« 脳神経・脳卒中科診察 | トップページ | 二十四節気「寒露」追加写真① »

2015年10月19日 (月)

定期診察の日(94)・脾臓の腫瘍など

 今日は、KS病院に定期診察に行ってきました。秋晴れの良い天気の日でした。
 さて、診察の結果ですが、課題が増えてきましたので、課題別にまとめますね。

 【血液の病気】
 アグリリンを一日4カプセル/dayに増量した効果が出て、血小板は52万/μl  に減少しました。その他の数値では、ヘモグロビンが再び10直前まで下降しました。これは、少し暗いですね。
  AST、ALT、ALP、γ-GTP、などの肝臓系数値は、少し下がってきたものの相変わらず異常値のままです。
 高血圧症については、微妙な値が続いているので、もう少し様子をみさせて下さいということでした。次回までに、使用する薬を検討しておくということです。
  引き続き、アグリリン、一日4カプセル/dayが続きます。

 【脾腫瘍】
 MRIの検査で、偶然見つかった脾臓の黒い影ですが、悪性リンパ腫、血管腫、リンパ管腫などの脾腫瘍ということです。MRIの画像では解像度が足りないため、どの腫瘍かは判定できないそうです。そのため、造影剤を入れてのCT検査をすることになりました。来週実施です。
 悪性が否定できない場合、普通は、脾臓摘出になりますが、血液の病気があるのに脾臓を摘出すれば、それでアウトですね。それはできないです。
 ちょっと危機が迫っているかもですね。

 【膵管内乳頭種】
 これについては、血中アミラーゼの検査をしたり、腫瘍の成長ぐあいなど、しばらく様子をみるそうです。

  【胆石症】
   これは、手術の方向で、今週、外科の診察を受けます。

 以上のように、こっちが頼んだ訳でもないのに、かってに病気に押しかけられて、すっかり病気とお友達生活になっています。    では。また。 今週後半に。

|

« 脳神経・脳卒中科診察 | トップページ | 二十四節気「寒露」追加写真① »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522242/62509858

この記事へのトラックバック一覧です: 定期診察の日(94)・脾臓の腫瘍など:

« 脳神経・脳卒中科診察 | トップページ | 二十四節気「寒露」追加写真① »