« 独身生活奮闘中 | トップページ | 二十四節気「啓蟄」2015追加 »

2015年3月 8日 (日)

二十四節気「啓蟄」2015

  3月6日は、二十四節気の一つ「啓蟄」でした。江戸時代の暦便覧によれば、「陽気地中にうごき、ちぢまる虫、穴をひらき出れば也」とあります。この節気では、冬眠していた虫が這い出てきて、桃の花が咲き始め、さなぎで冬越しをした蝶が飛び始める頃ということです。
 この節気の七十二候は、次の通りです。
★初候 : 3/06~: すごもりの虫戸を開く  冬ごもりの虫が出てくる頃
★次候 : 3/11~: 桃始めてさく       桃の花が咲き始める頃
★末候 : 3/16~: 菜虫蝶となる       冬越しのさなぎが蝶になる頃
    3月21日が次の節気「春分」です。

 今年は、天気の周期が早く、しかも寒いです。春が少し遅れていますね。雨か曇りが多い感じがします。しかし、「啓蟄」の日、当日は朝から良く晴れていました。
 早速、晴れた日の木津川土手に出かけましょう。今日は、市内を流れる古川の土手に沿って進みます。スミレもレンゲも咲いていませんが、一応、気分だけは春で・・・♪
  春の小川は、さらさら行くよ。
  岸のすみれや、れんげの花に、
  すがたやさしく、色うつくしく
  咲けよ咲けよと、ささやきながら。
  たんぼ道を家族が行きます。春らしい少女が行きますね。
Keichitu101Keichitu101_01Keichitu101_02  

 

 

 

   古川土手の近くで、猫柳が花を付け始めました。一杯の花粉を付けています。せっかくの啓蟄なのに蜜蜂がいませんね。残念です。
 土手のヤナギも、ますます緑を濃くしてきました。
Keichitu202Keichitu201Keichitu201_01  

 

 

 

 

   足下には、ナズナが咲いています。梅と共に春を一番に知らせる花ですね。三ヶ島葭子の一首です。
    ~♪ ここの野に いつ萌えいでし春草の 薺はひたと 地びたにつける ♪~
  薺ぐさ(ナズナ)は、ペンペン草と呼ばれ、没落を象徴しているようで、悪く言われています。しかし、華やかさこそありませんが、ひっそりとひかえめに春を知らせていますね。岡麓の一首です。
    ~♪ 薺ぐさ 花咲きにけり 表立つ 見ばえなきこそ 本性ならめ ♪~
  種田山頭火の一句です。「ひつそりかん」いいですね~。
    ~♪ ひつそりかんとして ぺんぺん草の花ざかり ♪~
  ホトケノザも咲いています。
 ホトケノザとナズナが、何やら春を語り合っているようですよ。
Keichitu301Keichitu301_01Keichitu302  

 

 

 

   オオイヌノフグリも咲いています。地面の上の青い星のようです。前田普羅の一句です。この句は以前にも紹介しましたが、人生をこのように詠うとはやはり素晴らしいですね。普羅さんは、日本の美しい自然を詠いました。虚子門下。
    ~♪ かく生きて イヌノフグリに 逢着す ♪~
モクレンの花芽。つくし。吉野弘流に言うと、光をたっぷりと含んでいます。
      土筆  
   光をたっぷり
   筆に含ませて
   空に一日お習字です      (吉野弘)
Keichitu401Keichitu401_01Keichitu401_02  

 

 

 

 

 

   木津川土手周辺の梅です。よく咲いています。
Keichitu501Keichitu502Keichitu501_01  

 

 

 

   土手の上で、何気なく(下心なく)、女性(お年寄り)と会話が成立しました。「土手の上は好きです。開放感がありますから・・・。」と話しておられました。開放感? 思わず空を見上げました。雲雀が鳴いていました。
Keichitu601_02Keichitu601_01Keichitu601  

 

 

 

   何かに驚いて、木にとまっていたカラスが、一斉に飛び立ちました。
 水たまりのグランドを、何故かおじさんが歩いています。
 第ニ名神ジャンクション工事の現場です。閉塞空間。
Keichitu701Keichitu702Keichitu701_01  

 

 

 

   お別れは、夕日の写真です。土手の下に一本の巨木が立っています。ただそれだけですが、何故かこの木に惹かれます。
  次は、もう春分ですね。早い。歳をとると時間の経つのが早いです。では。また。
Keichitu801Keichitu802Keichitu801_01

|

« 独身生活奮闘中 | トップページ | 二十四節気「啓蟄」2015追加 »

コメント

墓石さん こんばんは。

「啓蟄」も過ぎ、これから一気に春めいてきますね。
春の訪れを語り合う野の草花。
ねこやなぎや土筆も顔を出し、
自転車で行く軽装の少女も躍動感にあふれ、
何だか見ているだけで、嬉しくなってきます。

投稿: yasubee | 2015年3月 9日 (月) 00時11分

yasubeeさん、こんばんは。
 早速、写真を見ていただきありがとうございます。
寒い寒いと思っている間に、徐々に春が来ていますね。
今週、少し寒い日があるようです。
桜が待たれますね。

投稿: 墓石 | 2015年3月 9日 (月) 00時53分

墓石さま おはようございます。

啓蟄の写真、素敵な詩歌のガイドで楽しませていただきました。ありがとうございます。

野の花が、こんなにも美しくて存在感があるとは!
ねこやなぎに「花」が咲くって知りませんでした。
ホトケノザとナズナのカップル?お友だち?もほのぼのしていて素敵ですね。いつまでも仲良くね…
オオイヌノフグリ、可憐ですね。大好き!
つくしんぼ、もっと太く大きくな~れ。

これから虫も鳥も春を謳歌していくんでしょうね。
「閉塞空間」からも暖かな光が入り込んで、巨木に見守られている木津川土手は、やさしい春を満喫されている方々が本当に幸せそうです。水たまりのおじさんも。clover
自然豊かな町がずっと保たれますように!

投稿: ひかる | 2015年3月 9日 (月) 10時17分

ひかるさん、おはようございます。
写真を見ていただきありがとうございます。

ネコヤナギは、赤いおしべが着いたところが一番の見頃です。
雌雄異株なので、赤いおしべがあるのは雄株です。

今日は、雨が降っています。明日は少し寒くなるようですよ。
今から、雨の鴻巣山に行く予定です。春の雨を楽しんできます。
しかし、もう少し暖かくなるのを希望します。

投稿: 墓石 | 2015年3月 9日 (月) 10時57分

啓蟄も過ぎ、やっと春がやってくるか?と思ったら、今日は又冬に逆戻りのお天気で、強風の上時折みぞれ交じりの雨が降ってそろそろ土の中から出てみようかな?と思っていた虫達も、またひっこんでしまいそうです。
木津川や古川の土手は沢山の春がありますね。
被写体に絶好なオオイヌノフグリ、つくし、ネコヤナギ、間もなくモクレンも出番を待っていますね。
私達も軽装になって飛び歩きたいですが、今日の寒さは格別です。
風邪を引かない様に気を付けて下さいね。

投稿: ふっくら | 2015年3月10日 (火) 15時46分

ふっくらさん、こんにちは。

今日は寒いですね~。あられやみぞれが降りましたね。
朝から家に閉じこもったままです。冬ごもり状態です。
あさってから本格的な春が来るようですよ~。

投稿: 墓石 | 2015年3月10日 (火) 16時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522242/61252153

この記事へのトラックバック一覧です: 二十四節気「啓蟄」2015:

« 独身生活奮闘中 | トップページ | 二十四節気「啓蟄」2015追加 »