« 宇治川ラインの桜 | トップページ | 二十四節気「穀雨」2015続 »

2015年4月25日 (土)

二十四節気「穀雨」2015

 4月20日は、二十四節気の一つ「穀雨」でした。暦便覧によれば、「春雨降りて百穀を生化すれば也」です。この頃は、柔らかな春の雨が降り、すべての穀物にとって、この水は、成長のための恵みの水となります。
 七十二候は次の通りです。
 ★初候: 4/20~:葭始生(葭始めて生ず}    :水辺の葦が芽吹く頃
 ★次候: 4/25~:霜止出苗( 霜止で苗出ずる) :霜が止み苗が育ち始める頃
 ★末候: 4/30~:牡丹華(牡丹はなさく)     :牡丹が開花する頃
    5月5日が次の節気「立夏」です。

 木津川土手では、桜の時期が終わり、セイヨウカラシナの黄色い花が一面に広がっています。では、ここで金子薫園の一首を。
  ~♪ 菜の花の さきつゞきたる山ばたの かぎりに見えけり 茅ふける家 ♪~
 遠く広がる菜の花畑、その向こうに茅葺きの家。日本の春の原風景です。しかし、このような風景は、もはや失われて久しいですね。土手に咲くカラシナを見ながら、記憶を辿るしかありません。なつかしい風景とは、今はない風景のことなのです。
Kokuu101Kokuu102Kokuu103  

 

 

 

   カラシナの中に入り込んで周囲を見渡すと、自分がいつのまにか植物になって、人間観察を楽しんでいるような気分にさせられます。いよいよ、私が植物に生まれ変わる日が近づいているのかも・・・。
Kokuu201Kokuu202Kokuu201_01  

 

 

 

   土手のサイクリングロードを自転車が通過していきます。男女のペア、グループ、家族。カラシナに変身してしまうと、急に人間生活がなつかしくなりますね。
Kokuu301Kokuu303Kokuu302  

 

 

 

   高校の陸上部と思われる一団が通りすぎました。土手の下の草むらで、犬を遊ばせる人がいます。突然、鋭いキジの鳴き声がしました。見ると、すぐ近くにキジがいました。今の時期、木津川土手ではキジの鳴き声がよく聞こえます。キジも繁殖期に入っているのでしょう。
Kokuu403Kokuu402Kokuu401  

 

 

 

   「流れ橋を渡ろう!」と言いながら、土手の下から親子が上がってきました。どうやら、流れ橋が壊れているのを知らないようです。
 壊れた流れ橋にも、子供たちが帰ってきていました。サッカーのユニホームを着ています。練習の方は大丈夫か?
  田植えに向けて、田んぼでの準備も進んでいます。レンゲの田がなつかしいですね。
Kokuu501Kokuu501_01Kokuu501_03  

 

 

 

   日がしだいに傾いてきました。まだ、畑で作業している人がいます。作業を終えて帰る人がいます。
Kokuu601_01_4Kokuu602_5Kokuu603  

 

 

 

   夕日の時間になると、木々の新芽が逆光で輝き始めます。茶畑の黒いシートも金色に波打ち始めます。八十八夜はもうすぐですね。
Kokuu703Kokuu702Kokuu701  

 

 

 

   夕陽の中を電車が行きます。カラスムギさえも夕日で輝いています。そう言えば、ムギの季節ですね。夕日にカラシナ。ストロボがの使い方が難しいです。
Kokuu801Kokuu801_01Kokuu803  

 

 

 

   今回はカラシナが中心になってしまいましたが、木津川土手の大榎も新芽を出してきています。夕日の逆光で見ると美しいです。ランニンクの人が木に挨拶をして走り去りました。土手の欅も薄緑の葉を広げてきました。
 土手の斜面は、シロツメクサ、アカツメクサ、コメツブツメクサ、マツバウンランなど、花盛りになってきました。
Kokuu902Kokuu901Kokuu901_01  

 

 

 

   マツバウンランは、北アメリカ原産のゴマノハグサ科の帰化植物で、1941年に京都の伏見で最初に確認され、その後、関西中心に勢力を広げているらしいです。宇治田原の茶畑に行くと、地表に広がる薄紫の雲の様に見えます。木津土手では、まだ弱小勢力。
 城陽市特産、寺田芋の植え付け準備も進んできています。(次回につづく)
Kokuu9101Kokuu9101_01Kokuu9102

|

« 宇治川ラインの桜 | トップページ | 二十四節気「穀雨」2015続 »

コメント

墓石さん、こんばんわ、というより夜中ですわ。
昨日は、私の頚椎移植の主治医の病院へ、定期検診に行ってきました。結果はまぁ良好で、半年に1回の定期検診が1年に1回になりました。

手術前の症状は、脊椎管狭窄症と同じで、神経が圧迫されて歩けなくなりました。手も痺れて未だに右手の感覚は20%くらいかな。でも歩けるから80%成功です、先生には感謝してます。

