« 二十四節気「穀雨」2015 | トップページ | 春雨の琵琶湖沖島 »

2015年4月27日 (月)

二十四節気「穀雨」2015続

 二十四節気「穀雨」2015の続きです。
  古川の土手もカラシナの黄色が溢れています。いつも、カップルのカモの姿が見られます。カモは一度カップルになると、一生カップルを続けるそうです。
  カモは万葉集でもよく歌われる鳥です。ここで、笠女郎(かさのいらつめ)の一首。
  ~♪ 水鳥の 鴨の羽色の 春山の  おほつかなくも 思ほゆるかも  ♪~
意味: 水鳥の鴨の羽の色のような春山みたいに、(あの人の気持ちが)はっきりしなくて、もどかしく思うことです。
 カモは、雄の方が色がはっきりして派手ですね。雌の方が地味ではっきりしていないように思えるのですが・・・・。人間の場合はどうなんでしょうね。
Kokuu2101Kokuu2101_01Kokuu2201_01  

 

 

 

   時々、水に首をつっこんだり、羽根をバタバタとさせています。羽根でも洗っているんでしょうか、よく分かりません。
Kokuu2102Kokuu2201Kokuu2202  

 

 

 

   古川にはサギもいます。この辺りのサギは非常に用心深く、カメラを向けただけで逃げていきます。カラシナの花に隠れて撮影します。望遠レンズが欲しいところですが、自らに課した散歩写真のルールを越えてしまいます。
Kokuu2301_01Kokuu2301Kokuu2304  

 

 

 

   空中を飛ぶサギを撮影するのは簡単です。カメラを向けたまま間合いを詰めていきます。サギが真っ直ぐに首を伸ばして警戒態勢にはいると、次の瞬間飛び立ちます。ただし、チャンスは一度だけです。
Kokuu2401Kokuu2402Kokuu2403  

 

 

 

   木津川土手では、桜の花が終わったと書きましたが、八重桜や遅咲きの桜はまだ咲いています。陽寿園という老人施設のある辺りです。山吹も今がシーズンです。
Kokuu2502Kokuu2501Kokuu2503  

 

 

 

   鴻ノ巣山方面では、水度神社のキリシマツツジが咲き始めました。山道のコバノガマズミも白い花をつけ始めました。八重桜はほぼ終了し、落花の絨毯状態です。
Kokuu2601Kokuu2602Kokuu2603  

 

 

 

 

   文化パルク城陽では、鯉のぼりが登場しました。もうすぐ子供の日、そして立夏です。季節のうつろいは、待ってはくれませんね。
 最後の一枚、私の家のプランタに植えたシャガです。鉢植えの藤がバックです。もう藤の花の時期なのですね。 次は「立夏」です。   では。また。
Kokuu2701_01Kokuu2701Kokuu2701_02

|

« 二十四節気「穀雨」2015 | トップページ | 春雨の琵琶湖沖島 »

コメント

墓石さん、
今日はお早うございます、という時間です。このサギは青サギですか?綺麗ですね。カモのカップルは1生連れ添いますか、私とエライ違いですなぁ。私なんぞは、カップル解消して20年以上になります。

人間のカップルが長持ちするのは、1に努力2に努力と、教えられましたが、これはウソですね。気が合うか合わないか、価値観に大差ない事が、第一条件ですわ。自民党と共産党では、いくら話し合いしてもダメですな。

その自民党政権が、大幅な日米防衛ガイドラインを見直しました。平和国家としては、戦後最大の危機に直面していますが、国民は冷静?無関心?僅かに昨日デモがあったようですね。安倍内閣はアブナイカク?

