」と書いています。
 ・・・・雨は人を慰む、人の心を医す、人の気を和平ならしむ。真に人を哀しむるものは、雨にあらずして風なり。飄然として何処よりともなく来り、飄然として何処へともなく去る。初めなく、終りを知らず、蕭蕭として過ぐれば、人の腸を断つ。風は、過ぎ行く人生の声なり。何処より来りて何処に去るを知らぬ「人」は、この声を聞いて悲しむ。「春秋も、涼む夕べも、凩も、あわれに風に限るなりけり」。古人已にいう。・・・・
  蘆花にとって風とは、人生の漂泊感や無常感、悲しみの声なのです。

  昨年亡くなった詩人・長田弘さんは、アンデルセンの童話について書いた作品、「風は物語る」で、次のように書いておられます。
 ・・・・人生は一冊の本だ。風だけが読むことのできる一冊の本だ。風が枝や葉をざわざわさせてふきぬけてゆく。風の音は、風がものいわぬ本のページをめくっていく音である。物語を読むとは、そうしたものいわぬ一冊の本を開いて、語られることなく生きられた1コの物語をそこに読むということなのだ。・・・・

 「人生とは、風だけが読むことのできる一冊の本だ。」 風にしか読まれることのない人の一生。人間存在の漂泊感、無常感や悲しさ。ザワザワと木の葉を揺らし吹き抜けていく風の中には、言葉では語ることのできない無言の世界が広がっています。

  不断に時は流れ、季節はうつろっていきます。うつろう季節を運ぶのは風です。人は、風の中にうつろう季節を感じとります。古今集・藤原敏行の歌にも詠まれています。
  ~♪ 秋来ぬと目にはさやかに見えねども風の音にぞおどろかれぬる ♪~
  また、風は季節を語ります。大伴家持の歌です。
  ~♪ 今よりは 秋風寒く 吹きなむを  いかにかひとり 長き夜を寝む  ♪~
(これから秋風が寒く吹くのに、どのように一人で長い夜を寝たらよいのでしょう)

  日本文学の古典「枕草子」。清少納言は、風をどのように書いているのでしょうか。ちょっと気になりますね。 枕草子第187段です。
  ~♪ 風は、嵐。
  三月ばかりの夕暮れに、ゆるく吹きたる雨風。
  八、九月ばかりに、雨にまじりて吹きたる風、いとあはれなり。
  ・・・・暁に格子、妻戸をおしあけたれば、嵐の、さと顔にしみたるこそ、いみじく  をかしけれ。・・・・♪~

  清少納言は、「風は、嵐」、また、「野分のまたの日こそ、いみじうあはれにをかしけれ」と、きっぱり書いています。中宮定子を支えて、宮中の風を巧みに受け流しながら生きた清少納言にとって、風は、「あはれにをかしけれ」だったのでしょう。芯のの強そうな女性ですね。 「嵐に向かって立つ」。軟弱な私にはちょっと似合わないです。

  フォーク歌手・ボブ・ディランは、「風に吹かれて」(Blowin' In The Wind)で、公民権運動や平和について歌いました。私と同世代の人はたいてい知っている歌と思います。
  ~♪ How many roads must a man walk down
     ・・・・
    The answer my friend is blowin' in the wind (友よ答えは風の中にある)
     The answer is blowin' in the wind    (答えは風の中にある.) ・・・♪~

  「友よ答えは風の中にある」と歌いますが、遙かに吹き渡ってゆく無常の風の中には、残念ながら答えはありませんね。もしかして、人権や平和は永遠の課題だと歌っているのでしょうか?
 