昨夜は、朝まで生テレビを見ていて、生活の歯車が狂いました。例の集団的自衛権がテーマですから、ついつい見てしまいます。

いいかげんな田原総一郎は大嫌いですが、改憲派から今や護憲派に変貌しつつある小林節さんが、護憲派として発言するからオモシロい。改憲派はいつもの防衛大臣経験者です。

解釈改憲が議論の中心ですが、どう聞いても解釈の理由は詭弁にしか聞こえない。個別的自衛権で十分だと思うが、アメリカの要望に屈していることを、孫崎さんが強調してました。

隣の中国・韓国その他の国々との経済関係を思えば、アメリカドップリでいいわけないしね。自民の女大臣3人もこの時期に靖国参拝して、ナニを考えてるのか、女性議員が増えても希望が持てません。

投稿: たそがれ裕次郎 | 2015年4月26日 (日) 00時19分

墓石さん おはようございます。(*^_^*)

土手にカラシナが見事ですね!木津川べりから、土手
古川はびっくりする程あって美しい。
昨年初めて行ってびっくりしましたが、この時期は
素晴らしいですね。

人を旨く入れてられ、待ってられるのでしょ?
待つ。。。これが大事なのは解りつつ、待ってられなくて。
いつ見ても大榎の場所好きです。私はこの木を
知らないですが、いつも見せて頂き素敵な被写体だと
見入ってます。

さつまいものビニールが夕日に照らされた様も大好き
です。これも見たこと無いのですが。
素敵な更新でしたね。

投稿: 輝子 | 2015年4月26日 (日) 08時32分

たそがれさん、おはようございます。

手術もうまくいって、体の方も順調のご様子で、良かったですね。

夜中まで討論番組ですか。若いですね~。
まだまだ、元気で結構なことですね。
わたしは、この討論番組、一度も見たことないです。
私は、人が議論をしているのを聞くと、ついイライラするタイプです。
穏やかな老後派という感じです。

投稿: 墓石 | 2015年4月26日 (日) 10時00分

輝子さん、おはようございます。
写真を見ていただきありがとうございます。

自転車でブラブラしながら写した写真ばかりで、完成度は低い写真
だと思います。楽しめたらそれでいい、という気持ちで撮っています。
散歩写真なので、画面の中に人物を小さく添えるように心がけています。
以前は、自分の希望する人物がくるまで待っていましたが、
負担が大きいので、最近は、ほとんど偶然が多いです。
不審者に間違われると嫌ですからね。人相が悪いもので・・・。

投稿: 墓石 | 2015年4月26日 (日) 10時22分

墓石さん
わたしは、血の気が多くて困ってるんです。死ぬまで治らないでしょう。大声張り上げて、死んでやるつもりです(笑)。

投稿: たそがれ裕次郎 | 2015年4月26日 (日) 15時12分

たそがれさん、
それが長生きの秘訣ですね。
人と討論するのが、脳には一番らしいです。

投稿: 墓石 | 2015年4月26日 (日) 22時27分

墓石さま こんにちは。
やっとさわやかな季節になりました。

次々と、素敵な風景を見せてくださって、ありがとうございます。
お風邪の方は、よくなられたのですね。しっかり奥様の管理下におかれてご自愛ください。Jさまもご心配なさっていますし…。

宇治川のエメラルドグリーンと山桜がとってもきれいですね。街なかでは「ソメイヨシノ」や「緑の桜」が華やかですが、山桜の芯の強さに惹かれます。

カラシナって「菜の花」と同じですか?黄色い花は、みんな菜の花だと思っていました。青空とも、川とも、他の植物とも、人間とも、誰とでも似合う不思議な存在ですね。

まだ通れない流れ橋も、モコモコうねっているお茶畑のシートも、てかっている大和芋のシートも、なんだか生きているみたいです(*゚▽゚)ノ。
日差しが強くなってきたので、大欅もますますご活躍ですね。

これからも、お散歩写真楽しみにしています。

投稿: ひかる | 2015年4月27日 (月) 10時35分

ひかるさん、写真を見ていただきありがとうございます。
つまらない散歩写真ですが、丁寧に見ていただきほんとにありがとうございます。

 それから、菜の花は、人が植えたものですが、セイヨウカラシナは野生です。
カラシナを食べるために植えている畑もあるとか? 
見かけはよく似ているので、写真的にはおなじ価値ですね。

 話が変わりますが、私は、シャッターを切り終わったとき、
いつも遠くを見てしまいます。なぜか分かりませんが・・・。
自分の立っている位置を無意識に確認しようとするのでしょうか・・・。
画面に入れた人が遠く去っていくからでしょうか。
自分のしていることの無意味さに、呆然としてしまうのでしょうか。
今、考え中です。

 散歩写真は、まだまだ続けますので時間があれば、これからもご覧下さい。

投稿: 墓石 | 2015年4月27日 (月) 12時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522242/61490993

この記事へのトラックバック一覧です: 二十四節気「穀雨」2015:

« 宇治川ラインの桜 | トップページ | 二十四節気「穀雨」2015続 »