投稿: たそがれ裕次郎 | 2015年4月28日 (火) 07時58分

墓石さま こんにちは。
「穀雨」に続編があったなんて!「おまけ」つきみたいでうれしかったです。

カラシナで隠れん坊するなんてステキですね。黄色い光に包まれたサギが、なんとも言えないほどきれいです。
八重桜のピンクをバックにした山吹もきれい!!
いつもはジーパンのわたしも、ピンクの服を着てみたくなりました(o^-^o)

レンズを通して、遠い昔が見えたり未来が見えたりするのでしょうか。わたしは写真を拝見していて、忘れていた遠い昔や先の世界を行ったり来たりしているような不思議な感じがしてきます。特に、空や夕日やちっちゃい木の赤ちゃんの写真なんかを拝見していると、なんだか永遠に続く時間の中にいるような気がしてくるのです。

「清明」の写真の、愛犬といっしょに川を見つめているおじさんの後ろ姿が好きです。「今日の夕ごはん、何にしようかな~」って考えているのでしょうか?何を考えるにしても「連れ添う」存在があることはありがたいことです。
違うから連れ添えるのか、似ているから連れ添えるのかわかりませんが。

墓石さまのブログが、わたしの日々の生活にも「連れ添って」くれています。ありがとうございます。

投稿: ひかる | 2015年4月28日 (火) 11時45分

たそがれさん、こんにちは。

カップルの基本は、「価値観に大差ない事が第一条件」ですか。
ウーン、改めて考えると難しい問題ですね。
テレビで見ましたが、カモは時々浮気もあるらしいです。

阿部内閣は、「アブナイカク」ですか。うまいこと言いますね。
座布団一枚獲得ですね。私は、安保法制改正の中身を十分整理できていない
ので、これから取り組んでみます。

投稿: 墓石 | 2015年4月28日 (火) 17時32分

ひかるさん、こんにちは。
いつも、写真を見ていただきありがとうございます。

散歩しながら適当に撮った写真なので、恥ずかしい限りです。
見ていただくためには、もっと努力や技術の向上が必要だと思いますが、
それは、私が自分に課している散歩写真のルールに反します。
これからも、同じような気楽な写真になりますが、お許し下さいね。

 藤の花の時期になっているのに、撮影に行けていません。
 ちょっと焦っています。季節の進むのが早いです。

投稿: 墓石 | 2015年4月28日 (火) 18時02分

墓石さん こんばんは。(*^_^*)

カラシナ風景に鴨や白鷺が面白いですね。
古川でしょうか?この2種は寺田の蓮田でも
見かけました。宇治田原でも。何処でも生息
してるのでしょうね。

鳥はツガイになれば一生共にすると言いますね。
その点、偉いじゃないですか。(^_^)/

皆良いですが、藤とシャガ、好きです。

投稿: 輝子 | 2015年4月28日 (火) 18時41分

輝子さん、こんばんは。

この写真は古川です。輝子さんも行かれている場所です。

輝子さんは、宇治田原や信楽に行かれたようですね。
私は、毎年行っていた田原川の八重桜についに行けませんでした。
宇治川方面の藤の花も今がシーズンのはずですね。
気は焦るのですが、どうも出不精が出てしまっています。
体調が関係しているのでしょうね。

投稿: 墓石 | 2015年4月28日 (火) 20時12分

この陽気で家に籠もっているのは、もったいないですが、まだ圧迫骨折が完治しないから仕方ないです。豊中と吹田の娘や孫に会えないのが残念無念。

昨年6月に植えた団地の「芝桜」が綺麗に咲いています。ピンク、紫、白 の花が、ビッシリと咲き誇って近所の人々の目を楽しませています。その花壇から落っこちたのです。

「安保法制」は私も勉強しますが、自民党のゴマカシ・スリカエには要注意です。アメリカ国会での、安倍総理のヘタッピーな英語は恥ずかしい。アメリカ人にバカにされてるでしょう。

投稿: たそがれ裕次郎 | 2015年4月30日 (木) 08時19分

たそがれさん、こんにちは。

骨折ですか。完治に一年近くかかっているのですね。
あまり無理をされずに、おすごし下さい。

「安保法制」に「労働法制改悪」「TPP」など、気がかりなことが
山積みです。困ったことです。

投稿: 墓石 | 2015年4月30日 (木) 21時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522242/61502776

この記事へのトラックバック一覧です: 二十四節気「穀雨」2015続:

« 二十四節気「穀雨」2015 | トップページ | 春雨の琵琶湖沖島 »