 人の悲しみ、漂泊感、無常観を湛えて吹き渡る風。季節を運び、季節を語る風。
 風に吹かれ、人はどこから来てどこへゆくのでしょうか? 私のようなものにとっては、難しすぎる問題です。
      では、答えのないまま、このあたりで。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2015年10月26日 (月)

腹部造影CT検査

 今日は、KS病院で造影剤を入れての腹部CT検査を受けてきました。
午後4時の検査だったので昼食抜き、かなり疲れました。造影剤を入れる針を刺すのに失敗して痛かったということはありましたが、あっという間に終了です。10分くらい?
 病院の食堂で遅い昼食を食べ、タクシーで帰宅しました。

 来週、血液内科の定期診察で検査の結果を聴くことになります。この時は、一定の決意を持って臨まねばなりません。胆石のためか、背中や腹がジワジワと痛むので、思考に集中できなくて、何か落ち着かないですね。   では。また。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年10月25日 (日)

二十四節気「寒露」追加写真②

 先日の散歩写真の続きです。体調も良くないため、家の近所の田んぼが中心です。
 先ず、家の近所の文化パルク城陽です。桂の木の黄葉が始まり、すっかり秋色に覆われました。
Kanro20152101Kanro20152102Kanro20152103  

 

 

 

   花に蝶がきています。子どもたちがいます。少し傾きかけた陽ざしが、ほんのりと温かいです。こんな時はきっと、目には見えない誰かさんが小さい秋を捜しているのでしょうね。誰かさんは、遠い少年時代に小さい秋をみつけるのかも知れません。
Kanro20152201Kanro20152202Kanro20152203  

 

 

 

  ~♪ 武蔵野の 野少女どもの稲を刈る 鎌日に白し 唯稲を刈る ♪~
 これは、詩人の前田夕暮の見た稲刈り風景ですが、鎌が日に輝き、野少女(のおとめ)たちが黙々と稲を刈っています。昔は、若者たちも農業を担っていました。遙か昔の情景です。今は、老人ばかり、しかも機械ですね。
Kanro20152301Kanro20152301_02Kanro20152301_01  

 

 

 

   私が子どもの頃は、刈った稲は稲木に掛けられていましたが、今では珍しいですね。
 刈り取りの終わった田んぼには、藁の束が地蔵のように立ち並んでいます。
Kanro20152401Kanro20152401_01Kanro20152401_02  

 

 

 

   立ち並ぶ藁地蔵は、なぜか、いつも向こう向きに見えます。どこか悲しそうに見えるのは、私だけでしょうか。
  籾殻が山のように積まれています。近江富士とか、信濃富士とか、各地に富士がありますが、これは田んぼの籾富士です。籾摺り機のある小屋の側に、この籾山はあります。
Kanro20152501_03Kanro20152501Kanro20152501_01  

 

 

 

   ~♪犬蓼の くれなゐの茎はよわければ 不便に思ひ 踏みにけるかも♪~
  これは島木赤彦の歌ですが、赤まんまと呼ばれるこの花も、秋の畦道には必要な花ですね。弱々しく見えますが、踏まれても踏まれても、けっこう栄えています。赤まんまで、ままごと遊びをする子どもたちは、もはやいませんが・・・。
 休耕田にコスモスです。この花も、すっかり秋を代表する花になりました。コスモスには青い空が似合うと思うのですが、人により、場面によりいろんな感じ方があります。
  片山広子の歌です。秋の温かい陽ざしを感じる、のどかなコスモスです。
  ~♪ こすもすや 観音堂のぬれ縁に 足くづれたる 僧眠りゐぬ ♪~
  与謝野晶子の場合は、ちょっと雰囲気が違います。
  ~♪ こすもすよ 強く立てよと云ひに行く 女の子かな 秋雨の中♪~
この女の子は、与謝野晶子そのものでは、と思うとちょっと笑えます。
Kanro20152601_04Kanro20152601_02Kanro20152601_01  

 

 

 

   休耕田のコスモスの向こうに藁の束みえます。藁の束たちが、何かお喋りをしているようにも見えます。藁の蔭に、もう決して帰ることのない幼なじみが隠れているような気がしたりもします。秋の日だまりの幻覚ですね。
   北原白秋の歌です。
  ~♪ 秋の田の 稲の刈り穂の新藁の 積藁のかげに 誰か居るぞも ♪~
Kanro20152602Kanro20152701Kanro20152704  

 

 

 

   秋の野の花といえば、野菊ですね。野菊といえば、伊藤左千夫の「野菊の墓」ですね。私と同年代より上の人なら必ず知っています。ちょっと封建体制の臭いのするこの作品、今の若者には支持されないような気がします。
 伊藤左千夫の歌です。
   ~♪ 秋草の いづれはあれど露霜に 痩せし野菊の 花をあはれむ ♪~

