« 岡田幹治著「ミツバチ大量死は警告する」 | トップページ | 二十四節気「春分」2015 »

2015年3月20日 (金)

定期診察の日(83)・足の痺れ原因

 今日は、KS病院へ定期診察に行ってきました。
 ここのところ、足の痺れがひどくなってきました。夜、寝られないこともあります。長時間の車の運転も、アクセルの感覚が無くなってきて、危険を感じる事もあります。頭も少し重く感じます。是非相談しなくてはと思っていました。

 診察の結果です。
 血小板数は、85万/μlでした。横ばいです。ヘモグロビンは貧血状態でさらに少し下降、中性脂肪、カリウム、尿酸値、LDH、γGTPなどは、相変わらず異常値のままです。全体的にみて前回と大きな変化はないということで、引き続き投薬量は変わらずです。

  さて、問題の足の痺れについての主治医の判断です。
  ★血小板は、85万以下で管理できているので、この程度の数値では、ひどい痺れが発生する可能性は低いと思われる。
 ★理論的には、あり得ない話では無いが・・・・。
 ★むしろ糖尿病の方が可能性が高いのでは。
  ★HbA1c が、6.7位でも症状がある人もいる。
  ★まずは、糖尿病の神経障害を緩和する薬を試してみる。
  というわけで、キネダックという薬を処方されました。肝臓に負担がありそうな薬です。毎食前に服用します。一日3回。ウー、憂鬱。

  病院を出ると、やたらとお巡りさんの姿が目立ちます。駅前の通りには、数メートル置きにお巡りさんが立っていて、バイク通行禁止の看板も出ていました。何事かと驚きながら電車に乗って帰りました。後で分かったことですが、オバマ大統領の夫人が、伏見稲荷を見学されたそうです。  では。また。

|

« 岡田幹治著「ミツバチ大量死は警告する」 | トップページ | 二十四節気「春分」2015 »

コメント

墓石さん おはようございます。(*^_^*)

足の痺れがあるのですね。他は落ち着いてる様で
良かったです。そんなに痺れるのも運転が困りますね。

私は糖尿気味ですよ。他は全部良くなりました。
HbA1cが7.0余り!夕食が5時なんですよ。
夫に合わせてます。11時に寝るまで、お腹が
空いて!つい食べるのです。医者にこれを止めないと
駄目!と叱られました。間食禁止で、甘い物は
食事1回500カロリーなら、菓子1個のカロリーを
減らして、食事して菓子と一緒なんですよ。

健康を保つのも、病気の為の食事も良く考えないとね。
魚に野菜、牛肉駄目。油を控えて、キノコや大豆でしょ?
私もこの頃、健康食品です。

投稿: 輝子 | 2015年3月21日 (土) 09時21分

輝子さん、おはようございます。

HbA1cが6.7くらいで、神経障害とはちょっと信じがたいです。
医者には抵抗できないですね。こっちは素人なので言われるがままです。

人間は食欲には弱いです。私の場合、大敵はつまみ食いですね。
妻が無計画に甘いものを備蓄するので、困った問題です。

投稿: | 2015年3月21日 (土) 09時41分

私もよく言われました……これくらいやったら、症状でないやろ…って。症状として出てるのに…気のせいやろと言いたげ。

でもネットで調べたら、結構『四肢末端の痺れや痛み』出てました。なってる人もいてる。私は血小板100万越えたくらいから、その症状出てきてました。

症状のパターンを(どんな時に、どんな風に、どんな痛み)研究というか…天気と共にノートに書いて行けば、自分の痛みの具合やパターンがわかるかも…ですよ(*^_^*)

投稿: 寺っち | 2015年3月22日 (日) 15時44分

寺っちさん、こんにちは。
寺っちさんも、手足の末端の痺れがありましたか。
やっぱり、血小板の方が可能性が大ですね。絶対~。

ノートに記録ですか。よいことを聞きました。
早速試してみます。パターンを発見するんですか。
難しそうですな。

投稿: | 2015年3月22日 (日) 19時37分

手足の痺れって、ほとんど治りませんよね。私も右手指・手のひらが5年前から痺れて、間歇歩行になりました。

原因は頚椎が後方へ曲り、脊椎管を圧迫したことです。ほっとけば寝たきりになると言われ、4年前に手術しました。

椎体を二つ切り取り、腸骨を採取して移植しました。間歇歩行は治りましたが、手の痺れは、全く改善しませんでした。

現在も箸を使えず、フォークとスプーン。パソコンは左手マウス、右手には棒切れを持ってやっています。

投稿: たそがれ裕次郎 | 2015年3月23日 (月) 09時29分

たそがれさん、コメントありがとうございます。

たそがれさんは、大変な大手術を経験されたのですね。
パソコン操作も大変苦労されているご様子で、さらに箸が使えないのは不便ですね。
私は、自転車に乗れなくなったら、カメラの趣味は返上して、
生活の仕方を一変させようと思っています。どうするかは決めていませんが・・・。
歳を取るのも、結構、激動の人生です。穏やかな老後を期待していましたが・・・。

投稿: | 2015年3月23日 (月) 10時08分

墓石さん、こんばんは。

足のしびれ心配ですね。
私はETの頃血小板100万超えたりしてましたが、自覚症状が全くありませんでした。(ハイドレアをのんだりしてました)
MFになってから貧血で足がしびれ始めました。
今の平均はヘモが9〜8台です。
血小板か赤血球かわかりませんが、心配ですね。
本当にお大事にして下さい。

投稿: M | 2015年3月30日 (月) 22時52分

Mさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
急に春らしくなりましたね。桜が咲き始めました。

貧血で足が痺れるんですか。そうでしたか。
私の場合、原因がはっきりしないので何となく
嫌な気分です。医師は糖尿病を疑っているようですが、
何となくちがうような気がしています。
私は、年齢も年齢だしなるようになっていくんでしょうね。

投稿: 墓石 | 2015年3月31日 (火) 00時07分

墓石さん、こんにちは。

定期診察、お疲れ様でした。
83回も診察されたのですね。

足の痺れがあるのに車の運転は心配です。
お気をつけ下さい。
痺れが早く治るといいですね。

こちら東京の桜は満開です。
金曜日にお花見に行く予定ですが、それまでもってほしいです〜

投稿: じゅん | 2015年3月31日 (火) 17時26分

じゅんさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

足の痺れ少し困っています。
車の運転がちょっと心配です。

こちらも、桜がどんどん咲いてきています。
東京は少し早かったようですね。
金曜日あたり、すごい桜吹雪が見られるかもですよ。

投稿: 墓石 | 2015年3月31日 (火) 22時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522242/61312064

この記事へのトラックバック一覧です: 定期診察の日(83)・足の痺れ原因:

« 岡田幹治著「ミツバチ大量死は警告する」 | トップページ | 二十四節気「春分」2015 »