« 鳥畑与一著「カジノ幻想」感想 | トップページ | 二十四節気「小満」2015続き »

2015年5月24日 (日)

二十四節気「小満」2015

  5月21日は、二十四節気の一つ「小満」でした。暦便覧では、「万物盈満(えいまん)すれば草木枝葉繁る 」とあります。自然の中に光があふれ、すべての生き物が成長し、野山は緑に覆われてくる頃です。
 この節気の七十二候は、
 初候:5/21~:蚕起食桑(蚕起きて桑を食む):蚕が桑を食べ成長する頃
 次候:5/26~ :紅花栄(紅花栄う)    :一面に紅花が咲く頃
 末候:5/31~ :麦秋至(麦秋至る)     :麦が実る頃
            6月5日が次の節気「芒種」です。

  では早速、木津川土手をご案内しましょう。
 土手の上は、爽やかな五月の風が吹き渡り、空には雲雀が鳴いています。散歩には良い季節になりました。
 今の時期、土手を飾るのはツバナ(茅花)です。風に白い穂が揺れています。この草ほど、風を感じさせる草はないですね。
Shouman101Shouman101_01Shouman101_02  

 

 

 

   風の登場する歌と言えば、ボブディランの「風に吹かれて」ですね。この歌は、黒人の公民権運動を歌ったもので、ベトナム反戦が叫ばれていた、私がまだ若かった頃の歌です。私は今でも車の中で、ピーター・ポール&マリーの歌で聞いています。
~♪ How many roads must a man walk down
   Before you call him a man ? ♪~
 (人はどれだけの道を歩まねばならないのだろう あなたが人を人と認めるまでに)
     ・・・・・・・・
~♪ The answer my friend is blowin' in the wind
   The answer is blowin' in the wind.   ♪~
 (友よ答えは風の中にある 答えは風の中にある  )

 「答えは風の中にある」と歌っていますが、これは、風に吹かれていれば何とかなるという楽天主義を歌っているのでしょうか、それとも、やむことなく吹き続ける風のように、人権問題は永遠のテーマだと悲観主義を歌っているのでしょうか? 胸に手を当てて、風によく聞いてみろ、そうすれば解るということのようです。
 風に吹かれる土手の茅花は無言です。
Shouman201_03Shouman201_01Shouman201_02  

 

 

 

   風のように生きようとした人と言えば、漂泊の俳人種田山頭火ですね。行乞記の中で、山頭火は次のように述べています。(行乞とは、乞食をを行ずる修行のことです。)
 「行乞は雲のゆく如く、水の流れるように・・・与えられるままで生きる、木の葉の散るように、風の吹くやうに、縁があればとどまり、縁がなければ去る。・・・」
 では、山頭火の風にまつわる句を二つ。
 ~♪ 藪にいちにちのかぜがおさまると三日月 ♪~
  ~♪ われをしみじみ風が来て考えさせる ♪~

 上の一句目は、藪を一日揺らしていた風が収まると、空には三日月。実に静寂な夕刻の一瞬です。
 次の一枚目の写真は、今回のベストショットです(ただし自選)。
一日の終わり。茶摘みの仕事を終えて帰る人たち。夕日は赤くさし、爽やかな風が吹き渡っていきます。心の中に広がる静寂。明日への思い。
 今の時期、カラスムギの白い穂も、風を感じさせてくれます。
Shouman301Shouman301_01Shouman302  

 

 

 

   つい先日まで種子を実らせていたカラスムギも、黒い種子は無事に旅だって、今は白い穂が抜け殻のようになって、風にカサカサと揺れています。
Shouman401Shouman402Shouman401_01  

 

 

 

   土手下の茶畑では、茶摘みの真っ最中です。たくさんのバイク・自転車が止まっています。この黒いシートの下で、たくさんの人が働いているのですね。
Shouman601Shouman602Shouman603  

 

 

 

   茶摘みに向かう女性たち。昼食休憩中。仕事が終わり後始末をする人。赤く夕日が射して、一日が終わろうとしています。夕日が作り出す赤みを帯びた空間には、祈りのようなものが満ちているように思います。
Shouman701Shouman701_01Shouman701_02 

 

 

 

   土手では、同じ時期・同じ場所に、同じ植物が群生するのではなく、違った種類の植物が、突然、群生します。流れ橋近くのこの場所では、今年はコバンソウが咲きました。これが本物の小判なら、私は大金持ちですね。
 三枚目の写真は、アカツメグサと黄色いセイヨウヒキヨモギ(?)です。
Shouman801Shouman801_01Shouman801_02  

 

 

 

   富野付近の斜面には、ノアザミが群生しています。葉に棘があるので、アザミの一種だとは思うのですが、詳しい種類は分かりません。日本には、100近い種類のアザミがあるそうです。
 アカツメグサは、まだまだ頑張っています。
Shouman902Shouman903Shouman901_2  

 

 

 

   田んぼでは、田植えが進んでいます。若い二人を応援するため、アカツメクサの前ボケを入れてみました。
   この続きは次回にします。
Shouman9101_01Shouman9101Shouman9102

|

« 鳥畑与一著「カジノ幻想」感想 | トップページ | 二十四節気「小満」2015続き »

コメント

墓石さん おはようございます。(*^_^*)

土手にはツバナが風になびき美しいですね。
何でもない花もこうして風になびくと風流です。

このところ寒暖の差が大きいと、何か体調が
芳しくないですね。琵琶湖へ行けたのは凄く
嬉しかったのですが、宿の換気扇?の音の喧しさや、
気候の違い、疲れで、少しダウン。でも人間そういった
時は休むのが1番。

今日は検診で夫の付き添いです。検診は嫌ですね。

投稿: 輝子 | 2015年5月25日 (月) 08時09分

輝子さん、おはようございます。

今日は、ご主人の検診ですか。ご不安のことと思います。
何事も無ければいいですね。

琵琶湖と観修寺の写真、拝見しました。なかなかいいですね。
私も、どこかに遠出したいのですが、足の痺れで、今一つ積極性が・・・。

まもなく梅雨に入ります。体調管理は大事ですね。

投稿: 墓石 | 2015年5月25日 (月) 09時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522242/61637067

この記事へのトラックバック一覧です: 二十四節気「小満」2015:

« 鳥畑与一著「カジノ幻想」感想 | トップページ | 二十四節気「小満」2015続き »