 石川啄木の歌はどうでしょうか。これも、今の若者には支持されないですか? いや、案外そうでもないのかも。
   ~♪ ふためきて 君が跡追ひ野路走り 野菊がなかに 寝て空を見る ♪~
Kanro20152801_02Kanro20152801Kanro20152802  

 

 

 

   お別れは、夕日に輝くエノコログサ、フウセンカズラです。フウセンの中にはどんなものが入っているんでしょうね。 小さい秋? 想い出?・・・・  では。また。
Kanro20152901Kanro20152902Kanro20152901_01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年10月23日 (金)

外科の診察・脾臓の腫瘍

 今日は、KS病院の外科の診察を受けてきました。この診察で、胆石手術の日程が決まる予定でしたが、決まりませんでした。(内心、ちょっと予感はしていましたが・・)

 少し暗い報告になりますが、診察結果を冷静に箇条書き的にまとめまてみます。
  ★胆石の手術そのものは難しい手術ではなく、いつでもできるのだが・・・、
  ★胆石よりも、脾臓の腫瘍の方が重要である。
  ★治療の優先度は脾臓の方が高い。
    ★造影剤を入れたCT検査をみて、治療方向をはっきりさせる必要がある。
  ★その結果で、総合的に治療方針を決めたい。
  ★脾臓や肝臓を専門にやっている医師(外科)に予約を入れておきます。
ということでした。
 したがって今後は、造影剤CT検査→血液内科の主治医の判断→外科(脾臓専門)という診察の流れになります。
 脾臓のMRI画像を見せられ、前回見たときはチラッと見ただけですが、ゆっくり見てみると、あらためて腫瘍の大きさに驚きました。
 この医師(外科部長さん)は、「これから患者として、いろいろ選択を迫られる場面もあると思いますよ。」と言っておられました。
 「いろいろ選択」とは、どんな選択か、この一言の意味は、私には痛いほどよく理解できます。しかし、即座に反応できず、「はぁ~」と気の無いような返事しかできませんでした。子どもの頃から、重大な場面に直面しても、「はぁ~」という気のない返事をするのは私の特徴です。       では。また。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年10月20日 (火)

二十四節気「寒露」追加写真①

 体調不良のため、二十四節気「寒露」2015の写真はお休みしましたが、胆石の痛みが少し和らいだのをいいことに、無理をして、久々に散歩写真に出かけてきました。

 今の時期、木津川の土手では、秋の光の中でセイタカアワダチソウやオギが、風に揺れています。川の水が、キラキラと秋の光を反射しています。遠くには比叡や愛宕の山並みが青く見えています。
Kanro2015101Kanro2015102Kanro2015101_01  

 

 

 

   日が傾き始めると、エノコログサやオギが一斉に金色に輝き始めます。秋の夕暮れの始まりです。
Kanro2015202Kanro2015201_2Kanro2015203  

 

 

 

   夏の夕刻は、赤く燃え立つような夕雲に喜びを感じますが、秋の夕刻は、きらめく光に何故かはかなさを感じます。風に揺らぐオギやアシの演出によるのでしょうか。
Kanro2015301Kanro2015301_01Kanro2015302  

 

 

 

   日が沈むと、急に風の冷たさを感じます。ふと、虫の声にも気づきます。
Kanro2015401_02Kanro2015401Kanro2015401_01  

 

 

 

   土手を散歩する楽しみの一つは、「雲見」ですね。土手へ上がる坂道を行けば、頭上に大きく空が広がります。空には雲が浮かび、自分もまた雲のような存在であることを確信します。
Kanro2015501_02Kanro2015501Kanro2015503  

 

 

 

   「花見」や「月見」という言葉は一般的ですが、「雲見」という言葉は辞書にはありません。宮沢賢治の童話「蛙のゴム靴」に、「雲見」という言葉が使われています。おそらくこの言葉は、宮沢賢治の造語だと思います。
 「 蛙のゴム靴」
   ある夏の暮れ方、カン蛙ブン蛙ベン蛙の三疋は、カン蛙の家の前のつめくさの広場に座って、雲見といふことをやって居りました。・・・ それで日本人ならば、丁度花見とか月見とかいふ処ところを、蛙どもは雲見をやります。・・・・

