« 腹部MRI検査・消化器内科診察 | トップページ | 脳神経・脳卒中科診察 »

2015年10月10日 (土)

二十四節気「寒露」2015

 10月8日は、二十四節気の「寒露」でした。暦便覧には、「陰寒の気に合って、露むすび凝らんとすれば也」と説明されています。
 木々の葉は少しずつ色を変え、田んぼでは稲刈りが進み、畦道には野菊が咲き、秋はますます深まりを見せています。
  私はといえば、ここのところ体調不良と病院通いが続き、カメラを手にする機会がありません。五年間続いた二十四節気写真ですが、今回の二十四節気「寒露」は、お休みとさせていただきます。
  下に、過去の二十四節気「寒露」をリンクしておきます。5年間も続けてきたことにあらためて驚くと共に、あまり進歩のない写真にちょっと苦笑いです。 では。また。

    ★2010年の「寒露」へ → こちらから  

        ★2011年の「寒露」へ → こちらから

        ★2012年の「寒露」へ → こちらから

        ★2013年の「寒露」へ → こちらから

        ★2014年の「寒露」へ → こちらから

|

« 腹部MRI検査・消化器内科診察 | トップページ | 脳神経・脳卒中科診察 »

コメント

墓石さん、おはようございます。

5年間の「寒露」をまとめて見せていただきました。
彼岸花、秋桜畑、稲刈り、野焼き、秋祭り、
尾花、秋の虫たち、作業をする人々、
寒露の月。

ステキな風景写真をありがとうございます。
このまま変わらぬ風景が残りますように!

木津川土手には全ての秋の情景が写し出されて
いますね。本当にいいところにお住まいですね。
羨ましいです。

今秋は体調不調が続いておられるようですが、
どうぞ早くお元気になられますように!

投稿: yasubee | 2015年10月12日 (月) 08時48分

yasubeeさん、写真を見ていただきありがとうございます。

写真を年ごとに並べてみると、以前の写真の方が良いように思います。
早朝の写真あり、祭の写真ありで、写真に対する姿勢が違います。
これって、「あまり進歩のない・・」ではなく、明らかに後退ですね。
写真は難しいですね。

投稿: 墓石 | 2015年10月12日 (月) 12時21分

墓石さま こんにちは。
お祭りの続きにびっくりです。

素敵な風景をたくさん見せていただいていつも感動しています。地べたにかがんで、空を見上げて、朝露に濡れて…ご苦労して撮ってくださっていたのですね。ありがとうございます。

戸塚洋二さんのブログの紹介記事も拝読して、私も考えさせられました。100%確実なことは諦めても諦められなくてもやがてみんな死ぬということ。う~ん。でも、人の命の長短はホントに誰にもわかりません。どうぞ、手放すことのできない欲や夢やいろいろなものには執着して、納得いくまで生き抜いてくださいね。
今後の治療がうまくいきますように。

投稿: ひかる | 2015年10月13日 (火) 17時43分

ひかるさん、こんにちは。
写真を見ていただきありがとうございます。

それから、戸塚洋二ブログの記事を読んでいただきありがとうございます。
生きるとは何かを必死に考えていた頃の記事ですので、うれしいです。

つい先日、ノーベル物理学賞に梶田隆章氏が選ばれましたが、
戸塚氏が生きておられたら、この賞を戸塚氏が受賞されたことは間違いないですね。
彼はきっと残念な思いだったであろうと想像し、ブログを隅から隅まで読みましたが、
俗な私の考えは間違っていました。彼の思いは、そんな次元にはなかったです。

あの世があるとすれば、今頃、彼は宇宙の遙か遠くを見ていると思います。


投稿: 墓石 | 2015年10月13日 (火) 18時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522242/62449467

この記事へのトラックバック一覧です: 二十四節気「寒露」2015:

« 腹部MRI検査・消化器内科診察 | トップページ | 脳神経・脳卒中科診察 »