« 定期診察の日(83)・足の痺れ原因 | トップページ | 雨の高尾・梅の頃 »

2015年3月23日 (月)

二十四節気「春分」2015

3月21日は、二十四節気の一つ「春分」でした。江戸時代の暦便覧によれば、『日天の中を行て昼夜等分の時也』です。
  七十二候は、次の通りです。
 初候:3月21日~  「雀始めて巣くう」  雀が巣を作り始める頃
 次候:3月26日~  「桜始めて開く」    桜の花が咲き始める頃
 末候:3月31日~  「雷乃ち声を発す」  雷が鳴り春の恵みの雨が降る頃
      4月5日が次の節気「清明」です。

 今年は少し寒かったのですが、「春分」の声を聞き、急に暖かくなってきました。「春分」の日、当日は大変よい天気になりました。私は毎日が休日ですが、今日は世間も休日。早速、休日の古川土手や木津川土手を散歩しましょう。
  まず、古川の土手です。
 春の水辺に仲良く並んでタンポポです。水は太陽を写し込み、水辺のホトケノザを暖かく包んでいます。タンポポの綿毛が旅立とうとしています。
 では、ここで一首です。
   ~♪ 古川の 土手にタンポポ咲く頃は 遙かに過ぎし ふるさと思う ♪~
  もう一句。種田山頭火です。飄々としていて、何か面白いですね。
   ~♪ ふまれてたんぽぽひらいてたんぽぽ ♪~
Shunbun101Shunbun102Shunbun101_01  

 

 

 

    一面にオオイヌノフグリが咲いています。花が小さいく、なかなか写真には難しい花ですが、1枚。無数の燦めく青紫、一日花という儚さ、可憐さ、これらを同時に写し込むのはちょっと無理ですね。写真の代わりに一句。高浜虚子です。
    ~♪  犬ふぐり 星のまたたく 如くなり ♪~
    ~♪ いぬふぐり 空を仰げば 雲もなし ♪~
 タンポポ、ホトケノザの脇役にまわってもらった2枚。
Shunbun201Shunbun201_01Shunbun201_02  

 

 

 

   古川の土手では、ツクシもたくさん顔を出しています。
Shunbun301Shunbun302Shunbun303  

 

 

 

   土筆の写真を撮っていると、通りがかった人が、「二日前には全くだったのに、こんなに土筆が・・・。」といって土筆を採り始めました。「袴を取るのがめんどくさいが・・・。」と独り言を言いながら、袋に詰めていきました。
 土手に座って考え事をしている老人がいました。
 川の中では巨大な鯉が大暴れ。古川の鯉も恋の季節を迎えたようです。
Shunbun401Shunbun402Shunbun401_01  

 

 

 

   では、木津川土手を進みましょう。
 木津川土手の梅は、かなり終わりが近づいていますが、所々まだ咲いているところもあります。農作業している人も入れてみました。
Shunbun501_01Shunbun501_02Shunbun501  

 

 

 

   近鉄木津川鉄橋付近の公園に、八重咲きの梅が咲いています。ここは満開です。
Shunbun601Shunbun602Shunbun603  

 

 

 

   土手の上はサイクリングロードになっいて、休日にはたくさんの自転車が行き交います。ほんのその下で、タンポポが咲いています。土筆も咲いています。土筆摘みの家族が見えます。この後、子供が近づいてきて、私の撮影している土筆を指さして「ここにもある」と言ったので母親が笑いながら謝っていました。
Shunbun701_01Shunbun701Shunbun701_02  

 

 

 

   サイクリングロードの斜面に、女性が取りついています。「何がとれるんですか~。」と聞いたところ、ナナナント、ヤブカンゾウを採っているということでした。食べるんだそうです。生薬にするとは知っていましたが、今時、食べている人がいるとは知りませんでした。
 夕日の頃の土手、流れ橋です。
Shunbun801Shunbun901Shunbun902  

 

 

 

   文化パルク城陽でも梅が満開となっています。休みの日は、子供の遊び場にもなっています。舞台で踊りの練習に夢中の子。水を掛け合って遊ぶ子。
Shunbun9101Shunbun9102Shunbun9103  

 

 

 

   では、お別れに2枚。文化パルクと木津川土手の大榎と梅。
 青谷梅林と鴻ノ巣山公園の梅は、追加の記事にします。では。また。Shunbun9201Shunbun9201_01


|

« 定期診察の日(83)・足の痺れ原因 | トップページ | 雨の高尾・梅の頃 »

コメント

墓石さん こんばんは。(*^_^*)

土手の早春、いいですね。(*^^)v

土筆が沢山生えてますね。撮るのも
食べるのも大好きです。佃煮が美味しい
ですね。早春の味です。

先日は宇治田原へ行きましたがまだ咲きはじめ
でしたね。墓石さんの真似した訳でなく、予定して
いたのです。霧と太陽を。欲深でした。何にもない。

この頃めったに行けないですから、それでも
満足です。あの崖は私には怖いですが、
帰りなど、枯草の強そうなのに捕まり這い上がって
道路に出ました。ドンクサイのです。(>_<)

投稿: 輝子 | 2015年3月24日 (火) 19時09分

輝子さん、こんばんは。

寒の戻りで急にまた寒くなりましたね。
この寒波が収まったら、また宇治田原に行ってみようと思っています。
丁度、梅が満開になっていることと思います。
まもなく桜も咲き始めますね。楽しみです。

投稿: | 2015年3月24日 (火) 22時09分

墓石さん、こんにちは。

土筆やタンポポ、早春の代名詞ですね。
笑われるかも知れませんが、
残念ながら、土筆摘みの経験もなく、
佃煮も食べたことがありません。

いつの日か、早春の土手の写真を撮り、
そして土筆を摘みに行ってみたい。

そんな気にさせていただきました。

投稿: yasubee | 2015年3月29日 (日) 16時03分

yasubeeさん、こんにちは。
写真を見ていただきありがとうございます。

じじ実は、私もツクシを食べた経験は一回だけです。
子供の頃、採ってきて焼いて食べたら、腹が痛くなり
それ以来食べたことはないです。
写真を撮るようになってからは、ツクシは可愛そうで
傷つけないようにしています。

投稿: 墓石 | 2015年3月29日 (日) 19時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522242/61325898

この記事へのトラックバック一覧です: 二十四節気「春分」2015:

« 定期診察の日(83)・足の痺れ原因 | トップページ | 雨の高尾・梅の頃 »