 「土手の雲見」、いいですね~。夕日の時間が一番です。「中秋の雲見」です。
Kanro2015502_01Kanro2015501_01Kanro2015502  

 

 

 

   稲も金色に輝く穂を着けました。稲刈り前の写真です。稲刈り後の写真は、次回に。
Kanro2015702Kanro2015701_01Kanro2015701  

 

 

 

   お別れの三枚です。キンモクセイの咲く田んぼ。城陽ジャンクション工事の夕日。
   次回は、稲刈り、野の花です。     では。また。
Kanro2015801_01Kanro2015801Kanro2015802

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2015年10月19日 (月)

定期診察の日(94)・脾臓の腫瘍など

 今日は、KS病院に定期診察に行ってきました。秋晴れの良い天気の日でした。
 さて、診察の結果ですが、課題が増えてきましたので、課題別にまとめますね。

 【血液の病気】
 アグリリンを一日4カプセル/dayに増量した効果が出て、血小板は52万/μl  に減少しました。その他の数値では、ヘモグロビンが再び10直前まで下降しました。これは、少し暗いですね。
  AST、ALT、ALP、γ-GTP、などの肝臓系数値は、少し下がってきたものの相変わらず異常値のままです。
 高血圧症については、微妙な値が続いているので、もう少し様子をみさせて下さいということでした。次回までに、使用する薬を検討しておくということです。
  引き続き、アグリリン、一日4カプセル/dayが続きます。

 【脾腫瘍】
 MRIの検査で、偶然見つかった脾臓の黒い影ですが、悪性リンパ腫、血管腫、リンパ管腫などの脾腫瘍ということです。MRIの画像では解像度が足りないため、どの腫瘍かは判定できないそうです。そのため、造影剤を入れてのCT検査をすることになりました。来週実施です。
 悪性が否定できない場合、普通は、脾臓摘出になりますが、血液の病気があるのに脾臓を摘出すれば、それでアウトですね。それはできないです。
 ちょっと危機が迫っているかもですね。

 【膵管内乳頭種】
 これについては、血中アミラーゼの検査をしたり、腫瘍の成長ぐあいなど、しばらく様子をみるそうです。

  【胆石症】
   これは、手術の方向で、今週、外科の診察を受けます。

 以上のように、こっちが頼んだ訳でもないのに、かってに病気に押しかけられて、すっかり病気とお友達生活になっています。    では。また。 今週後半に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月15日 (木)

脳神経・脳卒中科診察

 今日は、KS病院の脳神経・脳卒中科で診察を受けて、先日受けたホルダー心電図、頸動脈ドプラ検査、心臓超音波検査の結果を聞いてきました。結論をまとめると、次のようなことでした。
  ★ホルダー心電図で、心房細動などの所見は無しです。これは一安心だそうです。
  上室性期外収縮=1496/日  2連発66回 4連発19回
(これがどんな意味を持つのか素人には不明。治療の必要はないということです。)
 ★頸部超音波検査で1.3mmの動脈硬化 心臓超音波検査で軽度左室肥大
   血圧が高く、管理をする必要があるので、血液内科の主治医に手紙を書いておくということでした。

  新たに治療が必要ということではなかったので良かったです。
 血圧の管理手帳を渡されて、とりあえず、毎日2回血圧を記録するよう言われました。 アグリリンを服用するようになって、50前後だった脈拍が急に増えて、動悸を感じることが多くなりました。夜の安静時には、40台だった脈拍が、最近では80を超えることも珍しくないです。血圧も急に高くなりました。私としては、薬の副作用を疑っています。
        では、来週は血液内科の定期診察と外科の診察です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年10月10日 (土)

二十四節気「寒露」2015

 10月8日は、二十四節気の「寒露」でした。暦便覧には、「陰寒の気に合って、露むすび凝らんとすれば也」と説明されています。
 木々の葉は少しずつ色を変え、田んぼでは稲刈りが進み、畦道には野菊が咲き、秋はますます深まりを見せています。
  私はといえば、ここのところ体調不良と病院通いが続き、カメラを手にする機会がありません。五年間続いた二十四節気写真ですが、今回の二十四節気「寒露」は、お休みとさせていただきます。
  下に、過去の二十四節気「寒露」をリンクしておきます。5年間も続けてきたことにあらためて驚くと共に、あまり進歩のない写真にちょっと苦笑いです。 では。また。

