« 定期診察の日(90)・薬増量 | トップページ | 二十四節気「白露」2015 »

2015年9月 3日 (木)

「処暑」2015の追加写真

 二十四節気「処暑」2015の追加写真です。先日の処暑の時期に撮ったハスです。

 城陽のハスは、お盆用の花として出荷されるため、例年お盆が過ぎると蓮田は悲惨な状態になってしまいます。しかし、今年の夏は、前半、雨の日や曇りの日が続き日照不足だったので、蓮の生長が遅れていました。それで、お盆過ぎて処暑の頃になっても、ハスが異様に満開でした。ハス農家にとっては損が出たかも知れないですが・・・・。

  この時期にしてはよく咲いています。三枚目、遠くに比叡山が見えています。
Shoshotuika101Shoshotuika101_02Shoshotuika101_01  

 

 

 

   花を前にしてじっと見ていると、いつの間にか、花たちと言葉ではない言葉を使って対話をしていることに気がつきます。花が、もう何十年も会っていない人に思えたり、とっくに亡くなった人が、花の蔭から語りかけてくるような感覚にとらわれたりします。また、自分がいつの間にか子供時代に帰り、花を見ているような気分になったりします。不思議です。
 人は、被子植物と共生してきた長い人類史の中で、花と対話する能力を身につけてきたのではないかと思います。子供などは、無邪気に花に話しかけたりしますね。
 蓮田に立ってハスを見ていると、ハスたちの会話が聞こえてきます。まあそれは、擬人化してものを考える能力だと言ってしまえば、それまでですけどね・・・。
 「ようこそ蓮田へ」、「仲良くしようね」、「ちょっと失敗」、「さようなら夏よ」。
Shoshotuika201Shoshotuika203Shoshotuika204Shoshotuika202  

 

 

 

 

   葉を貫いて生長するハス。力強い? 非情?   力強く空を目指すハス。
Shoshotuika301Shoshotuika302Shoshotuika301_01  

 

 

 

   蓮(はちす)は、枕草子にも登場します。60段「草は」です。

 ~♪ 蓮(はちす)は、よろづの草よりもすぐれてめでたし。
 妙法蓮花のたとひにも、花は仏にたてまつり、実は数珠(ずず)につらぬき、念仏して、往生極楽の縁とすればよ。
 また、花なきころ、みどりなる池の水に、紅に咲きたるもいとをかし。 ♪~

 蓮は、万葉の頃から、仏教に関係するめでたい花だったようです。
 幼稚園児に向かって、「仲間にして」と言っているような。2枚目は「好きで~す」。
 3枚目風に揺れるハス。この風は、台風ではなく、「野分」と呼んだ方がいいかも。
Shoshotuika401Shoshotuika402Shoshotuika401_01  

 

 

 

   花の命は短いですね。ハスの涙は赤い?
Shoshotuika501_01

Shoshotuika501_02Shoshotuika502  

 

 

 

 

       Shoshotuika501
ハスの季節もここで終わりです。
  立ち枯れた葉も見かけます。
  では。また。

|

« 定期診察の日(90)・薬増量 | トップページ | 二十四節気「白露」2015 »

コメント

墓石さん こんばんは。(*^_^*)

薬の効き目が期待したほどでなく残念ですが、
また次に期待通りでありますように。

蓮が見事に咲いてますね!
たった3日の咲が様々で、一つ一つが面白い。
私もひとりでに花と会話してる時もありますワ。
色んな表情をしてくれて、また人間の顔の様に
見えたりとか。

風景もよく行く所では感無量になる事もあります。
田原川に桜の花びらが流れる様を見た時や、
廃屋や廃校を見た時とかですが。

投稿: 輝子 | 2015年9月 4日 (金) 22時14分

輝子さん、こんばんは。
輝子さんが風景を見る目は、写真に表れていますね。
特に花はすばらしいですね。

天気も体調も悪くて、8月の終わりから今日まで、カメラを触っていないです。
宇治田原も全く行けてないです。
輝子さんは、宇治田原の写真を載せられていましたね。
私も気を取り直して出かけようと思います。

ブログ拝見しております。
ご主人のことも書かれてありましたね。
また、お邪魔します。

投稿: 墓石 | 2015年9月 4日 (金) 23時32分

墓石さま こんにちは。

蓮の花、なんだか興味が沸いてきて調べてみたら睡蓮(こういう字だそうですね)と違い、葉っぱや花の茎が水面から立ち上がって来ること、葉っぱが防水加工?されていて水をはじくことなど知りました。だからピンクの涙も美しいのですね!

葉っぱをすっと突き抜けたお嬢さん、自分の進むべき道をまっしぐら?それとも早く大空を見たかったのでしょうか。可憐な娘を守ってきた葉っぱのお母さんは、自分が傷ついても娘の成長を喜んでいるような…蓮には色々なドラマがありそうですね。「ハス語」を聞いてみたいです。

ようやく涼しくなりました。どうかご体調も良くなられますように。

投稿: ひかる | 2015年9月 7日 (月) 16時08分

ひかるさん、こんにちは。

梅雨前線の活動が活発で、毎日天気が悪いですね。
この後、台風も接近中だそうですね。
しばらく秋空は期待できなさそうです。
今日は、雨がパラつく中、近くの田んぼや蓮田を見に行ってきましたが、
蓮はすっかり終了していました。種を抱いた花托がたくさん立っていました。
私は、「ハス語」の習得が不十分なため、種を抱き誇らしげに立っているようにも、
去っていった夏を恨めしげに立っているようにも見えました。
 たぶん、恨めしげに、後悔が一杯! というのが正解のような・・・・。
今は、葉を突き抜けて生きる力も、私には無いですね。
 体調が悪いとどうも考え方が後ろ向きです。
 コメントありがとうございました。

投稿: 墓石 | 2015年9月 7日 (月) 20時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522242/62212289

この記事へのトラックバック一覧です: 「処暑」2015の追加写真:

« 定期診察の日(90)・薬増量 | トップページ | 二十四節気「白露」2015 »