« 二十四節気「小満」2015 | トップページ | 安保法制論議の核心は? »

2015年5月27日 (水)

二十四節気「小満」2015続き

 二十四節気「小満」の記事の続編です。木津川土手の散歩です。

 木津川支流の長谷川が木津川に流れ込む付近に、一本の榎の巨木があります。古くに、六ヶ池の大榎と呼ばれたこの大榎も、青々と葉を茂らせ夏の姿になってきました。樹の下には、大きな蔭が広がり、風に葉がそよいでいます。
 毎日この大榎の下まで散歩に来るというお年寄りが、話をしてくれました。
 「祖母から聞いた話ですが・・・・。100年以上前、木津川に橋はなく、渡し船が使われていた。田辺方面から渡って来る時、この大榎が富野荘への目印だった。」
 この巨木は、100年以上前に、すでに巨木だったようです。この場所に立ったまま、遙かな時間を旅してきた「時の旅人」なのです。樹の蔭の中に入ると、木漏れ日が揺らめいています。樹が、その長い歴史を語りかけているような気がします。
 散歩の人。通学の学生。いろんな人が、蔭の中を通り過ぎてゆきます。
Shoumanzok101Shoumanzok101_03Shoumanzok101_02  

 

 

 

   樹に手を当てている人がいます。樹と対話しているのでしょうか。この人を見て、八木重吉の詩を思い出しました。八木重吉は、神の真理を求めつつ、夭逝した詩人です。
    大木をたたく
 ふがいなさに ふがいなさに
 大木をたたくのだ
 なんにも わかりゃしない ああ
 このわたしの いやに安物のぎやまんみたいな
  「真理よ 出てこいよ
              出てきてくれよ」
 わたしは 木を たたくのだ  
    ・・・・・
Shoumanzok203_4Shoumanzok202_5Shoumanzok201  

 

 

 

 

   

   大榎の近くの長谷川河口付近には、ノイバラが白い花を付けています。魚釣りの人しか近づかないので、ノイバラが好き放題に伸びて、ノイバラ天国となっています。ノイバラのアーチの向こうに見えるのは、生まれ口樋門です。
Shoumanzok301Shoumanzok303Shoumanzok302  

 

 

 

    土手には次々と花が咲きますが、剽軽そうな良い味を出しているのは、ヘラオオバコとノビルですね。
Shoumanzok401Shoumanzok402Shoumanzok401_01  

 

 

 

 

   

   近鉄の鉄橋付近の草むらでは、アカツメグサに混じって、ニワセキショウ(?)が咲いています。斜面のブタナ(?)も、名前に似合わず明るい黄色の花をつけています。
Shoumanzok501_01Shoumanzok501 Shoumanzok502_2
  

 

 

 

   栴檀の木に薄青い花が咲きました。ヤマボウシの花も咲きました。桜の木は、サクランボを実らせました。
Shoumanzok601_02Shoumanzok601_01Shoumanzok601  

 

 

 

   小満の時期、土手の上に空は大きく広がり、雲雀がさえずり、白い雲が流れていきます。木の上では、ホオジロが鳴いています。一日の終わりには、夕日が赤く西の山に落ちていきます。遙かに大阪湾を目指して流れてゆく木津川の水も赤く染まっています。
 散歩には、ほんとに良い季節です。
        雲    八木重吉
  いちばんいい
  わたしのかんがえと
  あの雲と  おんなじくらいすきだ   

Shoumanzok701Shoumanzok701_01Shoumanzok701_02_3  

 

 

 

 Shoumanzok701_03_2
 では、お別れの一枚です。
 まもなく梅雨入りです。
 次は、「芒種」です。では。また。

|

« 二十四節気「小満」2015 | トップページ | 安保法制論議の核心は? »

コメント

こんにちはヽ(´▽`)/

季節はどんどん夏へですね。木漏れ日が力強いです。
私地方もどんどん夏へです。春はあっという間でした。
緑が濃いです。田んぼの水が光って素敵なんですよ。
私も車で お散歩(?)です。風が気持ちいいですね。

投稿: J | 2015年5月28日 (木) 11時15分

5月から真夏日で、これからどうなるのでしょう。

榎の巨木、いつ見せてもらってもいいなぁと思います。
暑くても涼しい小休止と憩を与えてくれそうですね。
昔で100年なら今は?
木は語らないけど、多くを見て来たのですね。
墓石さん 物語を作って下さい。(*^^)v

最後の夕日の中を自転車。こういった写真を
撮りたいのですよ。

投稿: 輝子 | 2015年5月28日 (木) 13時32分

Jさん、コメントありがとうございます。

田んぼの水が光って素敵ですか。私の地方でも、田植えの真っ最中です。
もうすぐ光り輝く水の国が出現します。風が吹くとね光が踊っている
ようですね。暑いですが、明日も散歩に出ます。

投稿: 墓石 | 2015年5月28日 (木) 17時54分

輝子さん、こんにちは。

大榎の物語、「大榎は見た」ですか。
「家政婦は見た」というテレビドラマがありましたね。
まったく素養がないので無理ですね。

最後の写真、寺田桜堤です。土手と垂直に夕日が沈みます。
車でも行けます。

投稿: 墓石 | 2015年5月28日 (木) 18時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522242/61651693

この記事へのトラックバック一覧です: 二十四節気「小満」2015続き:

« 二十四節気「小満」2015 | トップページ | 安保法制論議の核心は? »