    ★2010年の「寒露」へ → こちらから  

        ★2011年の「寒露」へ → こちらから

        ★2012年の「寒露」へ → こちらから

        ★2013年の「寒露」へ → こちらから

        ★2014年の「寒露」へ → こちらから

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年10月 8日 (木)

腹部MRI検査・消化器内科診察

 今日はKS病院で、胆嚢内胆石症のために、腹部MRI検査と消化器内科の診察を受けてきました。
 MRIは、寝て音楽を聴いているだけなので何の苦痛も無く終わりました。朝から、絶飲食だったので、これが苦痛でしたが、検査が終了すると直ぐに病院の食堂で朝食を食べました。

 さて診察ですが、胆石の話が最初と思いきや、ななんと!「膵臓に腫瘍が見つかりました」で始まりました。膵臓に「膵管内乳頭腫瘍」(膵臓ガンの一種)が見つかったというのです。今後、継続的に検査、監視していなければならないということです。この腫瘍は、膵臓内に閉じこもっている場合は、比較的処理はしやすいそうです。一定の段階で手術が必要なようです。しかし、この腫瘍の場合は、すでに他臓器への転移をともなっている場合もあり、胃や大腸の内視鏡検査も、今後、計画するということでした。

 ちょっと嫌な気分になったおまけに、もう一つ問題が見つかりました。脾臓に黒い大きな影があるということです。画像を見ると、素人が見ても分かる影が映っていました。このような影は、悪性リンパ腫に見られる所見だそうです。これも、今後検査をして、影の正体を追求していくことになりました。

 最後に、やっと胆石の話でした。胆管には胆石はなく、胆嚢内に留まっているとのことでした。現在、痛みも治まり肝臓の数値も改善してきています。
 そこで、このまま様子をみるか、手術をするかの選択肢が、私に与えられました。私は、手術を即答しました。「骨髄の病気でまもなく危機がきますが、体が弱って手術もできない状態になってから、胆石の痛みでさらに苦しむのは嫌なので、元気なうちに手術をします。」と。
 手術は、外科の担当なので、外科の診察を予約していただきました。とりあえず、急を要するものから処理をしていきます。
 何だか可笑しいくらいに、次々と困難が降りかかってきますね。
  明日は、血管と心臓の検査で、また病院にお世話になります。 では。また。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2015年10月 5日 (月)

定期診察の日(93)・アクリリン増量

 今日は、KS病院に定期診察に行ってきました。
 最近の症状としては、胆石症による背中や腹の痛みは少し改善してきています。しかし、足の痺れの方がひどくなってきました。じっとしていると痺れをより感じて、寝られなくて困っています。

 さて、診察の結果です。
 血小板は、72万/μl  に上昇しました。上昇傾向が続いています。足の痺れもひどくなっていることも考え合わせ、アグリリンの増量が決まりました。4カプセル/dayです。
 その他の数値では、ヘモグロビンが10直前まで下降して心配していましたが、11台に増加しました。
  AST、ALT、ALP、γ-GTP、などの肝臓系数値は、少し下がってきたものの異常値のままです。
 今週に消化器内科の検査と診察が予定されています。胆石症から脱出するには、手術しかないということのようです。気が重いですね。
                         では。また。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2015年10月 4日 (日)

二十四節気「秋分」・追加

体調不良のため、ちょっと時期がずれましたが、「秋分」の追加です。
 秋分の頃といえば、彼岸花ですね。木津川の土手でも彼岸花が満開になりました。土手の斜面に、彼岸花が、はっとするような鮮やかな赤色を添えています。
 彼岸花はよく詩や歌謡曲に歌われていますね。
 浅川マキは、「♪港の彼岸花」で「・・・悲しい恋なら何の花 真っ赤な港の彼岸花」と歌っていました。
  山口百恵も、「♪曼珠沙華」で、「・・・マンジューシャカ 恋する女は / マンジューシャカ  罪作り / 白い花さえ 真紅に染める~」と歌っていましたね。
 燃え上がる女の情念を歌うには、炎のような彼岸花は最適ということのようです。
 土手の彼岸花は、女の赤く燃える情念というより、のんびり咲いているように、私には思えます。年取ったせいですかね・・・。
Higanbana101Higanbana101_01Higanbana102  

 

 

 

   ランニングをする父と娘。自転車で散歩する親子。榎に寄り添う彼岸花。彼岸花が、秋の風景を演出しています。
Higanbana202Higanbana203Higanbana201  

 

 

 

 

   中原中也の詩にも彼岸花が登場します。
   ~♪ 盲目の秋    中原中也
  ・・・・
風が立ち 浪が騒ぎ、
無限の前に腕を振る。
もう永遠に帰らないことを思って、
酷白な嘆息するのも 幾たびであろう・・・
私の青春はもはや堅い血管となり、
その中を曼珠沙華(ひがんばな)と夕陽とがゆきすぎる。
それは、しづかで、きらびやかで、なみなみとたたえ、
去りゆく女が 最後にくれる笑(えま)ひのように、
厳かで、ゆたかで、それでいて侘しく、
異様で、温かで、きらめいて胸に残る・・・
あぁ 胸に残る・・・
Higanbana301_01Higanbana302Higanbana303  

 

 

 

   金子みすずの詩にも彼岸花が登場します。
~♪ 曼珠沙華  金子みすず
秋のまつりは
となり村、
日傘のつづく
裏みちに、
地面(ヂベタ)のしたに
棲むひとが、
線香花火を
たきました。
 
あかい
あかい
曼珠沙華。

 地面の下に棲む人とは誰なのでしょうね。 亡くなった人? 寂しい心の人?
Higanbana402Higanbana401Higanbana403  

 

 

 

   北原白秋の歌にも「♪曼珠沙華(ひがんばな)」という歌があります。
  ~♪
曼珠沙華(ひがんばな)
GONSHAN. GONSHAN. 何處へゆく、
赤い、御墓の曼珠沙華(ひがんばな)、
曼珠沙華、
けふも手折りに來たわいな。
GONSHAN. GONSHAN. 何本か、
地には七本、血のやうに、
血のやうに、
ちやうど、あの兒の年の數。
  ・・・・・・♪

 「ごんしゃん」というのは、九州柳川方言で「良家の令嬢」のことだそうです。    不倫の子を産み落とし、気の触れたごんしゃんが、七歳になる子どものために彼岸花を摘みにきたのでしょうか? 堕胎した子の歳が七歳になるということなのでしょうか? ちょっと意味深な歌ですね。怖いような・・・。
 女の情念だの失恋だの、彼岸花は、なかなか深刻な意味を持った花のようですね。
 秋空に立ち上がる爽やかな彼岸花でお別れです。
Higanbana501Higanbana502Higanbana503


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2015年10月 2日 (金)

KS病院臨時診察・小脳梗塞の疑い

 先日、激しい回転性目まいと吐き気のため救急車で運ばれ、自宅近くの病院で診察を受けました。その時の当直の医師は、CT画像を見て脳には異常がないという診断でしたが、昨日なって、その病院から電話があり、CT画像をよく見ると小脳梗塞の疑いがあるので、MRIなどの検査を受けた方が良いという連絡を頂きました。それで、紹介状とCT画像を受け取り、今日、KS病院で脳神経内科の診察を受けてきました。
 CT画像の小脳の一部に微妙な黒い影があるということで、救急対応でほとんど待ち時間無しで、脳のMRIを撮っていただけました。
  検査の結果、MRI画像には梗塞は見られず、一安心でした。なにしろ、血小板が多い間は、血栓症が一番のリスクですからね。

 なぜ、目まいが発生したのか、その原因を探るため、検査をさらに受けることになりました。
 ★まず、心房細動などの不整脈があるか調べます。ホルダー心電図を着けました。明日の昼頃まで装着します。細動があると血栓ができやすいそうです。
 ★来週、頸動脈ドプラ検査と心臓超音波検査を受けます。

 来週は、上の検査に加え、血液内科の定期診察と胆石のMRIなど、三日間も病院に行くことになります。というわけで、お祭りは来週も続きます。
 楽しくもないお祭りですが・・・・。 

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »